実釣第1日目 久米島ホテルガーデンヒルから徒歩で5分位の兼城港(かねぐすくこう)から出船です   
1日目、2日目ともにお世話になるには 「由奈丸」です。船長、中乗りさん、嫁、私の4名で出撃 

イメージ 1  ←  これが兼城港。とてもキレイ  

久米島にはコンビニがとても少ないです。私が知る限りでは
久米島ホテルガーデンヒルから徒歩15分位と、イーフビーチホテルとホテル久米アイランドの中間に1件の合計2件です。
後者は島の反対側(東側)にありますので徒歩圏内ではありません。前の晩に買っておくのがベストですね

久米島の日差しは本土の4倍以上といわれますので、ラッシュガードなどの日焼け対策と飲料は3リットル以上余るくらい持参、スポーツドリンクなどとは別にミネラルウォーターも忘れずに持参しましょうポイントとなるパヤオまでは1時間30分位のクルージングとなります。海、山がもの凄くキレイ  普段は横浜の工業地帯を横目に出船しますが全く違う景色。久米島に来たぁぁぁぁ〜って感じ
ポイントに到着すると・・・上に浮いてる感じはなく船長からも130㍍付近に反応ありってことで、ジギングからスタートします。マサムネ155g シルバー×グリーン フック シャウト4/0 テンリュウ ディープライダー561-B-6K ブルーヘブン50 PE4号リーダー80lbをセット。

イメージ 2
イメージ 3
















指示されたタナよりプラス10㍍深く落としてからワンピッチワンジャークでシャクってくると 『ドスッッッ
あわせを3回これでもかっていうくらい入れて、さぁぁぁ〜いくぞぉぉ〜・・・・・・  か、かるい・・・。
マサムネをお持ち帰りされました・・・さらば¨  船長いわく大型のキハダだろう・・・・と。
マサムネの敵を取るべくマサムネ2号(シルバー×ピンク)が出陣やさしぃ〜い引きはキメジ・・・カツオGET

流し変えてしばらくするとビンチョウマグロ(右上写真)がチョイチョイ喰ってきます、久米島初マグロ

イメージ 4
でもってキハダがどぉぉぉぉ〜〜〜〜ん   

このキハダ、ルアーではなく餌仕掛けでとりました・・・ご存知の方もいるかと思いますが 『パラシュート』仕掛け。

船長いわく午前中が勝負ってことで午後からは餌仕掛けをトモでおとしてミヨシでジギングっていう夢のような釣りです

午後になるとルアーには反応が全くなくなり、ビンチョウでさえも遊んでくれなくなりましたがパラシュートで喰ってくれました

130㍍にパラシュートを落として待つこと数分・・・・ロッドが水面に向け絞り込まれると  『ジ・・・ジ・ジィィィ--------』  ワォ

30分かけてあがってきたキハダです30キロオーバーの良型

パラシュート仕掛け・・・バドミントンの羽根を大きくしたような仕掛け
打つ部分が錘になっていてその上の羽根の中にキビナゴ、イカ、イカの肝、スミなどを入れ仕掛けの紐で羽根の上部を縛る。タナまで落として大きくしゃくると縛っていた紐がほどけて餌とハリが海中に出る。


パラシュート仕掛けの餌を詰める部分は50㎝四方位あるので回収してくるだけでも相当な抵抗でかなり重いですが釣果はかなり望めるかと思います。漁をしている漁船もこの仕掛けでマグロを釣ってました     .

イメージ 5




















1日目釣果  キハダを釣り上げた後に早目の納竿にさせてもらいました。炎天下でのファイトで思っている以上に体力を消耗しました  右下に見えているのがパラシュート仕掛け

釣った魚は・・・・大丈夫 空輸で送ることができます。港に発砲スチロールを積んだトラックと保冷車が2台できます。箱代、ドライアイス代、運賃・・・・\5.000から\10.000位/1箱 です・・・。高いですけど・・・マグロですから・・ね。

2日目へ続く

 

この記事に

開く コメント(1)

2016年夏 相模湾キハダマグロが開幕するも出撃できず・・・すでに7月。釣りフラストレーションMAXで釣りビジョンを見ながら晩酌する。今日のお題目は 「久米島パワースロージギング」だったかな・・・なに釣るんだろ????

