その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全186ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

織田 晃さんのこと

ファッション・ジャーナリストの織田 晃さんが10月3日未明、食道癌のため永眠されました。
ご自宅に駆けつけ、まるで眠っているようなお顔を拝見していると、過ぎた日々のあれこれが走馬灯のように浮かんできて、涙が止まりませんでした。
もう何十年も前になってしまいますが、ファッション界の仲間とグループを作って年末にパーティを開いていた時期があります。
そうそうたるメンバーが集ってくださって、それはそれは素晴らしい催しでした。
あの時代だからこそ実現できたのだと思っています。
少しは収益もあって、自分たちでプラスアルファーしてスキーに行ったり、熱海で大宴会を開いたり・・・。
破天荒なことも一緒にたくさんしました。
スキー場ではスキーがあまり得意ではなくリフトに乗らずにエッチラエッチラ山を登っていた姿を忘れられません。しかも帰りも滑らずに降りてくるのです。
織田さんが革靴のまま熱海の海にジャブジャブ入っていった時はさすがに驚いてしまいましたが、本当に若き日々の思い出です。
繊研新聞の記者としてミラノ・パリコレクションを取材し、セミナーで弁舌を奮い(その当時は織田さんのファンがたくさんいたと聞いています)、とにかく大活躍でした。
繊研新聞が主催していたファッション・コンテストの会議には主催者サイドなのにいつも遅れて登場し、しかも当時の上司が一生懸命織田さんをかばっていて、すごい人なんだなと感心したこともあります。
結婚して南平台に住まわれてからは何度も押しかけては輝美さんの手料理でお酒を酌み交わしたものです。
最近、絶対出席するはずの場所に姿が見えなかったので、ふと気に係り、輝美さん(奥様)に「織田さん、どうしてる?元気?」尋ねたことがありました。
9月のはじめごろのことでした。
あの頃は既に病におかされていたのです。
本も書きたかったでしょうし、若い人たちにもっともっと教えたいこともあったはず。
少し早すぎたのではないでしょうか。
でも、今となっては親しい皆さんが待っているかの国で、どうぞ楽しくお過ごしください。

この記事に

開く コメント(0)

昨日、15日、外苑前のTEPIAで開催されていた東京ソワールの展示会にお伺いしてきました。
というのは東京ソワールとMARIKOKOHGAのコラボレートブランドが20周年を迎えるということで、その作品を拝見しに・・・というわけです。
一口に20周年というものの、こんなにアナ外間良好な関係を築き、物創りを続けているというのは本当に素晴らしいことです。
甲賀さんならではのエレガントな作品が並んでいましたが、中には海外の素材を用いた美しいドレスもディスプレイされていて、その価格を見るとなんと20数万円。甲賀さん、ならびに東京ソワールの企業努力が感じられて、見入ってしまいました。
どんな方がどんなシーンでこれらの素晴らしいドレスを見にまとうのでしょう。
想像しただけで楽しくなります。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

昨夜表参道ヒルズにおいてお披露目された「リミテッドエディションバイカール・ラガーフェルド』野作品を拝見して思わず感嘆の声を上げてしまいました。
本当によく出来ていたのです
ウエアは、カールが「僕が女性だったら着たい服」といったとかで、どれも素敵な仕上がりでしたし、何よりも価格帯がすばらしいのです。ワンピースで2万円代、Tシャツは5千円代という値ごろ感です。
今までカールブランドはほとんどといって良いほど目に触れませんでしたし、彼が携わるシャネルやフェンディの商品となると、ステキだとは思っても高すぎると考えていた人もこの価格帯だったら無理せず購入できるはず。
しかもバッグ類が充実しているのです。参加していたジャーナリストやスタイリストの方々からも、『欲しい!』という声が飛び交っていました。
大成功ですよね。しかも個性溢れるカール様をモチーフにしたアイディアグッズがたくさん登場したパーティ。なんだかその場にいられることが嬉しくて仕方がありませんでした。
近頃では珍しい高揚感いっぱいのひと時になりました。

イメージ 1

カールらしいワンピース
イメージ 2

チャーミングなバッグ
イメージ 3

アイディア溢れる趣向も
イメージ 4

カールのモチーフの団扇で変身。だ〜れ?

この記事に

開く コメント(0)

8月21日、弘前の市民会館で「ファッション甲子園2016」が開催されました。
北東北大会から数えると17年、本当に深いご縁になりました。
今ではこの高校生のためのコンテストに出場目指して高校を選ぶという現象も起きるようになりました。
とはいってもデザイン画の段階では3000を越す枚数が集まります。
そこから選ばれた35校が最終審査に臨むというわけです。
途中からはエスモード校とパリミキさんのご厚意によりグランプリを取った学生にはパリ旅行という副賞が付くようになりました。
今回もグランプリの発表があった途端、受賞した岐阜県の二人も涙、涙で思わず私も目頭が熱くなりました。
どの作品も高校生らしいアイディアや工夫に満ち溢れていますが、今回のグランプリも薄いフィルムを何枚も重ねて、素晴らしいフォルムを描き出していました。
又、準優勝は地元弘前の柴田女子高校ということもあり、凄まじい歓声。本来の賞のほかに観客賞、参加した高校の先生方が選ぶキラリ賞、デザイナーのAKI賞と、合計4つの賞を獲得しました。
三位は富山県の富山第一高校が獲得しています。
ただ、他の参加者も本当にそれぞれ素晴らしい作品でした。
ちなみに審査委員長特別賞も同じ清凌高校の別グループが受賞。
シンプルに見えながら繊細なテクニックを取り入れたところを評価させていただきました。

イメージ 1

グランプリ 清凌高校
イメージ 2

淳優勝 柴田女子高校
イメージ 3

三位 富山第一高校
イメージ 4

審査委員長特別賞 清凌高校

この記事に

開く コメント(0)

昨日7月26日はリニューアルオープンしたロイヤルチエの帝国ホテル店のお披露目にお伺いしてきました。
インテリアは森田恭通氏の手によるもので、商品が美しく見えるようにシンプルな中にも気品の感じられるたたずまいになっていました。
新社長の今井千晶さん自らおもてなししてくださり、リニューアルの秘話やエキストラバージンオイル「オロ・デル・デシエルト」の逸話など、お話がつきませんでした。
帝国ホテル特性のエクレアもいただき、お土産には「オロ・デル・デシエルト」の中の"ピクアル"をいただいてしまいました。
ロイヤルチエ帝国ホテル店は
千代田区内幸町1−1−1 帝国ホテルB1F
TEL;03-3503-6344

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

全186ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事