蘇る日本! 日本を良くすることができるのは、わたしたち日本人です

素晴らしい国日本の再生を!自主憲法制定、靖国神社参拝、万世一系の皇統(男系天皇)護持を望みます。

転載記事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

敬天愛人大兄を偲ぶ

西郷南洲翁 座右の銘「敬天愛人」
 

「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也。」

(現代訳)「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、人はこれにのっとって行うべきものであるから何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。天は他人も自分も平等に愛したもうから、自分を愛する心をもって人を愛することが肝要である。」 

詳(つまびらか)らかに解釈すると、「人それぞれには、天から与えられた「天命」というものがあり、それに従って、人は生きています。だからこそ、人はまず天を敬うことを目的とするべきです。天というものは、「仁愛」すなわち人々を平等に、かつやさしく愛してくれるものであるので、「天命」というものを自覚するのであれば、天が我々を愛してくれるように、人は自らも他の人に対して、天と同じように、「慈愛」を持って接することが何よりも必要である」
 
筆者はここにいう、「天」とは我国の畏くも天皇陛下の「大御心」であると解釈しております。
畏くも今上陛下におかせられましては、すべての人々、目に見えるすべての物に対し、慈しみ、愛を注がれておられます。
陛下の「大御心」をもって人と接せよと、南洲翁は説いておられるのです。
 
筆者が尊敬し、目標とさせていただいておりました敬天愛人大兄様が逝去されたのが平成23年10月13日、享年56歳、あれから2年の刻をきざんでいます。

敬天愛人大兄様が南洲翁遺訓よりハンドルネームとされていたことは皆様ご存知だと思います。
筆者がブログを初めてから、さくらの花びら大兄様と共に、拙ブログへご訪問いただき、ご指導くださいましたのがつい最近のように思えてなりません。
「天」即ち、國體(こくたい)であられる畏くも天皇陛下の神聖さ、偉大さを両氏にご教授いただきました。
敬天愛人大兄様の絶筆となった、月日だけがいたずらに過ぎて行く 役人とは人の役に立つから役人であるなどの秀逸記事を折をみては繰返し拝読させていただいております。
、故郷「福島」を心より愛し、荒廃してしまった政治家の資質、国の怠慢さを憂い、警鐘を鳴らすべく発信されておられました。
風評被害に苦しみ、死活問題となっている「福島」の現状をも、切実に訴えておられた志半ばの逝去でした。
震災直後、被災地の皆さんは、全世界からも賞賛されました。
今もなお、厳しい状況下におかれながら、立ち上がろうとされている被災地の皆さんの姿を素晴らしく思います。
最悪だった民主党政権も去り、自民党が政権を担っています。
しかし一朝一夕にわが国を取巻く厳しい状況は好転するわけでもなく、一進一退の攻防が続いています。

 
敬天愛人大兄様の肉体は滅びても、氏の「魂」は永遠に生き続けます。
敬天愛人大兄様の「天」を敬い、人を愛し、故郷「福島」を愛する崇高な「魂」は生き続けています。
どうか、祖国「日本」をお護りください。
 
そして、心ある人々は、敬天愛人大兄様のご遺志を引継いで行って欲しいと思います。「敬天愛人」の「こころ」を・・
筆者も人間である限り、いつか辞世の刻を迎える時がきます。
黄泉の国で敬天愛人大兄様に会えるでしょう・・・

あの頃に比べ、「日本はよくなった」・・・・
そう敬天愛人大兄様に言ってもらえるよう遺志を継承し、日々精進を重ねていく所存であります。
 
 
 
 

転載元転載元: 美し国(うましくに)

人気ブログランキングに参加しています。
         まずはここをポチッとご協力お願い申し上げます。
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
 
