YPCネットワーク通信

横浜にプレイパークを創ろうネットワーク(YPCネット)の活動ブログです!

最新記事!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

2019年度定期総会

2019年5月17日に定期総会が開催されました。来賓に横浜市こども青少年局青少年部放課後児童育成課の方と、横浜市環境創造局公園緑地部公園緑地維持課の方がいらして下さいました。

会員が一堂に会して昨年度の振り返りと今後について審議いたしました。

財政面で課題がありますが、昨年度のプレイリーダー雇用寄付金が予算額を上回り、たくさんの方から寄付金をお預かりしたことが紹介されました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

子どもたちが、思い思いに過ごすことができるプレイパークの魅力を改めて振り返り、どう継続していくのか熱い話し合いがありました。

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。


イメージ 1


イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10月19日(金)「関内ホール」にて研修を行いました。


イメージ 1


今回の講師には、
社会福祉士・精神保健福祉士でいらっしゃる
横浜市北部地域療育センターの齊藤共代さん
をお招きしました。

イメージ 2
笑顔がとっても優しい素敵な女性です♪


今回のテーマは
「発達が気になる子ども達への理解と支援」


発達に課題があるお子さんやその保護者の方が
プレイパークに遊びに来てくれた際に
スタッフとしてどのような関わり方が望まれるのかを学びたい。

現場で日々感じているそんな思いから皆で学ぶ時間を作りました。


イメージ 3


障害とは何か?
障害のある子とない子が一緒に過ごす地域のあり方とは?

現在の発達障害への考え方や正しい知識を知ることで
少数派と多数派が共存するインクルーシブな社会に向けて
私たちがどのように関わっていくべきなのかを
講座を通して皆で考えていきます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


齊藤さんのお話の中で
「障害は社会が生み出すもの」という言葉がありました。

「特性がある」イコール「障害」とラベルを貼り、
多数の側から見た少数の人が持つ特性を
「普通」に均そうとすることではなく

一人一人が持つありのままの姿を認め合って
皆が「生きやすい」環境を整えていくことが
障害のあるなしに関係なくすべての人に
必要であるということを学びました。


人にはみな居場所が必要です。

その子がありのままで楽しく過ごすこと、
自然の中での自由な遊び、
そこから得られること
恩恵は計り知れません。

どんな子どもであっても、
その子の目線に立って地域の中で育んでいくことが
本当に大切。

そんなことをより実感し、
自分たちの日頃の活動の意義を再認識できた一日でした。


そして、もしお子さんのことで悩んでいるお父さんお母さんが
これを読んでいたら。

ぜひプレイパークに遊びに来てみてください。

親子で心がホッとできる空間がきっとそこにありますよ。

イメージ 7
※写真は先日のYPCフェスでの一コマ。


また、この活動に賛同していただける方がいらっしゃいましたら
ぜひお力を貸してください!

詳しい場所や開催日、応援方法などは
ぜひこちらのホームページをご覧くださいね。

YPCネットワーク公式サイト

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

YPCフェスレポ

昨日10月8日(体育の日)

都筑区鴨池公園まんまるプレイパークにて
YPCフェスティバルが行われました!

イメージ 3

お天気にも恵まれ、秋らしい陽気の中、
沢山の方に遊びに来ていただきました。

目で見て数えてみたところご来場者数は
なんと!述べで1000人以上!

まんまる広場が沢山の人の笑い声で
溢れかえっていました。

それでは、当日の様子を写真を中心にお伝えしますね!

イメージ 28
11時開会の合図でスタート!

イメージ 6
本部ブースではYPCネットワークの活動をご紹介。

イメージ 29
会場配置図。ところ狭しとブースがひしめきます。

イメージ 7
焚き火台。
白幡の森プレイパーク(以下PP)のフランクフルトに大行列が!

イメージ 37
まんまるPPの看板娘♡カフェ&おしるこ&オリジナル鍋。

イメージ 1
若葉台プレイパーク

イメージ 2
手作りの機械(!)で綿菓子作りの実演。
ブンブンゼミも大人気♪

イメージ 32
ねんどあそびコーナー(まんまるPP)

イメージ 5

イメージ 4
たまねぎの皮で草木染。ハンカチが作れます!

