続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 ゼンマイ採りの様子です(写真①)。
イメージ 1

 撮ったゼンマイを揉んでいるところです(写真②)。
イメージ 2

 よくは分からないのですが、これは煮たゼンマイを天日干しにしているところと思われます(写真③)。
イメージ 3

 往時の結婚式です。花嫁が実家を出発するところと思われます。こうやって見送っていると菓子の袋がもらえたりしました(写真④)。時代は昭和30年代中頃でしょうか。
イメージ 4

 瞽女(ごぜ)だと思われます(写真⑤)。
イメージ 5

 猟師です(写真⑥)。
イメージ 6

 ここに来る前に見学してきた佐藤家住宅です(写真⑦)。資料館から車で3分ですし、重要文化財ですから先にここに来た人は是非立ち寄ってください。
イメージ 7

 魚沼市指定文化財の守門神楽です(写真⑧)。これは獅子舞のようです。
イメージ 8

 同じ守門神楽ですが、踊っているのは天狗です(写真⑨⑩)。
イメージ 9

イメージ 10

 おかめ人形のような感じの踊り手です(写真⑪)。
イメージ 11

 何かの雑誌の1頁です(写真⑫)。手前の刀を持った武士に襲われた高貴な武士が反撃しているという場面のようですが、どういう人物なのか分かりません。
イメージ 12

 右端は藤原義孝です(写真⑬)。そんな人知らないという人でも小倉百人一首に入っている次の歌の作者と聞けば見当がつくでしょう。

 君がため 惜しからざりし 命さえ 長くもがなと 思ひけるかな
イメージ 13

 さて、5珠2つ算盤が登場しました(写真⑭)。現在の算盤に近いものは2世紀に中国で発明され、15世紀までには日本でも使われるようになったそうです。
 その頃の算盤がこの天2、地5の算盤で、明治になると天の1個が省略され、さらに昭和10年から地も一つ減って現在に至っています。
イメージ 14

 5珠2つ算盤の教則本がありました(写真⑮⑯⑰)。これを見ると計算途中はすべて珠を動かしていて、暗算部分がないので却って分かりやすかったかもしれません。ただし、計算時間は多くかかったでしょう。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事