続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 囲炉裏のある部屋にいます。羽釜がありました(写真①)。テレビではこういうかまどで焼いたご飯が特においしいとか、我が社の電気炊飯器はかまどに負けないなどと喧伝されています。
 まあ、素人では判断がつかないでしょう。それにしても電気炊飯器が高くなりすぎましたね。今のが壊れたときは安いのを試してみようと思います。
イメージ 1

 鉄瓶と柄杓です(写真②)。
イメージ 2

 右は付け木、左は木を薄く削って付け木を作るカンナのような道具です(写真③)。
イメージ 3

 付け木の解説です(写真④)。明治以降はマッチが普及していくのですが、田舎では戦前までこういう付け木も併行して使われたようです。
イメージ 4

 棚の上には提灯箱、横木を付けて紐と木の枝で色々なものを吊せるようにしてあります。今だと百均店で売っていそうですが、往時はこういう鈎を自然の木の枝で作りました(写真⑤)。
イメージ 5


 柴がありました。左の黒いのは自在鉤です(写真⑥)。
イメージ 6

 燭台とハエ叩きです(写真⑦)。今は普通ではハエを見かけることはありませんが、鶏糞などを庭に放置するとすぐにハエが寄ってきます。今でもどこかにいることはいるのです。 
 鶏糞の一部を地上に露出したままにしておいたところ、ウジがたくさんわいてびっくりしたこともあります。
イメージ 7

 見たことがないという人も多いでしょう。裁縫の道具でくけ台といいます(写真⑧)。
イメージ 8

 優雅な感じの鉄瓶です(写真⑨)。
イメージ 9

 これが何であるか分からなくなりました。餅箱かな。上の甕には何を入れたのでしょう(写真⑩)。
イメージ 10

 「袖無し」です。半纏のような大きな筒袖がないので動くのにとても便利でした。今でも同型のものが普通にありますが、多くはベスト、チョッキなどと呼ばれ、袖無しと呼ばれることは稀のようです(写真⑪)。
イメージ 11

 草履の一種だと思われます(写真⑫)。ワラ製だと降雪時の防寒用には間に合ったでしょう。
イメージ 12

 こういうわら靴、魅力的です。時々雪国の行事の中継でこれを履いた女の子が登場しますが、そのときだけは寒いところだというのを忘れて、こういうものも履きたいなと思います(写真⑬)。
イメージ 13


 煤(すす)で真っ黒になった神棚です(写真⑭)。
イメージ 14

 須原村と書かれた提灯箱です。高張りとは長い柄の先に付ける提灯のことです(写真⑮)。どうも消防の装備品だったようです。
イメージ 15

 囲炉裏の部屋の紹介はこれで終わりです。次に行きましょう。

 続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事