ここから本文です
現在状況のアメブロ連絡用ブログ**
このブログはアメーバブログの連絡用ですから詳細を見たい場合はアメブロへおいでください!!

テーマ:
ブログ
その前とは何だけど私は蔓延る黒噂は事実かどうか研究している。
と言うのは多くの人は黒噂などは安手の陰謀論と甘く見ている。
だけどもそのいい実験台と言うことで(被害者へは申し訳ないけど!?)日本人拉致事件を見受けた。
それはと言うと!?
蔓延っていた黒噂は事実だったことを立証された数少ない案件だったからだ。
と言うか!?
その事実は明るみとなる過程でどのように国民はミスリード(誤解)されて言ったかプロセスを把握できるのだ。
言うなればどのように騙されていたかだ。
以下はその表論文と言っていい。
日本はと言うと世界で一番治安のいい国!?と言われている。
これをそのまま受け取れないのは過去の事件で分かる。
その事件は北朝鮮によっての拉致事件だ。
 
そして!?
それは今更言うまでもないけど北のスパイによって日本海のその沿岸で日本人は拉致された事件だ。
その事実はしばらく明るみとはならないでいた。
他の国より遅れてようやくその事実は小泉元総理の訪朝と金正日の証言によって明らかとなった。
それまでは噂は出ていたけどその情報を出した張本人のアエラのジャーナリストは阿保にされて肩身の狭い思いをされた。
少数の人らはその噂について吟味したけど多くの人らは軽蔑の視線を投げかけていた。
社会党総裁の土井委員長はそのような噂をたてる人らはどれだけ愚かか力説していた。
更にだ。
多くの御用マスコミはアエラと韓国のコリア誌でもってのキャッチボールで客寄せパンダの記事を書いていると罵っていた。
けれどもかの金正日はそれを認めてしまったから事態は急展開する、
それによって単なる黒噂は事実だと分かり得た。
その前よりわかり得ていたのは韓国と中国そしてアメリカだった。
どうだろう。
 
酷く情けない状態だった。
情報はそれ以前に驚くほど蔓延っていたのだ。
どうしてそれは分からないでいたかと言うと日本人の頭の硬質化と以下のバイアス(思い込み)から原因を見受けた。
決めつける。
過去の類例に拘りその場所から思考を展開しない。
偏見そしてその場所から邪推など左脳偏重的思考。
* 臆病バイアス。
* マスコミバイアス。
* 周辺バイアス。
説明。
臆病バイアス!?
かのアエラはその記事をあれ程書いて!?
その場所から周辺の報道機関へ伝わったにも拘わらず!?
国民は「そのような事件はあったとなるとこわい」=「あるわけない。」=「そのようなことを言う奴はバカだ!?」となって信じない状態となった。
マスコミバイアス!?
マスコミはどうしてか情報を否定されて国民はその情報を鵜呑みすると報道することをやめてしまった。マスコミべったりの国民はその噂は嘘だと思考する。
周辺バイアス!?
国民は殆ど周辺の信じないことは嘘だと洗脳(後述)されているから単なる黒噂の領域を出ない状態だった。
一人だけそう思っていても周りから修正を余儀なくされる。
その他は潔癖症とかスパイに疎いとかの理由もある。
帰結。
この場所から見ても日本はいろいろドロドロしたものは水面下深く蠢いていて表には出ない状態となる。
アメリカはいくら銃を持っていても日本よりは明るい分だけ物騒ではない状態と言える。
目に見えない物騒程危険なものはないだろう。
日本はその三つのバイアスによって腐れたものはドンドン地下へ潜っていくものと思う。
言うなれば地雷だ。
と言うのは!?
内部公表した人はどんどん抹殺されている事実をサーフィンして知った。
社会的抹殺及び実質的抹殺だ。
警察など殆ど役に立たないどころか彼ら!?の味方とも言える。
公表するとよもや収監される可能性さえある。
これを一種の社会的経済国家と言って良いだろう。
国民のそのバイアスでもって治安の良さは演出されていたのだ。
AD

関係ないことで恐縮だけどアメーバのページ遷移の遅さは酷く使い物んならないしこれじゃ時間ばかりくってアクションも出来ないようだ。改善求めたい。

 