イメージ 8
瀬谷南台PPによるコロコロカンパ箱。
楽しくてついついコインを入れてしまいます!

イメージ 9
こちらはビー玉コロコロ

イメージ 10
毛糸のオーナメント&竹のストラップ(みはらしPP)

イメージ 11
セミの羽のアクセサリー作り。斬新!(うさぎ山PP)

イメージ 24
きりさんのすすきふくろう講座

イメージ 25
かわいい!!
きりさんより「詳し作り方はコチラのホームページへ」

イメージ 26
こちらは市川さんによる竹風車講座。
江戸時代のと同じ製法だそうです!

イメージ 12
 竹のやぐら。

イメージ 13
木のペンダント作り(つるみPP)

イメージ 14
あさひPPの風車・ブローチ・ブンブンごまなど

イメージ 15
浅間台みはらし公園PPのストラップ作り

イメージ 16
工作ワークショップ(しらとり台PP)
フェイスペイント&手作り品(新石川PP)

イメージ 34
まんまるPPの子どもたちによるゲームコーナー

イメージ 17
貝合わせ(鯛ケ崎PP)

イメージ 18
大盛り上がりのしらとり台ペロさんによるステージ。

イメージ 35
い・く・ら!

イメージ 21

イメージ 22
楽しいまんまる紙芝居

イメージ 33
生き生きPPによるどんぐり飛ばし

イメージ 19
終始白熱のベーゴマ大会(新石川・谷さん)
優勝商品はオリジナルベイ!

イメージ 38

◯◯食い競争!!

イメージ 20
こどもはもちろん

イメージ 23
大人だって食いつきます!(笑)


以上、ご紹介できなかったブースの方はごめんなさい


いかがでしたでしょうか?
楽しい雰囲気が少しでも伝わったらうれしいです


「横浜の子育てを応援しよう」をスローガンに
開催した今回のYPCフェスティバル。

・横浜のプレイパークを沢山の人に知ってもらいたいな
・外遊びの楽しさ・大切さを感じでほしいな
・ネットワークのつながりを大切にしたいな
・子どもも大人も一緒になってお祭りで盛り上がろう!

そんな想いでみんなの力を集結して
創り上げた、1日限りのYPCフェスティバル。

沢山の方々がその想いに応えて下さったおかげで
大盛況のうちに幕を閉じました。

昨日ご来場いただいたみなさま方からの沢山の温かいお気持ちは
今後のプレイリーダーの雇用に役立たせていただきます。

本当にありがとうございました!!!


今回初の試みだった「YPCフェスティバル」

「楽しかった!」「ぜひまたやってほしい!」
「自分のところでもやりたい!」

そんなご意見が沢山届けば、
来年も開催できるかも???

YPCネットワークこと横浜にプレイパークを創ろうネットワークは
横浜にプレイパークを創りたい!という願いのもと、
みんなで一緒に創り上げていく活動です。

ぜひお声をお寄せくださいね!


横浜のプレイパークは2018年10月現在28箇所で開催中。

みなさまの温かい支えのおかげで、
子どもたちが自然の中で自由にのびのびと外遊びできる
プレイパークを安定的に継続していくことができます。

子ども達の心からの笑顔のため、
本当の意味での「生きる力」を育むため、
ずっとずっと続けていきたいこの活動。

それは、沢山の人の想いが集まって形になります。

イメージ 36
プロボノチャレンジKANAGAWA2018
(主催:認定NPO法人 サービスグラント)の
プロボノワーカーさんとの青空作戦会議。


これからもみなさまの温かいご理解・ご支援のほど
どうぞよろしくお願いいたします。

イメージ 27


イメージ 30
イメージ 31

※プレイパークごとの詳しい開催状況や、
YPCネットワークの応援方法はぜひ
こちらの公式サイトをご覧ください。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事