続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

    2014年9月30日(火)
 
  今、新潟県湯沢町の湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」にいます。場所は上越新幹線越後湯沢駅の北約400メートルです。
 
  今いる展示室の様子です(写真①)。
イメージ 1
 
  一番上は「ぱいすけ」と呼ばれる運搬具の天秤棒です。この写真からははみ出していますが、竹製の浅くて丸い竹の籠に土や砂利を入れて運びました。中央は重量級の竿秤です(写真②)。
イメージ 2
 
  右端が写真②の「ぱいすけ」の籠です。こういうの、どこかで見たことがありますね。フルイ、小型の竿秤と分銅、下の方の棒は「ばい棒」と呼ばれ、収穫した豆やソバを叩いて脱穀しました(写真③)。
イメージ 3
 
  この写真の上は「ばい棒)、下の棒きれは「豆突き棒」と呼ばれ、田の畦に豆を植えるときにこの棒を土に突き刺して穴を開け、そこの豆をまきました(写真④)。
  左手にはフルイがあります。フルイは今でも重要な農具です。籾とゴミの選別や目の粗さを換えて穀物の選別などを行いました。今でも家で花を植える際、鉢の土作りの作業に欠かせません。
イメージ 4
 
  唐箕です(写真⑤⑥)。 ハンドルを回せば簡単に作業ができそうですが、実際に選別をするときはそれなりの慣れが必要です。やみくもに風を起こせばいいというものではありません。
イメージ 5
 
  さて、実りの秋を迎えました。
  「はって架け」という作業をしています。稲架(はざ)と呼ばれる木組みに収穫した稲の束を掛けて乾燥させます。
  稲架は横一列のものもありますが、こういう上に高いものもあります。頑丈に作らないと強風で倒伏します(写真⑦)。常設したものもあり、子供の遊び場にもなりました。
イメージ 6
 
  昭和15年に撮られた写真で、収穫した稲を運んでいます(写真⑧⑨)。
イメージ 7
 
イメージ 8
 
  稲架の前の女性達です(写真⑩)。
イメージ 9
 
  子供達も手伝いました(写真⑪)。
イメージ 10
 
  いい顔してますね(写真⑫)。
イメージ 11
 
  簑とスゲ笠です(写真⑬⑭)。
イメージ 12
 
イメージ 13
 
  壁際にあるのは小型の稲架です(写真⑮)。
イメージ 14
 
  米俵です(写真⑯)。下段2個は60キロ入りですが、上の方は少し小さいと思います。
イメージ 15
 
  中央はワラ細工の敷物、左下は鉄瓶敷き、右下は鍋敷きです(写真⑰⑱)。今はこういう大きな敷物が作れる人も減ったことでしょう。
イメージ 16
 
イメージ 17
 
  続く
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事