全体表示

[ リスト ]

 大東文化大学の入試課から、ていねいな手紙をいただいた。なんと、2007年度の大東文化大学の入学試験に、拙著『漢文の素養』の「はじめに」と「あとがき」の文章が出題されたとのこと(中国学科、小論文)。実際に問題文も添えてあった。
 拙著から引用していただいたことは、とても光栄に感じるが、受験生のかたに大変申し訳ないような・・・(^^;;
 ちなみに問題は、「問一 右の文章の大意を二百字以内で書きなさい。」「問二 右の文章を読んであなたが考えたことを六百字以内で書きなさい。」というものだった。自分で解いてみようかな、と思って、ちょっと考えてみたものの、1分で頭が痛くなって挫折してしまいました(^^;;

 数年前、群馬県の公立高校の国語の入試問題で、やはり拙著『漢文力』から出題されたときも、群馬県の高校受験生に対して、申し訳ないような気がしてしまった(群馬県が作った設問は、とてもよくできた良問だったと思うけれど)。

 今日「日中二千年 漢字のつきあい」というキーワードで検索したら、以下のブログがヒットした。
http://fukuma.way-nifty.com/fukumas_daily_record/2007/04/nhktv_6695.html
 見知らぬかただが、「まだ番組は始まってないが、書店でガイドブックが売られているのを見つけて読んだところ、あまりに面白くてその場で買ってしまった。」とお書きくださっているのは、とても嬉しい。でも、明日の夜の第一回の放送を見た視聴者から、ひょっとして「こんな番組とは知らなかった。テキストを先に買って損した」という声が出ないかどうか、と、今からちょっと心配である。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事