ザクッと説明すると・・・久米島の沖合には漁協が設置した「パヤオ」という人工漁礁が海底(何千メートルらしい)につながっていて、それに藻が付き、小魚が藻を食べに来て、その小魚を食べに大きな魚が来て・・・と、食物連鎖が形成されている。そこにカツオ、ビンチョウ、キハダ、メバチなどの回遊魚も・・・。で、番組の釣果はというと・・・。

イメージ 1シャウトの小野さんが釣ってるじゃないですか
しかも大物を楽しそうに汗だくで   

っていうことで・・・「はいさーい」久米島到着。

飛行機もホテルも予約がとれたので来ちゃいました。
JALのみですが夏季限定で直行便が出ていて羽田から2時間30分で久米島に到着です  

宿泊するホテルはこちら
  ↓    ↓    ↓


イメージ 2 久米島 ホテルガーデンヒルズ

船を予約しようと何件か連絡しましたが、8月は予約でいっぱいです・・・。船が取れなきゃ釣りにならん・・・。
久米島遠征が成り立たない・・・(汗)

で、兼城港(かねぐすくこう)から一番近いガーデンヒルズに連絡してみると 「船も手配するよぉ〜、なんくるないさぁ〜」
みたいな 半信半疑で折り返しの電話を待っていると
希望する釣行日の2日間の船と部屋の手配ができたと。
ってことでガーデンヒルズにお世話になることとなりました。


イメージ 3部屋の様子はこんな感じです。リゾート感ゼロ・・・カーテン破れてる・・・・

でもでも、宿泊費はかなり安いです素泊まりで一泊\5.000
でおつりがきます 助かりますぅ〜。

ネットなどで久米島釣行を検索しますが、なんせ情報が少ないです。計画するのにある程度の予算組は必要ですよね?

飛行機、レンタカー、宿泊、船代・・・etc

実際に幾ら位の費用がかかったのか、大体に金額を書きますので計画される方は参考にして下さい

さてさて、今回の釣行で持参したタックルは・・・キャスト4本、ジギング4本です。嫁も一緒なので一人あたまで考えると。キャスト2本、ジギング2本ですね。ジギングタックルはジグウェイト120〜200g、PE3〜5号位。水深は150㍍前後をシャクるのでラインキャパは余裕をもち、替えスプールを持参すると安心です。

キャストタックルはPE4〜6号を用意しました。相模湾キハダタックルより一つ上のタックルがあると安心です。

2日目へ続く・・・・・













この記事に

開く コメント(0)

東京湾 乗っ込み真鯛

4月20日(水)大潮  東神奈川ルアー船 「ジョイマリン」にて出船してきました       
この日は平日ということもあってチャーターではなく 『予約乗合』で出撃です。このサービス・・・以前にもお話したことがありますが、時間が出来たけど仲間は仕事だし・・・みたいな時に自分が 『言いだしっぺ』になると、HPを見た方や船長がメンバーを募ってくれるシステム。スバらしい人数に満たない場合は 『男気宣言』で不足人数分の
料金を支払えば最低人員以下でも出船可能という 「とにかく釣りにいきてぇぇぇ!!」って人にはぴったり

イメージ 1
さてさて・・・

当日は私を含め4名、私以外の3名さんはお仲間で
自宅がご近所さんの方々でした。

天気、潮回りとく期待したいところですが・・・前々日の雨が気になるところ。そのせいなのか昨日は本命の鯛は揚がらず・・・ ワラサ、ホウボウ etc

まずは南下して鯛ラバポイントへ   
鯛ラバポイントでも鳥がガサガサ・・・気になりますが
まずは鯛ラバ落としてクルクル・・・クルクル・・・




イメージ 2
今回使用した鯛ラバはこんな感じ    →  →  →

シンカー# ジャッカル ビンビン玉 タングステン 100g

フック# 右 紅牙 Mサイズ段差 左 並行

ワーム# 紅牙フレアリーフ 紅牙レッド

ネクタイ# 紅牙シリコンネクタイカーリー etc



午前中に左のラバージグでヒットさせるも喰いが浅いせいか無念のフックオフ・・・ っていうことで、ネクタイを短くしたり・・・ワームをオレンジ、オキアミに変えたり・・・試行錯誤するもノーバイト・・・      

鯛がダメならってことで剣崎まで船を走らせると・・・おぉぉ  鳥山がでてるじゃないですか
魚がボイルするほどではないですが、鳥が海面に突っ込む場面も度々・・・フリッツ42gゼブラ ピンクベリー
で攻めます・・・このルアー、すこぶる便利なルアー 距離も出るし東京湾のサワラにもベストマッチです。

が、しかし・・・、チャンスタイムは続くもノーバイト シャクってもノーバイト ってことで・・・・船を戻します。

時間は既に昼を回ってます・・・鯛ラバポイントでも鳥がガサガサ、そろそろ仕留めたいところです。
同船していたお二方が鯛、ホウボウを揚げますが私にはアタリすらなく・・・残りは1時間・・・やばいあせる

鳥は多く視界に入る所には必ず鳥が旋回している状況・・・ベイトがいる想定で速巻きを基本にゆっくり、ややゆっくりなどを組み合わせて・・・やっとのおもいで1匹GET もう1匹くらい追加で晩ご飯のおかずも追加したい

