全体表示

[ リスト ]

放射性焼却灰公表せず埋設/静岡     08月12日
http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/3034871511.html (リンク切れ)

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、放射性物質が検出された汚泥などを焼却処分した灰を浜松市が一般に公表しないまま最終処分場に埋め立てていたことがわかりました。国は公表するよう通知しており、市は11日夜記者会見し、「解釈を誤って公表していなかった」と述べました。
浜松市では市内の下水処理施設から出た汚泥の一部を一般のごみの処分施設で焼却していますが、市によりますと先月19日、この処分施設で汚泥などを焼却した後に出た灰について国の指示に基づいて放射性物質の検査をしたところ、1キロあたり282ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
国が6月にまとめた方針では1キロあたり8000ベクレル以下の汚泥などは埋め立て処分できるとしていますが
国土交通省は放射性物質が検出されたものを埋め立て処分する場合は一般に公表するよう通知していました。
しかし、浜松市はこの灰を埋め立て処分することを公表しないまま浜松市西区にある最終処分場に埋め立てていたことがわかりました。また、浜松市によりますと1日あたり10トンから40トンの灰が出ているということですが、7月19日のあとは放射性物質の検査をせずに埋め立て処分しているということです。
浜松市は11日夜、記者会見を開き「本来、公表が必要だが通知の解釈を誤ってしまって公表していなかった」と述べ、今後、ホームページで市民にも公表していく方針を示しました。
また、市は埋め立て処分場で放射性物質の検査を行う方向で検討することにしています。
 
 
 
-------
もう一度…被災地のガレキを処分するにあたって(埼玉県のみ再掲載)
 
 
焼却処分に手を挙げた自治体
埼玉県
さいたま、川越、所沢、飯能、加須、春日部、狭山、入間、桶川、坂戸、川島、蓮田市白岡町衛生組合、志木地区衛生組合、彩北広域清掃組合、秩父広域市町村圏組合、埼玉中部環境保全組合
 
 
●粉砕作業に手を挙げた自治体
埼玉県
行田、春日部、草加、越谷、桶川、坂戸、蓮田市白岡町衛生組合、蕨戸田衛生センター組合、埼玉中部環境保全組合
 
 
●埋め立てに手を挙げた自治体
埼玉県
秩父広域市町村圏組合
 
 
 
 
埼玉県の場合、埋め立てに関わるのは「秩父環境衛生センター」
ここですね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事