その前とは何だけど”特区”と言う言葉は普通は自由経済体制には使わないようだ。
中国のような社会経済主義の場合はその国の法律の適用を除外する目的で香港経済特区とされている。
社会経済主義の制約を受けずして自由経済を営む目的とする。
これを読んで分かるように!?
特区とは社会経済主義の適用を受けない場所を指定するとき付けるものだった。
となると!?
日本国内でそのような特区を付けたと言うことはこの日本は少なくとも現政権は自由経済とは認識してないようだ。
この名付けを見ても分かるように安倍は社会経済主義趣向されているように思う。
国家戦略特区と言う場所は愛媛県へ見受ける。
聞くところによると民主党の時代からその構想はあったと言われるけど真偽ははっきりしない。
その場所に彼の幼馴染で一緒に留学した加計孝太郎の獣医学部を建設する計画となっていた。
この場所で問題となっていたのは森友と同一の「総理のご意向」のタグを走らせていたことだろう。
”国家公務員は近親者の利益に走ってはいけない”の原則を無視して両者とも私物化していたところに問題を見受けた。
この戦略特区と言うのは憲法の適用外と言う解釈も出来て何等かの軍事適用する場所とも見受ける。
と言うのは日本は既に自由経済の国となっていて経済の特区とはなりえないからと言える。
戦略特区と言うのは明らかな状態で軍事的特区と言えてその場所に獣医学部を新設するのは動物を兵器にするような昔の731部隊のようなことを計画する向きを見受ける。
と言うか推測である。
 
森村誠一の悪魔の飽食の内容と余りにも似ているからと言える。
安倍総理大臣は何をしようとされているのかは分からないけど日本国民を丸太!?にすることと思っているのだろうか!?
単なる杞憂であって欲しいけどいろいろ噂をネット上でサーフィンして見るとそうではないらしい。
この人を選んだのは皆国民の責任と言える。
この人を下野させるチャンスは二度あったのだ。
衆議院解散のときだった。
だけども国民は二度も彼を再選した。
更にだ。
彼の周辺の安倍反対派も急遽変更した支持派となっていた。
野田聖子はその典型と言える。
森友問題でもゴミの撤去料をインクルードした値引きを”総理のご意向“でやられたときも官僚共々文書改ざんして更にその事件は不起訴となっている。
いったい安倍とは何者と言えるのか!?
その裏見をすると!?
彼の家系は李氏朝鮮を建国した李成桂と行き着くと言う。
その心とは!?
梨元宮方子の嫁いだ李家はその家系でありその子供と言える李晋は彼の父親の安倍晋太郎となったと言うのだ。
と言うのはGHQの指令で朝鮮王族は解体を余技なくされてその子供はいろいろな民家へ預けられたと言うことだった。
その状況証拠だけど彼の父親の安倍寛と安倍晋太郎は殆ど似てなく梨元宮方子と酷似していると言うことだった。
そしてだ。
安倍親子の特徴と言える垂れ目と垂れ眉は朝鮮王朝の李家の特徴付ける顔と一致すると言う。(RAPT理論)
私も山口県下関へ何回か大陸に渡るときよく行くけど垂れ目と垂れ眉の人らを多く見かけるのは李家の子孫によって構成されているのではないかと勘繰ってしまう。
更にその「晋」と言う字は共通しているところへ異様な符合を感じる。
安倍はと言うと朝鮮国王の末裔で日本を乗っ取ろうとされているのか!?
そしてだ。
明治憲法をリメイクして朝鮮王族をリバイバルさせて自らを皇族の位にさせるつもりでいるのか!?
 
