ここから本文です
ちぃさな命to山。。BLOG ("´-`") 。
元気にしています…。

書庫全体表示

マルちゃんのお仏壇。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ここが、愛しいマルちゃんのお仏壇です。https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/f0/yokkomarufukusuke/folder/1418227/img_1418227_34110147_46?2006-11-09.gif



ぴんくはここで、朝、目が覚めたらまず一番にマルちゃんにご挨拶。



右端のピンク色の箱には、ロウソクとお線香、ライター、般若心経が入っています。


活けてるお花はずーと、マルちゃんのイメージのエンジェルラベンダーです。https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/f0/yokkomarufukusuke/folder/1418227/img_1418227_34110147_48?2006-11-09.gif


以前に、このお花をブログでご紹介してから、まだ花期が続いています。
              https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/87/17/designedfor_ks/folder/243486/img_243486_1535284_2?20060330164637.gif
 http://blogs.yahoo.co.jp/yokkomarufukusuke/39067433.html

このお花、だいたい一週間に一度新しいのに変えますが、古いのは、挿し木にします。
そしたら、ちゃんと挿し木になって、只今、実家のお庭で増殖中のすごいがんばり屋さんのお花です。
ほんとうに、マルちゃんのようなお花です。




そして、お仕事から帰ると、ここで神さまにマルちゃんの幸福な転生と魂の安らぎをお祈りします。



一番下の写真はこのチェストの一番上の引き出しの中身で、ここにはマルちゃんが生前着てたお洋服が
入っています。
結構沢山です。中には私のお手製のもあります。
マルちゃん、寒がりだったから、冬にはいつもお洋服を着ていました。https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/f0/yokkomarufukusuke/folder/1418227/img_1418227_34110147_30?2006-11-09.gif



小さなマルちゃんの写真がありますが、これは亡くなってから3ヶ月してやっと飾ることできました。
いくつも写真を飾ることができる、大きな写真立て買ったので、もう少ししたら飾るつもりです。



チェストの上には、マルちゃんが生前、カジカジしていた、スペアリブのお骨の食べ残しが乾燥してあります。
そのひとつ、ひとつが愛しいです。http://milkchocochan.fc2web.com/hone2.gif




このチェストの下に、マルちゃんは時々かくれんぼしたりしていました。
下の方にチラッと見えるブルーのものは、マルちゃんの夏用のひんやりマットです。
まだ、片付けられないでいます。




あの子は、私が苦しい時、悲しい時、すごく慰めてくれた天使のような子でした。https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/f0/yokkomarufukusuke/folder/1418227/img_1418227_29017811_4?2006-10-30.gif





こんな私に。。。ひたむきに。。。https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/f0/yokkomarufukusuke/folder/1418227/img_1418227_29017811_9?2006-10-30.gif 。。。(;__)はう…





わんちゃんて、動物って素晴らしいです。愛情深くて、純粋で天使のようです。




かけがいのない大切な家族です。



ネットをしていると、動物の悲しいニュースが沢山です。
私は、こんな素晴らしい種族を踏みにじるということは、結局、人としての根幹の部分 
「愛、思いやりの気持ち、労わりの気持ち、感謝の気持ち、純粋。。」とか言った、そんな大切なことを踏みにじっていることに他ならないように思います。




ペットブームで、安易に飼い始めて、ギブアップして手放す方もいると聞きます。
確かに、最初、おトイレのしつけとか大変です。なんといっても、赤ちゃんなんですから
教えないとできません。根気よく。
どうか、縁あって、家族に迎えられた子達の命を手放さないで下さい。
根気よく優しくしつけてあげて下さい。
そうしたら、きっとあなたに無償の素晴らしい愛をプレゼントしてくれます。http://www.geocities.jp/xiantiao77/ZUHEXIAN112.gif






       _____私はマルちゃんがくれた無償の愛を、バトンとして、誰かにお渡ししたいと思っています。

  • ゆ〜りんちゃん、はい、ここに座って。。。(´O`。) __小さなわんこはみんな寒がりみたい。。。うんうん。そうでありますようにm(゚- ゚ )カミサマ!

    ぴんく

    2006/11/13(月) 午後 11:48

  • あきさん、(|||・A・||| )ぇ!?・・・・ あきさんも。。。そうだったんですか。。。。虹の橋。。。うんうん。(´O`。)

    ぴんく

    2006/11/13(月) 午後 11:50

  • 顔アイコン

    マルちゃんいつも側にいるんだね。。。ずっとずっと一緒。。。大切なマルちゃん。。。いつもでもずっとぴんくさん見守ってるね。。

    ぼびたん

    2006/11/14(火) 午前 0:11

  • ボビーちゃん&チャチャちゃんも、きっと側にいてくれてるよね。二人して、あの子達の思い出大事にしていこうね。ずーと。あんなに愛してたんだものね。

    ぴんく

    2006/11/14(火) 午前 0:17

  • 自分はまだ、写真を飾る事ができません。。。表面上は元気を出しているのですが。ぴんくさん。。。思い出って思い出に変わるまで幾星霜かかるのでしょうね

    [ - ]

