フルバランス アンプ (X_Under bar)

ノイズの多い現代だからバランスアンプが必要となってきた

全体表示

[ リスト ]

JFETのシンボル

今回のシンボルはJFETです。
JFETを使用している回路図で、どちらがD(ドレイン)なのかS(ソース)なのか分かり辛いシンボルがあります。

下記の図①と図②です。
イメージ 1
このJFETのシンボルでは、どちらがドレインなのかソースなのか考えてしまいます。
回路図にドレインやソースと表記されていれば問題無いですがね。
ある程度回路が読める方なら問題無いです。

図③と図④の様に矢印の位置がソース側に有るシンボルならソースが分かります。
イメージ 2


図①と図②様にどちらが「ドレイン」か「ソース」が明確に表示されていないシンボルの場合は、ドレイン端子とソース端子を逆に接続しても問題無く動作する筈です。
※変な仮説です。

そこでJFETの構造ですが下の様な構造に成っていてドレインとソースが同じ構造です。
イメージ 3

そして実際のJFETのシリコンチップのパターンです。
イメージ 4
ドレインとソースが同じパターンです。
ドレインとソースを逆使いしても問題無い様ですね。

ドレインとソースを逆接続したデータが有りました。
イメージ 5
ほぼ同じです。

結論としては、ドレインとソースを逆に使ってもJFETは問題なく使えます。

ただ、条件が有ります。
このJFETのシリコンチップのパターンが対称的であるオーディオ帯域用のJFETに限ります。高周波用のJFETはドレインとソースの構造が違うので逆接続では使えません。

JFETを差動接続で使う時に熱結合をしますが、この場合ドレインとソースを逆接続で使うと配線が楽に出来ます。
イメージ 6
・右側がJFETを熱結合のため接着剤で接着したJFETです。


閉じる コメント(2)

顔アイコン

今晩は。

JFETの場合矢印がゲート側、MOSの場合はソース側が一般的だと思うのですが、JFETでもソース側があったり、MOSのドレイン側があったりと結構雑なようですね。

ドレイン−ソースは実際に逆にして使ったことがあります。

2019/7/15(月) 午後 9:24 Chaos

Chaosさん、お早う御座います。

FETは何故かシンボルが色々と有りますね。
東芝製のJFETは、ゲートの足が中央にあるのでドレインとソースの逆接続が簡単に出来ます。
私も東芝製の2SK146や2SK240などを逆接続で使っていました。
今も同じように使っていますが不具合は出ていませんね。

2019/7/16(火) 午前 8:02 X _ Under bar


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事