街道巡行「道標(みちしるべ)便り」

道標を訪ね、古の街道を歩いた記録です。

奈良県の道路元標−添上郡の3基−

添上郡の北東部、大柳生、柳生、月瀬の3村の元標を確認した。

イメージ 1
イメージ 2

設置:添上郡大柳生村大字大柳生
    田中橋東詰
現在:奈良市大柳生
    田中橋の東詰
撮影:2017/7/28

最初に設置された時の田中橋は、現在の橋の上流で、木の橋だった。昭和初期、現在の橋の東詰に移設され、下部はなく、上部のみ。(上田倖弘氏による)。
ガードレールの影に隠れている。



イメージ 3
イメージ 4

設置:添上郡柳生村大字柳生下
    郵便局前
現在:奈良市柳生
    柳生郵便局南・柳生駐在所北の交差点北詰
撮影:2017/7/31


柳生駐在所前より、北(笠置)方向に観る
元標は、交差点の北角の電柱に沿って立つ


イメージ 5
イメージ 6

設置:添上郡月瀬(つきせ)村大字尾山
    村役場前
現在:奈良市月ヶ瀬(つきがせ)尾山
   「尾山」バス停前
撮影:2017/6/28

元標の背景の木の奧に、奈良市になる前の月ヶ瀬村役場が見える。設置時、月瀬村の役場の跡は、現役場の駐車場になっていた。


道標探索から、「奈良県の道路元標」探しに、道草をしていました。

上田倖弘氏が調査し、確認された69基の中で、事情でまだ訪ねていない2基(生駒郡南生駒村、吉野郡下北山村)は、訪ねる機会があれば、報告したい。



.


みんなの更新記事