フルバランス アンプ (X_Under bar)

ノイズの多い現代だからバランスアンプが必要となってきた

オーディオ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

OTOTEN 2019

今年もOTOTENに行って来ました。

イメージ 1

雨が降っていたのですが会場が駅から近いので助かります。

先ず最初に、金田さんの「最新オーディオDCアンプで楽しむ アナログとハイレゾ再生」です。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
何時も同じ様なデモ・・・再生するソースを含めもう少し考えた方が良いですね。
飽きるねぇ。

こちらはSONYさん、ハイレゾ時代のモニターヘッドホン・・・ MDR-M1STです。
イメージ 5
現行のMDR-CD900STとはかなり違った音がしました。
今風の音ですかね。なかなか良い音だと思います。
試聴してから購入しましょう。
それとケーブルが外せますので、簡単にケーブル交換出来ます。
あと、係の人に色々聞いたのですが、CD900STで良く切れたケーブル部分を改善したとの事です。
ヘッドバンドからヘッドフォンハウジングと繋がっているケーブルがヘッドバンドの中に入り見えなく成っています。
ここの部分よく切れるんですよねぇ。

XLRコネクタに対応したPCM-D10です。
イメージ 6
初めて見たのですが、思っていたより大きかったです。
音の方はGoodでした。

私が欲しいマイク・・・プロ用マイクC-800Gから26年ぶりのマイクです。
ハイレゾ対応のマイク3種類です。
イメージ 7
イメージ 8
ECM-100U、ECM-100NとC-100
お金を貯めて買いましょう!

昨年も楽しみました。
:炭山さん、生形さんの「高音質録音、変態録音を各種フォーマットでの聴き比べ」です。
イメージ 9
時間が足らなく全てのソースを掛けれませんでしたが、昨年より変態性は少なかったようですね。www

こちは、OTOTEN初参加の中国メーカのESD ACOUSTICさん。
ESD ACOUSTIC:

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
Avantgardeに似ているスピーカーです。
ブースは2ヶ所有りました。 超ド級!

他にも色々ありましが、自分の趣味でピックアップしました。

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

少し時間が過ぎてしまいましたが、先週(3/10) に「第4回MJオーディオフェスティバル」に行って来ました。
当日、私のスケジュールの関係で全て見学が出来ませんでしたので、試聴出来た部分だけ書きます。

イメージ 1

先ず、最初にゾルゾさんです。
昨年の読者の自作機大試聴会で話題に成ったキャビネット・バッフルレスのスピーカーです。それを今回8インチのスピーカーで製作されたそうです。製作が間に合わなく昨夜やっと完成したとの事で、各繋ぎは3Dプリンターで作成されているそうです。

イメージ 2

イメージ 3


この構造は特許も取られているそうです。
イメージ 4

スピーカーを直列に配列してスピーカーの後ろに出た音を次のスピーカーの前側に入れて、そのスピーカーの後ろ側に出た音を次のスピーカーの前側に入れて行きます。
スピーカーとスピーカーを繋げる音道は空気バネが働くので大きくは出来ないそうです。
この構造により音の立ち上がりが早くなるそうです。
音圧は、あまり大きくは成らないそうです。
試聴した感じでは、音の立ち上がりの良さはそれほど感じられませんでした。
あと、低域が物足りない感じです。
今後の改善により素晴らしいスピーカーになると思います。


次は、ASOYAJIオーディオさんです。
こちらは、日本電波工業さんのDuCULoN(デュカロン)とファインメットコアのライントランスを採用したDACです。
2機種有りますが、デザインが可愛らしくて良いですね。
DACの中身を見れませんでしたが音を聴く事が出来ました。

イメージ 5

再生システムのスピーカーとパワーアンプが自作でしたので評価が難しい。
普通の音と言う感じに聴こえました。
スピーカーとパワーアンプは比較標準となる物を使った方が良いかと思います。
イメージ 6