聞くところによれば岸信介もその朝鮮王朝の系統だとも言う。
どう言う意味か!?
岸家の祖は日本へ渡った李家だと言うのは李を分解した(木)と(子)を(き)と(し)と合わせ(きし)と呼んで(岸)とされると言うのだ。
日本の言うなれば岸はその系統だと言う。
後は山口県の田布施町には李の家と言う苗字を多くしてその場所は李成桂の子孫で覆われたところとも言われている。
元々この地域は大内氏の支配下でこの氏族も朝鮮系統だとも言う。
言うなれば今昔の朝鮮人とかをもって日本を乗っ取ろうとこの場所に李系統を待機させて田布施SYSTEMを造ろうとされていた疑いは濃厚と言える。
前出のかの岸信介と佐藤元首相そして伊藤博文さえもこの場所の出だと言うことだ。
後は安倍を擁護している岸田政調会長もこの系統かも知れないのだ。
苗字とはいろいろ複雑なところを見受けて系統を隠す目的で岸より岸田と変更したり李家の家紋をもじって梅田とかしている場合もある。
後は私の推測であるけど李王朝の子である李晋はと言うと安倍晋太郎に変えて安倍家へ養子へ出した裏にかのスパイ組織の暗躍もあったと言える。
この組織ははっきり言えない。
今でも日本で動いているアメリカのスパイ組織だと言って置こう。
場所を前後させて申し訳ないけどこの場所まで読んでくれたら分かると思うけど国家戦略特区に獣医学部といい!?
かの拉致問題の裏に金正恩の系統へ梨元宮家の系統を入れたりとか!?
(横田めぐみさんはその家系だった!?)
噂だと!?
ネオ満州国を造る計画まであるとか!?
安倍晋三と金正恩は共に梨元宮家の系統となる。
言うなればどちらも朝鮮王朝と京都皇統のランデブー系統となる。
だんだん見えてきたと思う。
二人の統率によって更に731リバイバルをされてネオ満州国を建国させる計画ではないか!?
日本と言うなれば統一朝鮮を併合して広大な国家を造る。
その壮大な計画を現政権周辺の輩は耳に入れたから従わざることとなってしまった。
言うなれば民意ブロックしてしまったのだ。
となると安倍王国は妄想のたぐいではない状態となる。
 
 
 
