蘇る日本! 日本を良くすることができるのは、わたしたち日本人です

素晴らしい国日本の再生を!自主憲法制定、靖国神社参拝、万世一系の皇統(男系天皇)護持を望みます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

敬天愛人大兄を偲ぶ

西郷南洲翁 座右の銘「敬天愛人」
 

「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也。」

(現代訳)「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、人はこれにのっとって行うべきものであるから何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。天は他人も自分も平等に愛したもうから、自分を愛する心をもって人を愛することが肝要である。」 

詳(つまびらか)らかに解釈すると、「人それぞれには、天から与えられた「天命」というものがあり、それに従って、人は生きています。だからこそ、人はまず天を敬うことを目的とするべきです。天というものは、「仁愛」すなわち人々を平等に、かつやさしく愛してくれるものであるので、「天命」というものを自覚するのであれば、天が我々を愛してくれるように、人は自らも他の人に対して、天と同じように、「慈愛」を持って接することが何よりも必要である」
 
筆者はここにいう、「天」とは我国の畏くも天皇陛下の「大御心」であると解釈しております。
畏くも今上陛下におかせられましては、すべての人々、目に見えるすべての物に対し、慈しみ、愛を注がれておられます。
陛下の「大御心」をもって人と接せよと、南洲翁は説いておられるのです。
 
筆者が尊敬し、目標とさせていただいておりました敬天愛人大兄様が逝去されたのが平成23年10月13日、享年56歳、あれから2年の刻をきざんでいます。

敬天愛人大兄様が南洲翁遺訓よりハンドルネームとされていたことは皆様ご存知だと思います。
筆者がブログを初めてから、さくらの花びら大兄様と共に、拙ブログへご訪問いただき、ご指導くださいましたのがつい最近のように思えてなりません。
「天」即ち、國體(こくたい)であられる畏くも天皇陛下の神聖さ、偉大さを両氏にご教授いただきました。
敬天愛人大兄様の絶筆となった、月日だけがいたずらに過ぎて行く 役人とは人の役に立つから役人であるなどの秀逸記事を折をみては繰返し拝読させていただいております。
、故郷「福島」を心より愛し、荒廃してしまった政治家の資質、国の怠慢さを憂い、警鐘を鳴らすべく発信されておられました。
風評被害に苦しみ、死活問題となっている「福島」の現状をも、切実に訴えておられた志半ばの逝去でした。
震災直後、被災地の皆さんは、全世界からも賞賛されました。
今もなお、厳しい状況下におかれながら、立ち上がろうとされている被災地の皆さんの姿を素晴らしく思います。
最悪だった民主党政権も去り、自民党が政権を担っています。
しかし一朝一夕にわが国を取巻く厳しい状況は好転するわけでもなく、一進一退の攻防が続いています。

 
敬天愛人大兄様の肉体は滅びても、氏の「魂」は永遠に生き続けます。
敬天愛人大兄様の「天」を敬い、人を愛し、故郷「福島」を愛する崇高な「魂」は生き続けています。
どうか、祖国「日本」をお護りください。
 
そして、心ある人々は、敬天愛人大兄様のご遺志を引継いで行って欲しいと思います。「敬天愛人」の「こころ」を・・
筆者も人間である限り、いつか辞世の刻を迎える時がきます。
黄泉の国で敬天愛人大兄様に会えるでしょう・・・

あの頃に比べ、「日本はよくなった」・・・・
そう敬天愛人大兄様に言ってもらえるよう遺志を継承し、日々精進を重ねていく所存であります。
 
 
 
 

転載元転載元: 美し国(うましくに)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事