最後にTOAさんのME-50proです。
良い音出していました。
この大きさで低域も崩れず素晴らしいかったです。
10cmのダブルウーハーにツィターの2wayです。

イメージ 7

このスピーカーは位相やインピーダンス特性がフラットに成るようにネットワークを作ったそうですが、スピーカーボックスに収まらなかったので別のケースに入れたそうです。
イメージ 8
値段は、高いです。

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

6年ぶりに金田式DCアンプ試聴会に行って来ました。

9月16日(日曜)13:00〜17:00 入場無料
会場 :浦安音楽ホール (コンサートホール)

今回のお目当ては、「デジタル録音再生システムvs最新アナログ録音再生システムの録音再生実験」です。

イメージ 1

・最新リニアトラッキングアーム / DCアンプ制御DP-5000ターンテーブル+電流伝送カートリッジ / 真空管、半導体IVC型イコライザーアンプ / 真空管、半導体D/Aコンバーター
イメージ 2


・デジタルバランス電流伝送録音再生システム / アナログバランス電流伝送録音再生システム
イメージ 3

・アナログ録音機(テープデッキ Revox B77)
イメージ 4

・バッテリードライブ半導体パワーIVC
イメージ 5

・3ウエーマルチアンプ スピーカー
イメージ 6

今回のお目当てです!
イメージ 7

・ピアノ演奏は、高橋綾子さんです。 素晴らしい生演奏が聴けました。
イメージ 8

・今回の録音に使われたマイク (DPA  MMC2006マイクカプセル)
イメージ 9
イメージ 10

・このマイクのバランス電流伝送アンプ
イメージ 11


高橋さんのピアノ演奏をアナログ録音アンプと録音機、またデジタル録音機に分けて録音して、アナログとデジタルを比較試聴する筈でしたが ・ ・ ・ この前に行ったレコード試聴で左側のスコーカーのベリリウム振動板が割れてしまい音が出なくなりました。 パワーの入れ過ぎ?
イメージ 12

結局直らず、こんな感じでスタートしました。
左のスコーカー無しです。
イメージ 13

その後ピアノ演奏が終わり、録音再生しましたが音がおかしい状態でした。
またツイターからも大きな入力でガサガサ音が発生してしまい評価出来る状態ではなかったです。
そのため順番でヘッドフォンでアナログとデジタルの音を確認しました。
イメージ 14

ヘッドフォンで聴いた音は、かなり良い音で録音されていました。
また、アナログの音も良い感じでした。

少し残念でしたが来年の試聴会を期待したいと思います。

開く コメント(15)

開く トラックバック(0)

ウォークマン(NW-X1050)の動作時間がかなり短く成ってしまったのでバッテリーを交換する事にしました。

イメージ 1

前回バッテリー(リチュウムイオンポリマー)購入したお店のホームページを確認したら販売休止とのこと ・ ・ ・ なので他を探すことにしました。

古いウォークマンなので、検索しても中々ヒットしません。

バッテリーの寸法は、42mm×64mm×厚さ4mm
この厚さ4mmが無いのです。

仕方ないので、この小さいのを使うことにしました。
34mm×51mm×厚さ4mm
値段は、¥533と凄く安い。
イメージ 2

イメージ 3


コネクター付の線に交換して、空いた隙間に詰め物を入れて完成。
イメージ 4

問題無く使えています。

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

昨日、 10月1日(日)に「第8回 宇都宮手作りオーディオ会」に初めて参加させて戴きました。
皆さんのレベルが高かった。

準備デモは、「宇都宮手作りオーディオ会」の会長さんの「ひでじ」さんです。
済みません、写真撮るの忘れました。
PARC17cm PP 2WAYスピーカーと、最近ご購入されたRMEの「Baby face PRO」です。
この組み合わせでの試聴では、奥行きと広がり、また力感も有って良い感じで鳴っていました。
私は、PARCのPP系の音が特に好きです。
あとRMEの「Baby face PRO」、小型ですがかなりの重量感があります。コンパクトで持ち運びも良いです。
やはりプロオーディオのREMですので、保管用のケースも良い作りしていました。


と言う事で順番に書いて行きます。
一番手に、「かべ」さんの(1)DDコンバーターの電源による音の違い。(2)Pioneer PD-30AEは本当は何が出来る?

