ここから本文です

書庫全体表示

濃い豚@上井草(大ラーメン)
イメージ 1

あまり予備知識のない状態で訪問。オープンして1年ちょっと。店名からわかるとおり、ガッツリ系が売りの店。先客数名パラパラと。券売機を見るとラーメン、つけ麺、汁なしというラインアップ。初訪なので変わり種の味変ラーメンや汁なしには手を出さず。AKBの高橋が結婚したそうで、ラジオでギャーギャー騒ぐ声が静かな店内に響き渡る。厨房を見ると、注文の度にテボでヤサイを茹ででいる。麺を茹でるのは10分くらい。高橋みなみはいよいよ絶好調で、ついには秋元先生が登場する始末。気を取り直して、ラーメン大300gだ。本家二郎と比べて、いや比べる意味などないのだが目安として、キャベツが多め。ヤサイはデフォルトで多めと聞いていたが、これなら増しても食べられそう。丼の口が広く、スープがたっぷり入る形状なので、何となく全体のバランスが慣れない。麺は亜流らしいゴワっとした平打ち麺。そこまで太くない中太麺。食べやすいが食べ応えもある。先客が食べ終わると、すぐに後客がパラパラと入ってくる。意外と地元に根付いているなと。店頭に「スープ新しくなりました」みたいなことが書かれていたので期待していたのだが、期待に違わぬ乳化スープで思わず「おっ」と口走る。店員さんは度々スープをかき混ぜていた。混ぜればよいってものではないが、スープにこだわっていることがよくわかった。コールしたアブラも大ぶりで楽しいのだが、どうにも全体的にスマートにまとまりすぎていた。ガッツリ系は突き抜けたところがないと、どこか肩透かしな感じに陥ってしまう。次回は味変ラーメンか汁なしを試してみようかな。あっ、高橋みなみさん、結婚おめでとうございます。

  • 顔アイコン

    豚と言う文字が看板にあるだけで、なぜか惹かれてしまう妙な習慣。

    決して、豚野郎を呼ばれて喜ぶような癖はありませんが。(笑)

    [ ゴン太2号 ]

    2019/5/11(土) 午前 9:24

    返信する
  • 【横綱】> ゴン太2号さん
    もう豚野郎と呼ばれても構いません(笑)
    ついつい惹かれてしまう店名ですから。
    店内の男性客達が奏でる独特の雰囲気が居心地よく

    [ 横綱親方 ]

    2019/5/11(土) 午後 11:08

    返信する
  • 店の名前が濃い豚なんですね!

    練馬方面にいくと桜台や西台の関門が。。。

    蒼い弾丸

    2019/5/12(日) 午前 9:22

    返信する
  • 【横綱】> 蒼い弾丸さん
    ロケーションとしては二郎桜台と荻窪の中間。
    そういうロケーションなので、ガッツリの下地はあるのかなと。
    徒歩数分の場所には、油そばをガッツリ食わす有名店があったり。

    [ 横綱親方 ]

    2019/5/12(日) 午前 9:30

    返信する
  • いや〜、都内まで守備範囲を広げると、まさに底なし沼状態ですね。私は、千葉県内でもアップアップですけど。でも、親方様の記事を読むのが好きです💌

    [ syu*ti*0*1 ]

    2019/5/13(月) 午前 3:29

    返信する
  • 【横綱】> syu*ti*0*1さん
    ありがとうございます。
    そんなに持ち上げられると恥ずかしい。
    この日は近くに用事ありで、ラーメンを絡めました。

    [ 横綱親方 ]

    2019/5/13(月) 午前 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    丁寧に作られた二郎インスパイアといったところでしょうか。ビジュアルからして旨そう

    ただ、持論ですが二郎系のお店は客がこうすれば気に入るだろうなとかではなく店主さんのこう食わせたいというのを押し付けてくるようなラーメンを提供してほしいとも思ってたり

    [ つくね棒2号 ]

    2019/5/17(金) 午後 4:55

    返信する
  • 【横綱】> つくね棒2号さん
    あ、その発想はおもしろい。
    自分の好みの二郎を探す旅とも言えますね。
    こちらは二郎として突き抜け感はないが、バランス派かな。

    [ 横綱親方 ]

    2019/5/17(金) 午後 10:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事