------------------
竹島領有権、当面提訴せず日韓関係改善を優先
日本政府は、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を当面、行わない方針を固めた。安倍首相は、韓国の朴槿恵次期大統領との間で日韓関係の改善を目指しており、韓国の反発が予想される単独提訴は得策でないと判断した。
政府は、2012年8月10日の李明博大統領による竹島上陸を受け、対抗措置の一環として、日韓両国によるICJへの共同付託を提案したが、韓国が拒否したため、単独提訴を目指して準備を進めてきた。安倍政権としては、ICJでの決着が望ましいとの立場は変えないものの、単独提訴は先送りし、韓国の対応を見極める方針だ。

安倍首相は、民主主義や市場経済など価値観を共有する韓国との関係を重視している。2月25日に予定されている大統領就任式に合わせて訪韓し、日韓首脳会談を行い、関係改善を進めたい考えだ。関係を改善することで、沖縄県の尖閣諸島をめぐり圧力を強める中国をけん制する狙いもある。(2013.1.9 読売新聞)
------------------
------------------
安倍首相、日韓改善に意欲=韓日議連は「歴史直視」言及も
安倍晋三首相は9日午後、首相官邸で韓日議員連盟の黄祐呂会長ら韓国与野党議員と20分間、会談した。黄氏は、朴槿恵次期大統領に近い与党セヌリ党の代表。
首相は「日韓は双方にとり最も重要な隣国だ。ミサイル発射など北朝鮮問題への対応で協力することが地域の平和と安定に重要だ」と述べ、日韓関係の改善に意欲を示した。首相は会談で「首相として初めてお迎えする外国からの賓客だ」と歓迎の意を示すとともに、「日韓に何か問題が起きたとき、問題解決のため、(日韓、韓日)両議連の果たす役割は非常に大きい」と期待を示した。
これに対し、黄氏は「両議連間で緊密な交流を通じ、友好協力を増進させるべく最善を尽くしたい」と表明。また、「歴史を直視しつつ、未来志向で信頼関係を築いていきたい」と述べた。(2013.1.9 時事通信) 
-------------------
 
昨年末に安倍政権は、今まで島根県でやっていた222日の「竹島の日」を、国が前面に出て政府主催でやるといっていた公約を見送り、その後、国有化した尖閣諸島への公務員駐在も見送りました。
そして今回、韓国を国際司法裁判所へ単独提訴するのを見送り、大統領の替わる韓国との関係改善を見出そうとしています。
 
今安倍政権が重点を置いているのはデフレ脱却などの経済立て直しと震災本格復興に邁進して実績を作り上げ、参議院選のねじれ解消を狙っているのは間違いないでしょう。本格始動はそれ以降であると。
 しかし、韓国大統領による竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求不敬発言など、日本人としては到底許せない韓国への歩み寄りをみせる安倍総理の姿勢は何だ。
 
当然、安倍総理は今までの公約で掲げた方針転換をする気はないでしょうし、これらを「方向転換して公約破りだ」と解釈するのはマスコミの思うつぼであり早計であるでしょう。
 
保守層の言わんとしていることは手に取るように理解しているのは誰よりも安倍総理本人でありましょう。さすがに腹の中は口にして言えるわけがありませんから、保守層は安倍総理の腹の中を理解せねばなりません。
 
そこで今回の件は、まずは日本を取り巻く各国に対する外交メッセージとして韓国に「理解せよ」と発しているのでしょう。韓国という国の位置は日本にとっては”のど元に突きつけた刃物”のような存在で、過去、先人たちは韓国が他国に侵略されるのを防ぐために日清、日露戦争を戦ってきたのです。
 
この韓国がただでさえ反日として歴史観が合致しているシナ、ロシア、北朝鮮と共謀して日本包囲網とされては、とても日本は領土を含め状況不利で厄介になるだけで、しかもその間に国内からも“安倍潰し”の反日マスコミがここぞとばかりに反撃してくるのは目に見えています。それをされてはさすがに苦しくなることでしょう。
 
