全体表示

[ リスト ]

ES9038PRO Quad使用のDA1は、DACデジタルで最大700mA、DACアナログで最大500mAと、普通のDACよりかなり多目に電流が流れるので電源の選択に悩みます。
色々と物色していますと、DIYINHKの LT3042が出力電流1.5Aと有りました。

DIYINHK:

これを購入しようと考えたのですが、このタイプのヒートシンク(放熱板)で、1.5A流せるの??
HPの下の方に注意書きが書いて有りました。
やはり500mA位までのようです。
インダクターを外して大きなヒートシンクを別に設置すれば、1.5Aも行けると思います。

と言う事で、計画には無かったのですが、自分でDA1用の電源基板を作る事にしました。
DACのデジタル部分が700mAなので、1Aを目標に設計を進めました。
先ず、仕様として基板の大きさを50mm×100mm、整流ダイオードはSiC、1A〜1.2Aが2回路として出来上がった基板がこれです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

LT3042に電流ブースター用のトランジスタ2本をパラで使っています。
供給電圧と出力電圧の電圧差(入出力間電圧差)にもよりますが、このタイプのヒートシンクでは500mA〜700mA位までが限界の様に思います。
無理をすれば、800mAまで行けます。厳しいかなぁ?
このヒートシンク1個が500mA〜700mAと考えて2個ですので、1A〜1.4A行けると思います。
※ヒートシンクの放熱による火傷等の安全性を考えての設定です (ヒートシンクを手で触れても大丈夫な温度) 。

最初6Vの電源トランスを使いましたが、電圧不足で、NGでした。
6V×1.41×(100V/115V)=7.3V これに今回SiCのダイオードを使ったのでVfが約1.7Vです(普通のダイオードですと0.6V〜0.9V)。
電源ICへの供給電圧は、7.3V-1.7V=5.6V と出力電流を200mA以上流すと5V出力電圧は無理と成りました。
※1.41は、実効値の√2倍が最大値
※トランスが115V仕様ですので100V/115V=0.87 電圧が下がる。

電源トランス9V品購入・・・計算してみました
9V×1.41×(100V/115V)=11V これからVf(1.7V)電圧を引くと、9.3Vです。
これなら大丈夫ですが、電圧差(供給電圧と出力電圧の差)が9.3V-5V=4.3V有ります。
トランスのレギュレーションの関係もあるので、700mA位流すと8V-5V=3V位に成るでしょう?
私の場合は、余裕をみて1電源当たり最大700mAで使う予定です。
それと、SiCダイオードのPd(Pc)の問題も出て来ました。
Pd= Vf(1.7V)×700mA=1.2W   SiCダイオードで1.2Wも消費します。
220形状のPdは、1.5W位だと思います。
SiCダイオードにヒートシンクが必要になる可能性も有ります。

DA1に接続して確認してみました。

イメージ 3

SiCダイオードも熱くなりますが、使えそうです。
あとは、電圧差(供給電圧と出力電圧の差)をもう少し小さくしたいですね。
DAC周りは、この電源で進めましょう。

この記事に

閉じる コメント(12)

何度もHP拝見していますが、DA1は他の方の自作頒布品と比較しても、その物量投資はスゴイですね。作ってみたくなるオーラがスゴイです。何度予約メールを出したくなったことか。さすがに身の程知らずだろうと、ギリでとどまっている状況ですが、これからも素晴らしい設計を期待しています。

ところで、記事本文の電圧計算で、SBDのVfを1つ分だけ減算されていますが、半波整流なのですか?LT3042のリップル除去性能が高いので半波整流で十分ということなのでしょうか。ただ基板を見る限り両波整流のように見えます。
半波整流の方が音が良くなると主張される方もおられますし、文系自作派の単なるおバカな勘違いかもしれません...が、お教えいただけたら幸いです。よろしくお願い致します。

