全体表示

[ リスト ]

[PS1D] 互換型三端子レギュレーター製作マニュアル

TPS7A3301を使用した互換型三端子レギュレーター(マイナス電圧用)
PS1Cのマイナス出力です。
イメージ 1
 
 
<仕様>
・基板形状:幅max 16mm×高さmax 22mm  t=0.8mm
・出力電圧:-3.3V〜-15V
・出力電流:最大1A
 
<特徴>
主な特徴は、PS1Dと同じでが、出力電圧の設定は外付け抵抗で行います。TPS7A4700は、簡単に設定できのですが少し面倒です。
現回路図の電圧設定は、-15Vで設定しております。これ以外の電圧に設定する場合は、チップ抵抗の定数変更が必要です。

<基板図>
イメージ 2
 
<回路図>
イメージ 3
 
<部品表>
■0.01uF/50V(形状2012) ⇒ 1個(C24)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09349/
[GRM216B11H103KA01]
-------------------------------------------
■1uF/50V(形状2012) ⇒ 1個(C29)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07544/
[CL21B105KBFNNNE]
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07525/
[GRM21BB31H105KA12L]
-------------------------------------------
■10uF/25V(形状2012) ⇒ 1個(C19)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07388/
[GRM21BB31E106KA]
-------------------------------------------
■22uF/25V(形状2012) ⇒ 2個(C22,C23)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08240/
[GRM21BR61E226ME44]
-------------------------------------------
■チップ抵抗XXkΩ(形状2012) ⇒ 1個(R5)
※ <組立手順>1.出力電圧の設定抵抗値をご参照願います。
-------------------------------------------
■チップ抵抗XXkΩ(形状2012) ⇒ 1個(R12)
※<組立手順>5.出力電圧の設定抵抗値をご参照願います。
-------------------------------------------
■IC TPS7A3301 ⇒ 1個(IC2)
5mmX5mm QFN-20形状品
-------------------------------------------
■チップ半固定ボリューム22kΩ、又は20kΩ⇒ 1個(VR2)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09365/
[PVZ3A223C01]
-------------------------------------------
■ピンヘッダ (L型)1×6(6P) ⇒ 1個
3ピンに切って使用
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05336/
 
<配置図>
イメージ 4
 
<組立手順>
PS1Cの組立手順も合わせてご確認下さい。
1.先ず、出力電圧に合わせて抵抗値を決める必要があります。
出力電圧の設定抵抗値
出力電圧の抵抗値の計算は、TPS7A3301のマニュアルに記載されておりますが、例として以下に示します。
例:半固定ボリューム20kΩを使う場合
3.3V = R5(200k)+R12(100k)
5V   = R5(360k)+R12(100k)
9V   = R5(200k)+R12(20k)
12V  = R5(360k)+R12(30k)
15V  = R5(390k)+R12(22k)
半固定ボリュームは、20kΩを使いましたが、これより大きな値の半固定ボリュームを使うと可変範囲が広がります。なお、電圧設定を細かく追い込む必要が無い場合は、半固定ボリュームを使わな方法もあります。
例:半固定ボリュームを使わない時の値
3.3V = R5(180k)+R12(100k)
3.3V = R5(200k)+R12(110k)
5V   = R5(360k)+R12(110k)
5V   = R5(430k)+R12(130k)
9V   = R5(200k)+R12(30k)
9V   = R5(220k)+R12(33k)
12V  = R5(360k)+R12(39k)
12V  = R5(470k)+R12(51k)
15V  = R5(390k)+R12(33k)
15V  = R5(510k)+R12(43k)
 
2.IC TPS7A3301をハンダ付けしましたら、次にチップ半固定ボリュームのハンダ付けを行います。最初は、端子の一ヶ所にハンダを盛って置き、その部分に半固定ボリュームを載せてハンダ付けします。半固定ボリュームはハンダ付けが難しいので、ハンダ付け終了後、チャント接続されているかテスターで確認しておいて下さい。残りのチップ部品もハンダ付けします。
 
3.最後にピンヘッダ (L型)をハンダ付けしますが、ハンダ付けする前にラジオペンチ等で次のように前加工を行い、ピンヘッダを基板に挿して余分な部分の足(ピン)を切り落としてからピンヘッダのハンダ付けを行います。ハンダ付けは、部品面からハンダ付けします。
注意:放熱板を使用しない場合は、ピンカットは不要で通常通りのハンダ付けで問題有りません。
電流を多く流す場合は、放熱板等での放熱対策を行って下さい。
 
4.ブレッドボート等に基板を挿し、半固定ボリュームを回して電圧の調整をして完成です。面実装型の半固定ボリュームは、耐久性があまり良くないので、ローター(回転部分)をグリグリ廻すと直ぐに壊れます。
 
5.色々なケースを考えて確認は行っておりますが、アンプ等にレギュレーターを繋げたら安定しないような状況もあります。その場合は、レギュレーターの出力のコンデンサー容量を増やして改善するか確認をお願いします。
 
<その他>
 
 
<追加情報>
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事