イメージ 3ずどぉぉーーーーん 喰ってくれました


鯛ラバを遠投してカーブフォールさせると
着底、巻き上げと同時に 『ドスッ』って感じで。


バイトの瞬間に鯛じゃないなぁって・・・
もしかしたら・・・エイ みたいなね


無事におかず追加で納竿となりました

楽しみが尽きない海と釣りに感謝 <(_ _)>






この記事に

開く コメント(0)

ご無沙汰一挙掲載<(_ _)>

ご無沙汰しております<(_ _)> 昨年7月から9月迄のキハダ戦で戦果を挙げることが出来ず・・・年を越え、冬を越え
春を迎えてしまいました もちろん釣りに行ってないワケありません。ってことで・・・ざぁ〜っと、ご報告。

イメージ 1
イメージ 2















11月には東神奈川ルアー船 「ビックワン」から青物をメインでGO シャクリに疲れたら鯛ラバで休憩です。
朝一でワラサGETで 豪華刺し盛りを叶えるべく鯛ラバにチェンジし真鯛もGET

この釣行から鯛ラバリールを旧ミリオネアからリョウガベイジギングに変更したので入魂も完了
ちなみにラインはファイアーライン カラードの1号を巻いてます。初めて使用するラインです・・・賛否両論のある
ラインですがどうにも気になって巻いてみました。インプレとしては・・・ジグを落とす際にスプールでラインとラインが
絡むというか・・・もつれるというか・・・。スプールの回転が止まってしまいます なじんでくれば解消されます。
PEラインに比べると硬い、コシのある感じでジギング用のリールにも巻いてみましたが、シャクってる際の糸フケが出来てもティップへ絡みにくくストレスがありません。感度に関しては特別イイ感じはしませんでしたが・・・。
  ロッド# JACKALL ビンビンスティツクBSC-610VCM
  リール# DAIWA リョウガベイジギング C1012PE

次の釣行は毎度お世話様の東神奈川ルアー船 「ジョイマリン」でGO 東京湾、冬の名物 「寒鰆」
朝一から南下を続け青物ポイントへ     鰆の単発の跳ねが確認出来ると鳥さんガサガサのチャンスタイム  鳥の飛ぶ方向へキャスト・・・・・ キャスト・・・・・・・・ キャ〜スゥ〜トォォォ〜〜
で、何とか一匹GET  その後は鯛ラバポイントへ    今回は鯛ラバタックルを追加してきました。
  ロッド# JACKALL  ビンビンスティックBSC-HS710UL-ST
  リール# DAIWA ミリオネア バサラ100H
  ライン# ファイアーライン カラード0.8号
旧ミリオネア、ブルーパッカーが引退し結局またミリオネア買っちゃいました・・・。のもありますが、ソリッドティップの
ビンビンスティックが気になって気になって このロッド、素晴らしいです 感度がハンパない
もちろん、タックルの全体バランスあっての使い易さだったり、釣果なのでしょうけど、着底の感触や様子、バイトなどダイレクト感が堪らなくイイです。使っていてとても楽しめるロッドだと思います。

イメージ 3
春休みには子供たちを連れてスズキさん訪問。

またまた「ジョイマリン」お世話になりましたm(__)m

ポイント着いてジグを落とせば速攻でスズキさん。
本日は大変ご機嫌がイイようで・・・入れパク

本気で釣ったらヤバい感じです
セーブしながら子供たちのサポート役です

帰りがけにイソメを付けてキス釣りへ。


80㌢クーラー満タンで子供たちはご満悦 キスだけでも30匹ほど・・・捌くの大変だったなぁ
スズキさんはというと・・・ばぁーばのお友達宅2件と後輩のお店へ。みんなで美味しく頂きました
楽しみが尽きない海と釣りに感謝
















この記事に

開く コメント(0)

2015 相模湾キハダ開幕

イメージ 17月11日(土) 若潮
待ちに待った相模湾キハダかいまくぅぅ〜  

少し話がズレますが・・・前回の釣行でのサバちゃん
大当たりはキツかったっす
アニサキスは気になるので腹の身はごっそり削いで
しめサバにしたんですよ・・・美味しくいただき早々と
就寝して2時間後・・・体が痛い位の蕁麻疹と上から
下から大フィーバー   サバは焼きましょう。


タックルの準備は万端  横須賀長井港は青木丸から出陣です    定刻通りAM5:00出船
ゆっくりと南下、沖を目指します。が・・・・しかし・・・ながぁ〜いクルージング・・・
沖の潮目で萬葉ペンシルで誘い出しますが・・・生命反応なし キハダの跳ねは確認できたんですけどね

イメージ 2陸に近い潮目で単発の跳ねがあり全速で向かうも・・・

← シイラですよね、どっからみても

決定的なチャンスなく納竿でした。

まだ始まったばかり

今年もビックファイトを期待して相模湾にかよいます


この記事に

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事