続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]


 新しい元号が令和と決まりました。一部メディアはいつものようにけちを付けていますが、大方の国民にはとても響きがよく雅やかで、今までのような儒教臭さもなく、世界で一つだけの花を咲かせる国にふさわしい元号だと受け止められたようです。

 さて、過日、最後まで残っていた新テッポウユリの苗を定植しました(写真①)。8月頃には小さめの花が咲くと思います。
イメージ 1

 ふと本宅南側の花壇を見ると、ギンギアナムの株が埋もれているのを見つけました。以前、プランターや鉢を大整理したときに置き場に困ってここに仮植えしたのを思いまだしました(写真②)。
 右にボケの木、手前にはガクアジサイの株があるので半年もすると藪の中で枯れそうです。
イメージ 2

 掘り起こすとこの通りでした。まだ何とかなりそうでした(写真③)。
イメージ 3

 ギンギアナムはラン科でデンドロビウムの仲間で、とても美しい花を咲かせます。前からあった鉢植えも一緒に植え替えることにしました。時期はあまり適切ではありませんし、大体、ランの仲間は気むずかしくて扱いにくいのです。
 水苔などはないので、赤玉土とバーク堆肥を詰めて鶏糞を少し混ぜた鉢に植え替えました(写真④)。
イメージ 4

 4日後の今日、改めてよく見ると4日前にはなかった花芽が出ていました。これは幸運、うまくいけば数年ぶりにギンギアナムの花を見られそうです(写真⑤)。
イメージ 5

 妻がまたカラーの芋を買ってきました。妻はなぜか色つきのカラーの花が大好きなのです。花が白でないカラーは育てるのが難しく、2年目の花を見たことは一度もありません。
 今度こそはと挑戦です。カラーの芋は茎の横から根が出ます。この写真で茎を切った跡がある方を上にして植え付けないといけません(写真⑥)。
イメージ 6

 さて、春の種まきの2回目です。今回は定番のダリアとホウセンカです(写真⑦)。ダリアはサカタで買ったハーレクイン、それにホームセンターで買ったアーリーバードです。ホウセンカは結局蒔きませんでした。
イメージ 7

 ダリアは芋を植える人が多いのですが、芋は高価です。たくさん咲かそうと思えば種から行くのがいいと思います。種から育てたダリアにも芋ができます。左端がダリアです。2袋だと結構な量の種が入っていて、トロ箱一杯になりました(写真⑧)。
イメージ 8

 今日は朝からキュウリとミニトマトの支柱を立てました(写真⑨)。去年は物干し竿を使って台風が来ても倒れない支柱を作ったのです。
 9月の台風21号のとき。支柱は倒れませんでしたがキュウリの葉茎は激しく傷みました。支柱が頑丈なだけでは意味をなさないので今年は簡素なものにしました。
イメージ 9

 アヤメの仲間のイキシア、トリトニア、スパラキシスはほぼ同じ時期に咲きます。これはスパラキシスです(写真⑩)。アヤメの仲間は1年の周期がほぼ同じ、球根も似たものが多く、毎年、植え替えの作業中に混じり合ってしまいます。
イメージ 10

 ケマンソウです(写真⑪)。
イメージ 11

 去年の4月、高知に遊びに行ったときに買ってきた雪餅草ですが、それらしい芽が出てきました(写真⑫)。
イメージ 12

 ギボウシの青い目がたくさん出ました(写真⑬)。今年も大きな株になりそうです。
イメージ 13

 カタクリの花が咲きました(写真⑭)。まあ、去年、球根を受け付けたので今年は咲くでしょう。
 問題は来年です。すぐに葉が枯れるので、枯れるまでの間にどれだけ日に当てて球根を太らせるかということのようです。午前中は多少光の当たるところに置くのがいいでしょうか。
イメージ 14

 暖かくなって雑草の勢いも強まってきました。草むしりの日は続きます。

 完


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事