AD

テーマ:
ブログ
最近と言うか前からと言うかこのB層と言う言葉を賑わしている。
この単語の意味は”小泉政権の郵政民営化改革に対して無抵抗に受け入れる層”と言うことでもっていささかIQの低い人らとなっている。
さあこのような酷い造語をされた人は誰だろうとよく資料を紐解いて見ると!?
それはと言うと!?
小泉政権のときに郵政民営化とかを国民に受け入れさす目的で!?
無条件で受け入れる層はどの層かと!?
スリードと言う広告会社に調査させたとき!?
比較的IQは低く扇動され安い20代の若年層そして主婦層及び高年層をターゲットとされその層をB層と名付けたようだ。
B層を出すなら公平を期する上でA層とは何かと言うと専門職とか学者とかの知識層で構造改革へ賛同する人らだ。
C層とは上記の言うなれば学識者層で構造改革に反対の人らを言う。
D層とは政治へ関心はなくIQの低い人らで構造改革の苦難を諸に被っている人らだ。
このABCDと記号振りをしたのは小泉内閣の傘下の学識者と言うのも!?
この自民党は階層化の好きなファシスト政党と言われても返答できない要因と言える。
言っとくけどこの振り書きは私のものではなく資料に記述してあったものを要約して書いたものだ。
AC層をIQの高い層。
BD層をIQの低い層と言っている。
どうしてこのような交互にクロスされているかと言うと!?
縦の軸をIQにとって横の軸を構造改革の賛成度ととっていて!?
右上からA層右下にB層そして左上にC層そして左下にD層と振っているからだ。
このB層と言うのは言うなれば”一般大衆”でIQは低く比較的周辺に扇動され安い人と自民党の人らは認識しているところに恐れを感じる。
その範囲をハッキリ定義しているのだ。
利用しやすい層だと言っている。
この層へ訴えかけると郵政民営化は世論とされて拡散すると言うことだ。
そしてその戦略は身となったか郵政民営化は可決したのだ。
問題はだ。
味をしめたら安倍政権でも改憲だ云々で訴えかけているのはこのB層にかも知れないのだ。
だけどもだ。
今まででも構造改革なんて上手く行ったことなどないのだ。
だったらこの扇動層!?へ働きかけて政治目的を達成させると言うマニュアルでもって安倍政権はやっているかも知れないのだ。
現安倍政権を支持しているのは20代の若者と言うのも符合する。
かと言って20代の若者はB層と言うわけではない。
主婦層とか老人層は不支持だと言える。
だからかこのB層の範囲は正しくはないようだ。
私はこの範囲に及ばずして日本人は戦後教育によって扇動され安くなっているのを知っている。
IQなどとか性別ましてや年齢なぞも関係ない。
多くの人は教育によって自己同一性障害となって扇動され安くなっている。
その原因となっているのは思春期のときに管理教育を受けていたからだ。
その詳細はこの拙著を読むと分かる。
この世界の表に出ない悪魔!!
好評中!!
 そのB層を造ったのは自己同一性障害だった!?
B層の範囲は20代の若者とか主婦層そして老人などと薄っぺらな調査をしたスリード社は失礼甚だしい。
その層に適用されるのは戦後教育を受けた団塊の世代以下の人と言える。
更にだ。
エリートとされる人ほどその教育へどっぷり浸かる状態だったから危ないのだ。
と言うのは!?
人間のその自我の成長を見受けるのは12〜14歳ころと言える。
このときは子供の意識と大人の意識は手を結びあうよう手探りする時期と言える。
精神状態は良くなく反抗期となるのもこのときと言える。
このときに管理教育をやって反抗を抑えると両意識は手を結ばずして相互にバラバラに出現する状態となる。
生意気と言えることを言ったと思ったらとたんにわんわん泣き出して周辺を困惑させる。
更にそれは幾つんなっても続く状態となるのだ。
この状態を言わば自己同一性障害と言うようだ。
自分のその意見とか他人の意見を区別することは困難とすることを特徴とする。
言うなればアイデンティーを失われた状態で他人の意見を自分の意見と思うような状態となって区別つかない状態となる。
言うなれば集団扇動しやすくなって政府とか外資よりコントロールを受けやすくなるのだ。
日本のその経済を良くも悪くも動かすことを可能とする。
日本人はどうしてマスコミベッタリとなるのかはこのGHQプロデュースの管理教育を受けたから他ならない。
言っとくけどGHQは上半期と下半期と区別出来て前者は容共で管理教育を練った集団だった。
管理教育は共産教育と言っても良いだろう。
言うなれば今だこの共産教育は自由経済で猛威を振るっていると言うことだ。
平準化教育でもってIQは低下して相互に押さえあい足を引っ張るから経済は低迷する結果となる。
この状態を治すには一世紀くらい費やすだろう。
 