    2006/11/14(火) 午後 4:23

  • 顔アイコン

    まるちゃんは幸せだね。こんなにいっぱい愛してもらって。。。愛犬の遺品は食べ物は処分したけどいまだにリードも洋服もベッドも大事にしまってありますよ。ケリーの匂いが消えていくのが悲しいけれどね。

    kelly&kei

    2006/11/14(火) 午後 6:14

  • 顔アイコン

    まるちゃんに出会えたぴんくさんも、ぴんくさんに出会えたまるちゃんも世界で1番の大切なパートナーだね。。これからもそれは変わらない。。

    [ キバくん ]

    2006/11/14(火) 午後 7:23

  • 竜宝さん、わかります。ほんとに、なかなか飾ることできませんよね。辛いですよね。__思い出に変わるのはどのくらいかかるのでしょうか。。でも、今の私の心境は、彼女のいたあの時を思い出に変えたくないんです。思い出に変えることも辛くて。。今まで、いつもわんこがいる生活で、それぞれの子を愛していました。それでも、今思うと、彼女ほど、愛した子はいなかった。それほど私は、彼女を愛していました。竜宝さんも同じですよね。きっと。。。。持って行きましょう。。。私達が土に帰る時まで。。。

    ぴんく

    2006/11/14(火) 午後 10:23

  • ケリーママ、ママも同じだね。思いは。。。

    ぴんく

    2006/11/14(火) 午後 10:26

  • キバさん、彼女に出会えて、ほんとに私は感謝しています。神さまにも。。。でも、マルちゃんにはこんな至らない飼い主でごめんね。。の心境です。

    ぴんく

    2006/11/14(火) 午後 10:29

  • 顔アイコン

    洋服、本当に沢山ありますね。スペアリブの食べ残し、何だか寂しいです。スーパーマルちゃん、何度見てもいいですね。

    [ - ]

    2006/11/17(金) 午前 2:55

  • マルちゃんの子供の時のもあります。(;_;)何か。。。。(*´ 。`) ハァ…。

    ぴんく

    2006/11/17(金) 午前 5:56

  • 内緒さん、うんうん。できないです。とても。。。におい。。。(;_;)そうします。はい。いつも、アリガト、...φ(u_u*)♡ございます。・

    ぴんく

    2006/12/4(月) 午前 7:46

  • 顔アイコン

    マルちゃんは、まだ納骨していないんだね、日も浅いからなぁ(〃_ _)σ‖ オラも5年前にポメ♂を10歳で亡くしたが未だに想い出し涙。ワンコのドラマとか映画の悲しい奴は極力観ない、自分を何故かダブらせてしまうのでね、チト訳ありだったせいもあるから余計かね。マルちゃん いつも ぴんくちゃんや ご家族を見守ってくれているから余り自分を責めないように(至らない飼い主で・・・と書いてあったので)ね(^人^)

    doki丸

    2006/12/12(火) 午後 3:00

  • ドキちゃん、いけないことかもしれないんですが。。。ある作家の方が、わんこ、にゃんこ、奥様の遺骨を納骨されずに、自分が亡くなった時に、いしょに収まりたいと言っておられるんです。その方のように、私もしたいと思っています。うんうん。私も、わんこの悲しいドラマなどは、見れないです。私もマルちゃんにはすごく支えてもらったので。。。__ありがとぅ。。。

    ぴんく

    2006/12/12(火) 午後 3:22

  • 顔アイコン

    合掌しました。天国でピンクさんを見守っていますよ。^^ポチ

    hei*o*0275

    2007/1/12(金) 午前 11:02

  • 顔アイコン

    南無〜♪自宅にもポメラニアン・ポポの遺骨が眠っております・・・愛犬の死は心臓をえぐられるような悲しみを伴いました。が、今、自分は生きています。ぴんくさんも生きています・・・ 元気一杯精一杯生きていくことが、先に天国に旅立っていったものたちへの礼儀・・・かな?

    [ - ]

    2007/5/1(火) 午前 1:51

  • 平蔵パパ、ぁりがとぅござぃます。~(>_<。=)__マルちゃんは、私にとって、わんこを越えた存在でした・・・

    ぴんく

    2007/5/1(火) 午前 10:23

  • 飲茶さん、ほんとうに心臓をえぐられる感じ・・・こんなに辛いなんて・・・こんなに大きな存在なんて・・・亡くしてからヒシヒシと新たに感じます・・・はぃ。残されたものは・・・いつか会えるまで・・元気一杯生きなぃとですね・・・("´-`")

    ぴんく

    2007/5/1(火) 午前 10:28

  • 顔アイコン

    すごい 愛情を くれたよね ママも 亡くなってから
    りなチャンから もらった 愛情と 宝物 すごかったこと わかったよ お互いに つらいけれど なんとか
    がんばって まるちゃんに ありがとう・・・しょうね

    リナ。。ママ

    2007/6/30(土) 午後 0:01

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事