イメージ 1

DDコンの電源をソーラー電源で駆動しての音質の変化です。聴いた感じでは、ソーラー電源の方が音がスッキリしている感じを受けました。DDコンもクリーン電源が良いですね。
Pioneer PD-30AEが、ハイレゾソースを認識すると言う事で、CD-Rに焼いたハイレゾソースを再生出来るか確認を行いました。今回はファイルの保存構造(層)の問題?で確認出来ませんでした。残念!


二番手に、「那須山」さんのSHURE V15 Type IV, V, Vxの聴き比べです。

イメージ 2

事前にレコードから録音してありSHURE V15の聴き比べですが、どのタイプかを当てるクイズです。
私は全滅でしたが、楽しかったですね。
因みに、クイズの賞品はグレープのレコードでした。


三番手は、私のES9038PROのQUAD DA1です。

イメージ 3

今回もケースに入れる時間が取れなく、バラックでの参加です。
写真を撮るのを忘れまして、発表が終わってからの写真です。ww
再生システムは、ひでじさんのmacbook、SONY AV650G改アンプ、PARC17cm PP2Way SPをお借り致しました。 有難う御座いました。
今回は、I/V変換アンプ基板を1枚ずつ挿して行き、音の変化を確認して戴く内容でしたが、1枚、2枚、3枚と増やして行ったのですが、変化が分からないと言う事で、3枚の次は8枚まで飛ばしての試聴と成りました。
私の家での確認では、I/V変換アンプ基板を増やすごとに、低域が力強くなり、音の奥行きと広がり、残留ノイズも低くなって、無音からバーンと音が出る感じです
音質の変化は、最大の8枚に近づくほど変化は少なく成りますが、やはり8枚が一番良い音です。


四番手は、「Masa」さんの21HB5AサークルトロンOTLアンプです。

イメージ 4

21HB5Aを使っておりまして、TV用の真空管だそうです。
済みません、真空管は良く分かりません。
上段が真空管アンプで、下段がスイッチング電源群です。48Vのスイッチング電源を直列に使って高圧電源としています。
音の方は、半導体アンプと違って、柔らかな音を奏でていました。


五番手は、「milon」さんの自作アナログプレーヤーです。

イメージ 5

ヘッドシェルやターンテーブルのセンタースピンドルを自作しておりました。
ここまで自作するとは、凄いの一言です。3種類自作して、その音の変化の比較です。
スピーカーも往年の名機、日立(Lo-D)のHS-350でした。久しぶりに聴きましたが、良い音ですねぇ。ターンテーブルが良かったのでしょう。


六番手は、「muu*en*000」さんのWE VT52シングルとヤマハ10モニです。

イメージ 6

WE VT52シングルは、京都の方に作って戴いたアンプだとの事です。
出力は7Wだと言う事でしたが、パワー全開でガンガンやってくれました。www
真空管アンプも捨てがたい良い音ですね。


トリは、「Amk**Mjm」さんのストレートホーンドライバー&foobarマルチ・デジタルアンプです。

イメージ 7

ストレートホーン、素晴らしい出来でした。加工が大変だったと思います。
音の方は、素晴らしいバランスの音でした。ホーンスピーカーが欲しく成りました。
あと、マルチ・デジタルアンプを上手く使っていますね。ケーブルは、PCからHDMI接続の1本だけで3ウェイマルチと言う事もまたビックリしました。
参考になります。

今回、初めての参加でしたが、色々と勉強になりました。

ひでじさん、ならびに宇都宮手作りオーディオ会の皆さん有難う御座いました。

帰り、駅まで送って戴き助かりました。(^-^)/

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事