テーマ:
ブログ
この場所で言わして貰うと毎日ひやひやしてたまらないのだ。
いつ恐党派に乗っ取られるかだ。
言っとくけど私は安倍自体は否定していないのだ。
どう言う意味か!?
後で聞いた話だけど今度の総裁選でもう片方の石破に決まった場合は!?
下手すると集団的自衛権は部分では済まなくなっていたと言うことだ。と言うのは!?
その安倍自体は集団的自衛権は日本の危険に及んだ場合だけ行使すると言う部分行使派だった。
だけどももう一人石破は集団的自衛権は日本の危険如何拘わらずして動員すると言うことだった。
あの軍事おたくめ!?
表ではと言うと地方再生と言って置きながら!?
選出されたら集団的自衛権全面行使をするような憲法を造るつもりだった。
言うなれば他国は侵略されても同盟を結んでいると出陣しなければならんようにされてしまうことだ。
私の危惧しているのは後者で日本は使い走り!?となることを恐れているのだ。
だからか今回安倍となったのはある意味でその危惧だけは免れたと言っていい。
唯問題はそれだったら改憲などしなくても個別的自衛権でもって対応出来ると言うものだ。
安倍のその改憲案は自衛隊を明記すること。
日本の危険に及んだときだけ集団的自衛権を行使することだった。
だけどもそれだったら個別的自衛権でも充分米軍と対応出来るのだ。
問題はそうでなくて中東危機のとき集団的自衛権の権限は及ばん場合は”武器の携帯は出来ずして”後方支援でも犬死する可能性を見受けると言うことだ。
だからかあの佐藤議員はその安保法を可決させようとされたとき!?
妨害した議員に暴力を振るったのはそのことを懸念したからだと思うと闇雲に批難出来るものではないように思う。
私は憲法の紋所をひけらかして後方支援のとき武器の携帯を出来ないようにした野党にも責任はあるのではないかと思っている。
だからか改憲志向に自民党は及んだとすると非は野党にもあるんではないか!?
とは言え個別的自衛権で充分対応出来る背景に集団的自衛権を志向したのは裏で手を引く者を見受けたからだと言える。
その場所を歌っていたのは朝日出版社のとある本だった。
その人はOと言う学者で元はタイ国の駐在大使をやっていた人だった。
自民党でも要職を務めたもので第一次安倍政権のときの立役者だった。
そのOはケンブリッジ大学を出て日本に帰国した後!?
戦略学研究所を立てていた。
留学して洗脳されてアメリカの使い走りとなったEXANPLEは枚挙に暇はない。
問題はと言うとそのOは大学入試のとき安倍を試験したTを間に置いて!?
彼に接近して集団的自衛権を仄めかしたと言うことだ。
このときから安倍はOに洗脳されてタカ派となった可能性を見受ける。
後は第二次政権のときに弱者非擁護マニフェストを造ったのは後ろに稲田元防衛大臣の糸引きさえも見受けたように思う。
彼女はと言うと法律を専攻した才女とは言ってもファシストであり!?
国民を階層化することをもって上手く行くと言う思想を持っていたようだ。
それにだ。
基本的人権と言論のその自由をいじくることをもって明治時代に逆行させようとされたのも充分想像される。
後は印象的操作と言うタグ!?を安倍から頻繁に聞けるのはそのタグ!?をよく使用していた外人タレントのKさんの糸引きも見受けるようだ。
その他の右翼言論人の影響を受けやすいポピュリズム政権だったと言うところに危険さを感じるのだ。
この場所に安倍の思考など殆ど入っていないんではないだろうか!?
安倍自身はタカ派と言うポリシーはあるようでも実は他の議員のようにしっかりした分別を持っていないからいつのまにか流されて行ってしまう。
このような一部の限定的分子でもってそれに影響される現政権は!?
いつクーデターを生じさせてもおかしくない危ないものと言える。
更にだ。
日本にはとことん危ない思考を持った人らを見受ける。
弱者なんか殺してしまえばいい!?
年寄りなんか殺してしまえばいい!?
戦争をとことんやれば人口は減って就職口は増えて経済は良くなる!?
以上のような人らもどうやらいるようだ。
もし!?
以上の人らに乗っ取られたら危険な状態となる。
そのような意味で脆弱な政権と言える。
恐らくと思うけど今は戦前回帰派に乗っ取られているように思う。
北朝鮮は日本にとっては荒唐無稽と言える国だけど実は戦前の日本を見習っていたのだ。
かの国と体制を並ばせる国にする。
だからか国民の声は反映されない状態となっている。
言うなれば安倍の後ろにいる少数の集団よりコントロールされていると言える。
だからか政権交代させるときと言える。
与党でも野党どちらでもいいと思う。
そう思うけどどうだろうか。