しかし、そこまで深く読めず、ものごとを見た目だけで判断する韓国は“安倍メッセージ”を正しく理解することはできないでしょう。出来なければ韓国はシナなどに利用されるだけであります。
 
日本を正しく強い国にしていく安倍総理には敵が多いですが、それは如何に日本がおかしくなっているかの証でもあります。しかし、ここで安倍総裁を潰せばいつまで経っても日本は戦後体制のままであります。
これら一連のニュースで保守層がどういう選択をするかは各々の考えでしょうが、私はまだまだ安倍総理を信じるべきであると思うところであります。
 
・・・・・・ 
人気ブログランキングに参加しています。
  今はまだ安倍内閣を静観すべきだ、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

提出見送りと思われてた「人権侵害救済法案」 今国会に提出される流れになりつつあると聞いた…自民・山本一太氏


\?\᡼\? 3


↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4

↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m


山本一太 @ichita_y
いったんは政府内で提出見送りが決まったと思われていた「人権侵害救済法案」(旧人権擁護法案)が、
急遽、今国会に提出される流れになりつつあると聞いた。事実だとしたら、要注意だ。

人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)については、政府内でも慎重意見があったはずだ。民主党の

保守系議員も批判している。にもかかわらず、いったんは提出見送りに傾いていた流れが逆転したと
すれば、水面下でかなり大きな力が働いたとしか考えられない。誰が動いているのだろうか?!

▽Twitter…山本一太

https://twitter.com/#!/ichita_y

イメージ 1

この法案提出(成立)こそが民主党政権の最大の意義であり居座る理由


流石朝鮮民主党
もしくは
中国共産党日本支部だな


地震が起きようが
原発が爆発しようが
竜巻で大被害が出ようが
上水道に毒物が入ろうが
いつまでも動かない民主党が
この件だけにはすばやく対応するあたり
どう考えても売国政党確定ですね



人権保護の名の下にナンボでもこじつけで犯罪をでっち上げられる

治安維持法も裸足で逃げ出す恐るべき悪法
売国民主党共々二度と世に出て来ない様
完全に粉砕するべき!!

ほおって置けば
間違いなくこの国は
チベットやウィグルと同じ運命を辿るぞ!!




\?\᡼\? 3


↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4

↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m


転載元転載元: 日々のストレス溜まりまくり

先日ゲンダイネットで、TPPを推進している経団連の米倉会長の会社である住友化学が、アメリカのモンサント社と提携していることが報じられていました。これはTPP参加によって遺伝子組換え商品の表示義務が撤廃されることを見越して、ボロ儲けするためだと書いてありました。

このモンサント社について、動画がありましたので、見ていただきたいと思います。



この動画の内容を、忙しくて見られない人のために少しお話しします。


モンサント社は、バイオテクノロジー企業ですが、この会社は、かつてベトナム戦争で、アメリカ軍が使用して問題になった枯葉剤を製造した会社です。また多くの環境や健康への悪影響をもたらす商品で、もっとも問題の多い会社ともいわれています。

枯葉剤のほかにも牛成長ホルモン、人工甘味料アスパルテーム、さらにはPCBで問題を起こしています。この会社は、利益優先で、安全性の確認のための実験結果を捏造したり、データ改ざんをしたり、いろんなあくどいことをしている会社です。

PCBは電気製品の冷却材や、潤 滑剤として使われていましたが、1980年に製造販売が禁止されました。そしてモンサント社は数十年間にわたって環境汚染を隠蔽していたことが分かりまし た。アラバマ州アニストンではPCBを草地に埋めたり、小川に流したりして、住民に多くの被害が出ました。がんなどの病気で亡くなった人も多いそうです。

モンサントは政府にも住民にもこうしたことを隠しており、利益のためなら、一円たりとも経費を無駄にできないという内部文書もあるほど、人体への悪影響よりも利益優先主義でした。

