全体表示

[ リスト ]

ES9038PRO DA1のケース加工その後

ほぼ完成!
こんな感じに出来ました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ通りに出来た感じです。
DA1基板が大きく見られていましたので、如何にDACを小さく見せるかをポイントとしてケースを選びました。
残りは天板の放熱穴をどの様に空けるかの検討が必要です。

左側の黒色の丸いのが電源スイッチです。
デザイン的に電源スイッチをフロントパネルの入れませんでした。
イメージ 3

裏側です。
イメージ 4
左側面のアルミ板(2.5mm厚)は、ケースの補強としてアルミ板をネジ止めしています。タカチのケース、OSシリーズはこの部分のアルミが薄いので補強しました。

上から見た写真です。↓↓
線材は出来る限り少なくして、DAC基板の上を線材が通らない様にしています。
DACは100MHz以上の高速で処理していますの高周波を多く含み、線材にノイズとして飛び込む可能性が有るからです。
イメージ 5
また、信号と電源の流れが交差しないような配置にしています。

電源トランスは、6個入れてみました。
イメージ 6

ヒートシンクを並べてみました。
イメージ 7
電源トランスは、耐震材を挟んで取り付けています。
見辛いですが右側のトランス、アルミ板にトランスを止めてからケースとアルミ板の間に耐震材をサンドイッチにしています。
耐震材は100円ショップで売ってるやつです。www

この記事に

閉じる コメント(11)

Yamahaなデザインな雰囲気がするのは私だけ?(≧∀≦)

2018/3/6(火) 午後 7:16 A2 Laboratory 返信する

A2さん、こんばんは、

意識していませんでしたが言われると似ていますね。www

2018/3/6(火) 午後 10:25 X _ Under bar 返信する

おおおお、完成おめでとうございます(^-^)!

完成度が高く、素晴らしいですね!

これは、dacに他、どのような機能があるのでしょうか?

2018/3/7(水) 午前 10:32 [ いさお ] 返信する

いさおさん

有難う御座います。
SRC+DACと言う感じです。
あとは、リモコン等での操作で使いやすくなっています。

2018/3/7(水) 午後 5:02 X _ Under bar 返信する

顔アイコン

こんにちは。

完成おめでとうございます。シンプルなフロントは私も大好きです。
それにしてもよい音を出すために中身がぎっしりと詰まっていますが整然としたレイアウトは大変参考になります。

2018/3/8(木) 午前 9:46 [ マイペース ] 返信する

マイペース さん

有難う御座います。
穴加工が苦手なので成るべく穴を空けない事にしています。

2018/3/8(木) 午後 9:17 X _ Under bar 返信する

ルビー さん、ロバートプラント さん、紺青の海 さん、kaida116 さん、Myu さん、モック さん、A2 Laboratory さん、Chaos さん、ぶんぶく さん、マイペース さん

ナイス有難う御座います。

2018/3/8(木) 午後 9:18 X _ Under bar 返信する

顔アイコン

70mm Hですか、美しく仕上がりましたね。アクリルを手作業で削るのは非常に難しいですが写真見る限り綺麗に嵌ってますね。 削除

2018/3/8(木) 午後 10:00 [ tetu ] 返信する

うわ〜、とてもかっこよく完成ですね♪

ケーシングもとても綺麗に製作されて、見入ってしまいますね。

2018/3/9(金) 午後 1:05 [ audiofun ] 返信する

tetu さん

有難う御座います。
限界の高さまでやってみようと無理やり高さ70mmのケースに入れてみました。
アクリルの加工はヤスリ2週間くらい掛かってしまいました。ww

2018/3/9(金) 午後 3:43 X _ Under bar 返信する

audiofun さん

有難う御座います。
ケース加工にかなり時間が掛かっています。
もう少し良い工具が有ればと思います。

2018/3/9(金) 午後 3:44 X _ Under bar 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事