このニヒリズムとは言うなれば”虚無主義”!?“何をやっても無駄だから!?”と言う意味だ。
このような一種の諦め主義を蔓延らせている証明に現政権を見受ける。
とにかく支持されていない政権にも拘らず最長を誇っている。
え!?
この状態は日本の民主主義は崩壊していることを表している。
どう言う意味か!?
とにかく支持されていないなら政界に国民の声を反映されて現政権は退陣することとなっていたからだ。
だけども今も永らえているのは国民の声はもう諦めているからと言える。
どう言うこと!?
己は政界に出ない限り無理と多くは思っているからだ。
よく野党に信用はないからと言われる。
今の政権より野党の方をましとするのは少なくとも熟議されて国民の声を聴いていた。
にも拘わらず野党に信用のないのはマスコミ掌握によっての情報統制ばかり行っていたからと言える。
その真似して自民党はマスコミ掌握と言う禁じ手をやったのは分かり得ている。
今とんでもないこととなっている。
今までは朝日はうさん臭い新聞だと思っていたけど!?
今は朝日ほど信頼出来る新聞はないように思う。
周辺は忖度で汚染されているマスコミ界で唯一朝日だけは現政権へ批判記事を出している。
今ではと言うと朝日だけはマシな情報機関と言えるだろう。
さあ本題に入る。
どうして今までに日本国民は政治へ無関心でもの言わぬ状態となったかと言うと!?
筆頭には管理教育を挙げられる。
このいわゆる制服で覆いつくされたこの教育は物心つくときから工場の規格品を生産するごとく平準化人間に教育されて世に送り出していることだ。
この段階で縦と横のヒエラルキーに跪くことをとことん植え付けられる。
上に逆らうと今はどうだかわからぬけどビンタさえ飛んだものだ。
この段階で上に逆らっても無駄だと言うのを教え込まれる。
更にはみ出すとろくなことはないような意識まで植え付けられる。
その後は会社だ。
日本のその会社は言っちゃ悪いけどファシズムの温床と言える。
とことん縦割り的構造となっていて上に逆らうことは無駄だと植え付けられる。
自分の生殺与奪権を握っているのは上司であり政治家より大きいところと言える。
だからか政治には目をむかないのだ。
安倍より己の前の上司は直接脅威と言える。
だけども皆さんに考えて貰いたい。
彼らのその後ろには経団連そしてその後ろには安倍政権を控えさせていると言うこと。
だからか皆さんの上司関係を正すには現政権へ目を向けなければならないのだ。
とは言え目の前の上司は安倍より大きい力に見えるから逆らえない。
自分のその脅威と感ずる者は身近な者だからだ。
だからか逆らうも虚無状態となって更に政治にも逆らうも虚無となる。
更に周辺からはみ出すことも出来ないからニヒリズムは蔓延ることとなる。
だけどもそれは誤りだと言って置く。
皆さんさえ声を大にするとその声は野党の誰かの耳に届き政治を良くすることは可能と言える。
今のところその力を持っているのは立民だけと言える。
この政党へどうか皆さんの大きい声を聴かせて貰いたい。
このニヒリズムは経済まで崩壊させる。
このキャラ!?を我々に植え付けたGHQとはどう言うものか!?
この組織にはGS言うなれば民政局とG2言うなれば軍参謀局とで大雑把に構成されている。
GSはと言うと日本経済を低迷させて東アジアを安定させようと言う集団で共産シンパで構成されている。
G2はと言うと日本経済を程々に上向きさせて共産の防波堤とさせようと言う集団で構成されている。
戦後すぐ采配を振るったのはGSで経済を低迷させて日本を低迷させてフィリピンとか東南アジア以下くらいにされようと目論んでいた。
そのときやったのは軍閥の言うなれば公職追放だ。
このとき民主化と言ったけど実際は共産化だったのだ。
このときに教育へ管理教育の手法を入れて縦と横のヒエラルキーに支配されるよう教育される。
だけども隣で中国は共産化すると同時に本国では民主党から共和党へ政権は移る。
このときのアメリカの世論は日本経済を程々に上昇させて共産の防波堤とすることだった。
逆コースとなったこのとき逆に共産主義者の公職追放を見ることとなる。
このときGSに支配された共産主義者は日教組へ逃げ込んで教育界で日本人に共産特有のニヒリズムを植え付けたのだ。
ウィリアムドッジは日本を軍国に戻すか検討していたけども軍国は共産主義と親和性強くどちらも計画経済で中国と近くなる。
と言うことで自由経済を選んでいた。
政府の介入を手薄にしていざと言うとき中国に乗っ取られてもすぐに影響はでないようにした。
とは言えその自由経済をGSの配下の日教組の管理教育で育った日本国民で運営をされているから今崩壊の途上となっている。
ニヒリズムはどうして経済には悪いかと言うと「購入してもつまらんだろう!?」と言う憶測を植え付けてしまうからだ。
更にだ。
購入するより富の再分配と等しい貯金を重く見るから結果自由経済は崩壊する。
エンゲル係数は80%くらいだけど貯金を入れると10%以下となると思う。
この教育の成果と言える。
経済上向きを政府に委ねるな!!
国民の言うなれば金の使い方さえ改めれば経済は治ると言える。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事