ここから本文です
あんぽんたぬこの日日是好日
いちねんにいちどという牛歩のごときブログです。もーー!背景画像の設定の仕方も忘れてしまいました。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

京都・蚕ノ社にお参り

嵐山電鉄に乗って蚕ノ社駅で下車いたしました。
そうそう、ご存じない方に申し上げておきます。嵐山電鉄は路面電車です。
イメージ 5
 
逆光だし
イマイチ上手に撮れていない
画像です。すまそん!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二両編成でワンマンカーです。
大阪には阪堺電車という路面電車があります。こちらは一両編成。
短大時代、この路面電車(私たちは「チン電」と呼んでいました)を使って
通学しておりました。
最寄り駅は「松虫」という面白い名前でした。
住吉大社へ行くのにこのチン電を利用したりします。
大阪にお越しの際はこのチン電に乗られるのもお薦めです。
のどかでいいんですよ〜♪
 
ちょっと話がわき道にそれましたね。スマンスマン
いつも嵐電(らんでん)に乗ると「蚕ノ社」という名前が気になって
一度訪れてみたいと思っていたのです。
車折神社も興味があって行きたかったのですが
今回は時間が無かったので次回のお楽しみにします。
 
蚕ノ社というのは通称で正式名称は
木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)
といいます。
イメージ 1
 
イメージ 2こちらが鳥居をくぐったところ。
静かなところです。
新緑が美しいですね。
奥は「元糺の森」といいます。
下鴨神社に「糺の森」ができたので
「元糺」という名前になったそうです。
秦氏考というサイトがありまして
そちらを読みますと
秦氏と賀茂氏は深い関係があったようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3手前は舞台でしょうか?
奥が本殿となっています。
間近で写真撮影するのが
何故か気が引けたので
遠くから撮影いたしました。
 
この本殿の右側に三柱鳥居があります。
そちらが湧き水の神の池。。。みたいです。
そしてその奥が「元糺の森」になっています。
 
もちろん立ち入り禁止区域となっています。
こちらの神社は大層綺麗にされていました。
枯葉ひとつ、ゴミひとつ落ちておりません。
 
 
 
 
なんとも澄んだ空気に満ち満ちており
流行りの「パワースポット」っていう場所なのかもしれません。
 
 
 
イメージ 4こちらが三柱鳥居です。
なんとも不思議な形状です。
ネットでいろいろ調べてみましたが四方から(三方じゃないのね)
参拝できるように・・・とか
広隆寺をお守りしている
神社なのでそちらの方に向いている・・・とか、
いろいろ書かれていました。
こちらの看板には
1300年前に伝わった
基督教の一派(ネストリア派)
の遺物であると説明されていました。
う〜ん。
日本史では基督教が伝わった年よりもうんと前のことですがな!
ほんまかいな?!
 
・・・ってことで秦氏に興味が涌いてきましたのでウィキにて調べてました。
 
秦氏っていえば秦河勝って名前は日本史でなんとなく習った覚えがありますよ。
また秦氏についてのウィキでは日ユ同祖論という言葉まででてきましたがな。
日本人とユダヤ人は同じ祖先を持っているそうな。
それに「古代イスラエルの失われた10支族」なんて言葉まででてきます。
むむむ〜@@@
なんかめちゃくちゃ歴史浪漫あふるる展開です!
もうこうなったら
たぬこの頭の中はぐるぐるぐるぐる〜@@@と渦巻いてきちゃって
湯気でてきそうです。
 
調べた事が全部すんなり入って理解するってことが難しくなってきました。
皆様に上手に説明できかねますので
皆様各自でお読みになってくださいませ(いつものとおり丸投げ状態)
 
法輪寺も秦氏に縁があるってHPに書かれていたし
この木嶋神社も秦氏に関係のある神社だったってことで
今回のおでかけは秦氏の関連する寺社参りってことになっちゃいました。
ほでもってあれやこれや秦氏についてネットにて調べましたが面白かったですな。
 
島津氏の元でもある。世阿弥の元でもある。雅楽の東儀氏の元でもある。
ほぉぉぉぉ!深い。。。奥が深い!
ってことは蚕ノ社の近所に島津製作所があるっていうのも
こういう関連???(素人的考えやなぁ〜^^;エヘヘ )
 
 
いやはやなんともかんとも蚕ノ社面白いところでした。
もちろん気持ちの良い所でもありました。
ここ、京都観光の穴場です。
歴史好きな方には是非是非お薦めです。どぞ
 
 
  ※)木嶋坐天照御魂神社の詳細はこちらにて↓↓↓
 
  ※)三柱鳥居の詳細はこちらにて↓↓↓
 
  ※)秦氏考はこちらにて↓↓↓
 
  ※)日ユ同祖論についてはこちらにて↓↓↓
 
 
 
                                        おしまい
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事