し かもこれを知った政府は、住民側よりもモンサント社の側へ付いたというのです。そして、裁判の結果、モンサント社は五億ドルを住民側へ支払うことになりま したが、企業の幹部役員は一人も告訴されませんでした。アメリカでは、企業の幹部が罪を問われることはありません。何年も経って、住民へ賠償金を払うとき には、何年ものあいだの膨大な利益のほんの一部が払われているにすぎないのです。これでは企業はあくどいやり方をやめようとはしないでしょう。

さらには、この特定地域から、大気や水の汚染によってPCBが世界中に拡散してしまい、いまや世界中のすべての人や動物が、しろくまやペンギンまで、このPCBを体内に蓄積するようになってしまったという話です。

ところで、このモンサント社は、今ではあの枯葉剤の成分も入っていると言われるラウンドアップという強力な除草剤と、その除草剤に耐性を持つ遺伝子組換えを行った作物の種子(ラウンドアップレディ)をセットで売るという商売を世界中でしています。

アメリカの大豆農家は、最初にラウンドアップという除草剤を農地に撒いて、そこに遺伝子組み換えの大豆の種を蒔けば、一年間雑草は生えてこず、雑草を刈る重労働から解放され、経費も節約になると言います。

しかし、これほどの強力な除草剤を撒いて育てた大豆が安全であるかどうか、非常に疑問があります。アメリカでは遺伝子組換え商品であることの表示は禁止されているので、消費者はそれを判別することもできずに買わなければなりません。

今 では90%の大豆農家がこの遺伝子組換えの大豆を作っているそうです。さらにこの遺伝子組換えの大豆は知的財産として特許が取られているため、作物として 収穫された大豆を手元において、来年の種子として使うことはモンサント社によって禁止されており、農家は、毎年、種をモンサント社から買わねばなりませ ん。

種 を手元においておくと、モンサント社の遺伝子警察と呼ばれる係がやってきて、農家を訴え、農家を倒産に追い込みます。このシステムは、今や世界中でモンサ ント社の遺伝子組換えの種子を輸入する農家に使用されていて、モンサント社は世界の種子を支配することを目指していると言われます。

モンサント社はアメリカの政界にコネを持ち、またアメリカのFDA(食品医薬品局)のような政府機関にもモンサント社から人材を入れており、こうした政府機関と会社のあいだの人材の行ったり来たりの移動は回転ドアと呼ばれて、自社の都合の良い政策や認可を引き出します。

モ ンサント社の遺伝子組換えの安全性に疑問を持ったり、その危険に気づいて研究したり、発表すると、その研究機関や施設を解雇されることもよくあり、またそ うした科学者の信用を失墜させるためには、あらゆるネガティブなプロパガンダを行なって、嫌がらせのようなこともします。

アメリカで、遺伝子組換えの大豆が、安全であると認められることになった、ある科学者の実験論文は、およそ科学実験とは言えないほどのお粗末なもので、その中で実証されたものはないというくらい、曖昧な結果を、安全であると結論づけた論文でした。
その実験に使われたラットも、年老いたラットを使ったりしていたそうです。

FDA内部の多くの科学者は遺伝子組換えの危険性を訴えていた人が多かったそうですが、FDA上 層部は、それを隠し、全員の科学者が安全だと一致したという捏造をして、認可したそうです。アメリカの当時の共和党内閣(前ブッシュ)は、遺伝子組換えの バイオテクノロジーが経済を活性化させる大切な産業となると考え、多少安全性に問題があってもあまり厳しくしないほうがよいという方針で、世界に先駆け て、バイオテクノロジー企業を後押ししました。

インドでは綿花の栽培が盛んですが、この綿花の種子をモンサント社の遺伝子組換えのBTワタという、蛾の幼虫に強い種子を輸入したのですが、このBTワタが、病気にかかり、枯れてしまうという被害が出ており、そのために、綿の農家は収入を絶たれることもあり、自殺者が後を絶たない状態になっています。ところが、農家はBTワタ以外に綿の種子を手に入れることができないそうです。