2017/9/14(木) 午前 10:43 [ wind_nagi ] 返信する

wind_nagiさん、何時もご訪問有難う御座います。

ご指摘有難う御座います。
あれ? 全波整流なので間違っていますね。
ダイオードを二個通過するので、1.7V×2個=3.4Vの電圧降下です。

半波整流の話しは、ネットで何回かみた事が有ります。
ナゼ、この様な話が広まったのか疑問に思います。オームの法則で説明します。
トランスからアンプへの電力供給は、電圧波形の表面積と電流波形の表面積の掛け算となります。
半波整流は、全波整流に比べ波形の表面積が半分になりますので、半波整流は全波整流に対して電力で1/4しか供給出来ない事に成ります。
例えば全波整流の場合、電圧波形の表面積2×電流波形の表面積2=電力4と成ります。
半波整流では、電圧波形の表面積1×電流波形の表面積1=電力1です。
この電力供給能力で良い音が出ますか?
また、リップルも増えます。
NECのリザーブ電源は、この電圧波形の表面積と電流波形の表面積を広くする技術です。

2017/9/14(木) 午後 3:06 X _ Under bar 返信する

この場合、ヒートシンクより、ケースに熱結合したらどうでしょうか?

ところで、基板製作は、どちらに頼まれていますか?一枚おいくらぐらい、なりますか?

2017/9/14(木) 午後 3:50 [ いさお ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、毎度お世話になってます。
この基板と6vのトランスで、マイコンとデジタルの分を賄うことはできるのでしょうか?
マイコンが結構食うから厳しいでしょうか? 削除

2017/9/14(木) 午後 5:45 [ robi ] 返信する

カピバラの部屋 さん、flattwin さん、Chaos さん、kaida116 さん、ロバートプラント さん、さくどう親父 さん、紺青の海 さん、Myu さん、Greece7 さん、KKD_FM さん、こんばんは、

ご無沙汰です。 何時もナイス有難う御座います。

2017/9/14(木) 午後 10:54 X _ Under bar 返信する

いさおさん、 こんばんは、

>ヒートシンクより、ケースに熱結合したらどうでしょうか?
ケースへの接続は、最後の手段として当然考えています。
ただ、ケース接続(接地)ですと、取り回しが悪いし見た目も綺麗で無いです。
最初はヒートシンクで進めています。

基板は、Fusion PCB、PCB CART、ELECROW等、沢山のメーカが有ります。
海外の品質はそれなりです。

2017/9/14(木) 午後 10:56 X _ Under bar 返信する

robiさん、こんばんは、

お世話に成ります。
6Vの2回路15VAのトランスで、150mA位が限界です。
マイコンは使えますが、デジタル系は使えません。
7Vのトランスが使えるか?
9Vのトランスは問題無いです。

2017/9/14(木) 午後 10:58 X _ Under bar 返信する

顔アイコン

X_Underbarさん

どうもです、デジタル回路のほうが厳しいんですね。
ちなみに、9vのトランスは15VA2回路なんでしょうか? 削除

2017/9/15(金) 午前 10:28 [ robi ] 返信する

顔アイコン

こんばんは!
DACに1Aほどの電流を流すって
どんな音質変化があるのでしょう?
ワクワクします!!!

2017/9/15(金) 午後 9:51 [ ひでじ ] 返信する

robiさん、こんにちは、

トランスは、9V / 15VAを使っています。

RSコンポ : RS品番671-9056
http://jp.rs-online.com/web/p/toroidal-transformers/6719056/?sra=pstk

横浜のNさんからご紹介戴いたスルーホール7V品が使いえると、コスパが高いです。
RSコンポ : RS品番124-3873

2017/9/16(土) 午前 9:52 X _ Under bar 返信する

ひでじさん、こんにちは、

ナイス有難う御座います。
ES9038PROは、一つのICの中にDACが32個入っているので、大飯ぐらいです。
これが4個ですので、電源で苦労しています。Ww

10月 1日は、宜しくお願いします。
楽しみにしていて下さい。

2017/9/16(土) 午前 9:53 X _ Under bar 返信する

wind_nagi さん、yiu*ot*2 さん、こんにちは、

ナイス有難う御座います。

2017/9/16(土) 午前 9:54 X _ Under bar 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事