ぶんぶん通信

出会いと別れの春ですね〜

子育て

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

東大にて

イメージ 1
 
 最近、息子の「庭」ではなく「グラウンド」化されている東大。
 
 来週あたりから、銀杏が黄色に染まるかな。

2歳児の勘違い

 急速に会話能力の伸びを見せるK氏。
 勘違いも自信に満ちている。
 
 先日、大ふんぱつして食べた「カニ」を「エビ」と言い張り、
 「ブドウ」はいつの間にか「ブロッコリー」に変換されている。
 「ペンギン」は全員「ピングー」らしい。
 
 昨夜は「おやすみ〜」と言ったら、
 「おかあさん、間違ってる。‘おっさんに〜’だよ。」と正されました。
 
イメージ 1
 
 

2歳児の絵

イメージ 1
 
 K氏の描いた「おかーさんの顔」です。
 どうやら目が4つもあるそうです。ちなみに黒い豆粒2つが眉毛。
 
 顔を丸く、目と眉毛を認識して中に描けるようになったのも進歩。
 「すごいね〜!」とカメラを持ち出す、親ばかでした。

2歳児の脳みそ

2歳半を過ぎ、K氏が「ふつう」に話していることに気が付きました。
 
「今日、Sちゃんも一緒?どこにいるのー?」(ガールフレンドのことで頭がいっぱい)
 
「お風呂に入るから、ここで待っててねー」(人形ではなく、ミニカーに話しかける)
 
「これ、誰からもらったのー?誰が買ったのー?」(オモチャの入手ルートが気になる)
 
「おかあさん、この服着るの?かわいいねー。」(何故か花柄限定)
など。
 
単語をつなげて連想ゲームをしていたころが確か2歳すぎ・・・
いつの間に?
 
接続詞、現在と過去の使い分け、記憶の整理。
誰も教えていないのに、結構、正しく会話しています。
2歳児の脳みそってすごい。
 
最近のブームは「これ何?」の次ステップ?「どうやって?」
 
「お肉はどうやって焼くのー?」
「観覧車はどうやって乗るのー?」
 
こういう変化を書き留めておけば良かったのに、「3年日記」は夏から真っ白。
母の脳みそは退化しっぱなしなので、記憶なし。
あらら。
イメージ 1
 
イメージ 1

雨の日も、風の日も子供は楽しそうでイイ。

車柄のレインコートに車柄の長靴、これまた車柄の新しい傘に身を包み、マンションを出たら晴れ間が。
それでも、出来立てホヤホヤの水たまりに飛び込んでテンションアップ。

傘は玄関に置いてきて下さいね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事