全体表示

[ リスト ]

以下、 https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/41430/ より引用(2017/8/12閲覧)

ジャンル 世界を知る コード330317
西太后 ― 大清帝国の興亡

曜日 金曜日
時間 13:00〜14:30
日程 全3回 ・11月17日 〜 12月01日
(日程詳細) 
11/17, 11/24, 12/01

目標
・歴史の真実を知る面白さを学ぶ。
・現代と近未来の問題を歴史をヒントに考える。
・今も昔も変わらぬ中国社会の特徴を理解することで、日本社会への教訓を得る。

講義概要
 現代中国の原点は、清朝の時代にあります。中国人の心情的な国家戦略を一言でまとめると「中国の世界における存在感を、清朝の時代に戻すこと」に尽きます。
 19世紀初頭の清朝は、世界一の超大国でした。当時の中国の推定GDPは全世界の三分の一を占めていました。世界中の銀が、中国を中心に流通し、清朝の領土は、歴代王朝で最も広大でした。しかしながら19世紀の2つの戦争、アヘン戦争と日清戦争での敗北によって、中国は弱国に転落し、長い屈辱の時代に入りました。現代中国が抱える領土問題も、民族問題も、「反日愛国」も、その直接の起源は清朝にあるのです。
 残念ながら、日本人の中国史理解は漢や唐など古典期が中心です。現代と未来を理解するうえで不可欠な近世の中国について、一般の日本人はあまり知りません。
 本講義では、皇太后として半世紀の長きにわたり清末の中国に君臨した西太后をキーパーソンとして、清朝と現代中国の本質を、わかりやすく解説します。西太后は本当に「悪女」だったのか。中堅官僚の平凡な家に生まれた彼女が、なぜ、人口四億の大清帝国に君臨することができたのか。なぜ清は短期間のうちに超大国から弱国に転落したのか。……清の衰亡と、現代中国の急成長は、ともに同じ中国社会という土壌から生まれた歴史的現象であり、実は表裏一体なのです。
 中国と日本の未来を考えるうえで、清末の歴史を理解することは、とても有用です。講義にあたっては、写真やビデオなども豊富に使い、わかりやすく説明いたします。

各回の講義予定
日程  講座内容
1 11/17 中華帝国の完成態としての清朝  
2 11/24 西太后の栄光と悲惨  
3 12/01 清朝が残したもの
 
ご受講に際して(持物、注意事項)

◆あらかじめ参考図書(拙著『西太后 ― 大清帝国最後の光芒』中公新書)をお読みくださると、より理解が深まると思います。

テキスト・参考図書 参考図書
『西太后 ― 大清帝国最後の光芒』(中公新書)(ISBN:978-4121018120)

講師紹介 加藤 徹 明治大学教授
1963年、東京生まれ。東京大学中文科を卒業後、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。文学修士。専門は京劇(中国の伝統演劇)。著書に『京劇』(中公叢書、2002年度サントリー学芸賞受賞)、『西太后』(中公新書、2005年)その他がある。

コード 330317 定員 24名 単位数 1
会員価格 受講料  \ 8,748 ビジター価格 受講料  \ 10,060

(引用終わり)


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事