I am SHAQ!!!!!

SHAQ家 みんな元気です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

前に向かって。


あれから一週間。



被災者の方々にしてみれば、悪夢のような長い一週間だっただろうし これからもまだまだ大変な

未来が待っていると思う。

ご家族や友人を亡くされたり、安否確認が未だとれずに まだまだ不安で悲しくて立ち直れない方々も

多くいらっしゃるだろう。

原発問題も、まだ大きな不安材料となっている。



しかし、被災地及び空港等の瓦礫撤去の開始、仮設住宅建設の開始、新幹線の運転再開 等々。

すでに日本は、前に向かって進み始めてる。

あんな大きな地震で、こんなにも大きな被害がでて 『どすんっ!』と地に膝をついて崩れ落ちていた日本が 

一週間で 『むくっ』と立ち上がり、ゆっくりと前に向かって進み始めてる。



さて、そろそろ私も立ち上がって 前に向かって進まないと。

日本にいる みんなに置いていかれないように。




開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

また泣いた。





The whole world is praying for Japan...



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)



今朝、東京にいる姉から街の様子を伝えるメールがきた。

親友から、彼女の妹が宮城にいて 家族は無事だけど 電気もガスも水もなく

小学生の子供3人をかかえて 寒くて不安な日々を過ごしてるとメールがきた。

フジテレビの、報道中の暴言を見て はらわたが煮えくり返った。

昨日の記事で、リンクはったサイトを再読して 三度涙した。

そのサイトの英語版を、仕事中のダディにメールして「This is why I proud of my country.」と伝えた。


そして、またANAからも マイレージという形でを寄付ができる事(3/17受付開始)を知った。




今回の里帰り後に、何かとポイント交換しようと思ってたので 正直迷ったけど 貯まったマイル

全てを寄付しようと決めた。



ダディに話したら、「Red Crossにも寄付したのに、まだ日本にいない罪悪感を感じてるの?」

って言われて、カチーンときながら「日本にいない事なんかに罪悪感は感じてない。

ただ、今の自分に出来る事をしたいだけ。もし自分が同じ目にあったら、やっぱりたくさんの援助が

必要だと思うから。お金はないから少ししか寄付できなかったけど、マイルでならちょっと欲しい物を

我慢すれば$100分以上寄付できるんだ。」と、鼻息荒く言ってやった。



ま、ある意味自己満足だけど これが 一枚でも多くの毛布 一缶でも多くの粉ミルク 一本でも多くの水

一口でも多くの食事に変わって、被災地の方々の気分が少しでも楽になってくれれば嬉しいと思う。





開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

やっぱり NIPPON


今日は、お天気がよかったので mimiたんがお昼寝してる間に お庭の芝生のお手入れをした。

ホースで水を撒きながら、ダディに言った。


「こんな風に、気持ちのいいお天気の中 のんびりと水なんて撒いてるけど

日本には自分の家が流されちゃったり、愛する人が行方不明になったり 亡くなったり

辛い思いをしてる人がたくさんいるんだよね。」


私がここで、何かを自粛したりしたところで何かが変わるわけじゃないのは分かってるけど

ふとした瞬間に 胸が苦しくて 罪悪感を感じ 体の力が抜けていく。


ご飯を食べてても「何日もまともにご飯食べてない人もいるんだな」

のんびりとテレビ見てても「電気が通じてなくて、不便な思いをしてる人もいるんだな」

シャワーを浴びてても「何日もお風呂に入れなかったり、暖房がきかなくて寒い思いしてる人もいるんだな」

mimiたんと遊んでても「自分の子供を亡くしたり、逆に親を亡くした子もいるんだな」


こんな風にネガティブになってる時、あるサイトの存在を知った。




色々あるけど、やっぱり日本はすばらしい!

若い子とかも、見た目はアレでも しっかりちゃんと育ってるじゃん!


とっても とっても日本に帰りたくなった。



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)



昨日の朝、目覚ましのラジオから聞こえてきた「M8.9の地震が日本を直撃しました」の一声で

飛び起きて、パジャマのままネットで見たら「東北地方で〜」っていうのだけ パッと見て

「東京じゃなかった。よかった。」なんて、軽々しく安心した。


朝の用事を一通り済ませて、一息ついたところでゆっくりネットで見て ビックリ。

東北地方はもちろん、東京も千葉もすごい揺れて大変な事になってる。


幸い、うちの家族や友達に被害はなかったけど、まるで地獄絵のような写真や動画を見てるうちに

どんどん胸が痛くなって、悲しくなってきた。

ダディにも、「日本がぁぁぁ〜〜〜!私の故郷がぁぁぁぁ〜〜〜!」と半べそ状態で訴えてた。


日本に居ても何が出来るわけじゃないけど、津波の影響すらないアメリカ東海岸なんて遠いとこで

ただただ、一日中 ネットで画像や動画を見てるだけ。

そんな時に、とあるブロガーさんが とってもありがたい情報を掲載されていました。

『アメリカにいても、American Red Cross から募金ができる!』 と。







一人でも多くの命が助かりますように。

一日でも早くみんなが平穏に過ごせる日がやってきますように。

これ以上、被害が広がりませんように。 


と祈りながら、祈る以外の事ができて 自己満足だけど少しだけ 気分が楽になったよ。






開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事