モンサント社の世界支配は世界の種子を支配し、その結果世界の食料を支配するという、恐るべき戦略です。世界中の種子を遺伝子組換えにしようとしていると言われます。

この遺伝子組換えの種子が、今では自然の従来の種子と交配して、従来の種子が汚染されるという問題も起きているようです。お化けのような歪な花や実がなったりしている場合もあり、安全性にもかなり疑問が多いようです。

いったんモンサント社の種子を使い始めたら、モンサント社の除草剤等有害な薬剤を使わざるを得なくなり、それを拒否する小規模農家への圧力、嫌がらせはひどいものがあるそうです。このような企業が、TPP参加の後には、日本へ進出してくることは確実だといえるでしょう。 

転載元転載元: 日本の感性をよみがえらせよう

三橋貴明さんのブログで見つけたゲンダイネットの記事です。この人のやったこと、ひどすぎるんじゃないでしょうか。まさに国を売る行為では?



【TPPの真実】

TPPの黒幕 経産省女性官僚がやったコト

【政治・経済】

2011年11月21日 掲載

国を売るのか!

<慎重派が呼んで吊るし上げ>

マイクを握り、身ぶり手ぶりで説明する女性官僚。彼女こそ、いま、TPPの黒幕と呼ばれる宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)である。

なぜ、彼女が黒幕と呼ばれるのか。
日米で言った言わないでモメている野田首相発言、「日本は全ての物品サービスを(TPPの)貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」というセリフ。これは経済産業省が事前に用意したペーパーに書かれていて、これを作成したのが宗像なのである。
問題のペーパーはAPECのためにハワイに先乗りした枝野経産相にカーク米通商代表との会談用として渡された。たまたま枝野に密着していたテレビが映したことで、存在がバレた。その後、枝野はカーク通商代表との会談に臨み、あとからハワイ入りした野田首相はオバマ大統領と会談、交渉参加に向けた協議に入ることを表明した。枝野も野田もペーパーに書かれているような発言をしていないと言うが、米国は、野田がこのペーパーに沿ったセリフを表明したと発表。で、宗像は与野党のTPP慎重派から吊るし上げを食らっているのである。
「18日に開かれた民主党の慎重派の勉強会にも呼ばれて、経緯を聞かれていました。宗像氏は首相の会見前に用意した発言要旨だったとし、首相の会見のあと、その趣旨を反映させたものに差し替えなかったため、ペーパーが残ってしまったと言い訳しました。でも、外形的にはTPP参加の旗振り役である経済産業省が極めて前のめりの参加表明文書を作り、それが米国に伝わって、日本の見解として発表されてしまったとしか見えない。それに対して、日本は訂正すらも求めていないのだから、おかしな話です。本当に差し替える気があったのか。経産省が交渉で、そう言わせようとしたのではないか。枝野氏はその通りの発言をしているのではないか。疑惑は尽きないし、“違う”と言うなら、枝野大臣とカーク通商代表との議事録を公表するか、『米側の発表は誤り』と日本から声明を出すべきです。宗像氏本人か、上司か、大臣か。誰かが責任を取らなければ、慎重派も収まらないと思います」(ジャーナリスト・横田一氏)
今回はたまたまTVが映像を撮っていたからよかったものの、それがなければ、交渉の裏で役人が勝手に何をやっているかわかったもんじゃない。そう思うと、ホント、日本の官僚は恐ろしい。
宗像氏は東大法卒、ハーバードでMBAを取得した後、1984年通産省に入省した。通商経済政策局経済協力課、総務課課長補佐などを経て、ブルッキングス研究所やジョージワシントン大で研究をした。新自由主義に染まった役人の身勝手な暴走は許されない。

転載元転載元: 日本の感性をよみがえらせよう

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事