続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 オリンパス製のレンジファインダーカメラです(写真①)。かなり大きいのでいわゆる大判カメラだったかもしれません。
イメージ 1

 こういう計算機、見たことがあるでしょう。昭和30年代から40年代にかけて使われました。昭和40年代後半になると電卓が急速に普及したため、一気に姿を消しました。
 若い頃に倉庫の奥から見つけ出して動かしたことがありますが、機械なので使い方が分からないとただの金属の塊です(写真②)。
イメージ 2

 各種秤です(写真③)。
イメージ 3

 こういうバネ秤、見たことがありますか(写真④)。
イメージ 4

 取っ手がついている枡です。量り売り用に使われたと思います(写真⑤)。
イメージ 5

 さて、こういう展示になりました(写真⑥)。農家の囲炉裏の部屋です。時代は大正から昭和の初め頃というところでしょうか。例によって詳しく紹介しましょう。
イメージ 6

 8角形の柱時計です(写真⑦)。
イメージ 7

 「まみの」という名札がついています。簑と言えば作業用や旅行用の雨具、防寒具ですが、これは上等なもので和服の上に着たそうです。
 と言っても使われたのは明治初期までだそうです(写真⑧)。右はシュロ製の防寒帽です。
イメージ 8

 つぐらです(写真⑨)。昔の保育器です。子供が少し大きくなると転がる危険がありました。あの野口英世がやけどをしたのもこれが原因でした。
イメージ 9

 普通の竹籠のようです(写真⑩)。
イメージ 10

 肘掛けもありました(写真⑪)。
イメージ 11

 横から見た囲炉裏の自在鉤です(写真⑫)。
イメージ 12

 これは火棚とか火格子と呼ばれます。本来は火の粉が上に上がるのを防止するためのものですが、ものを乾かしたり燻製にしたりするのによく使われました(写真⑬)。
イメージ 13

 自在鉤の機能の中枢部となる横木です。左側の紐をてこの原理で締め付け、鍋と火の間隔を調整するのです。
 横木は文字通り木片の場合もありますが、こういう魚の格好をしているものも多いです。装飾としても見栄えするし、魚は水に住むので防火に役立つという縁起担ぎなのでしょう(写真⑭)。
イメージ 14

 囲炉裏です。金属の覆いがあるのはなぜでしょうか。それこそ、子供の転落防止のためでしょうか。こういうのは初めて見ました(写真⑮)。
イメージ 15

 次回は囲炉裏の周りにあるものを紹介しましょう。

 続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事