続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 こういう展示になりました(写真①)。例によって詳しく紹介しましょう。高いところにあるものもあって、名称不明のものもあります。
イメージ 1

 まずは手桶です。  左の黒い箱は名札が向こうを向いています(写真②)。
イメージ 2

 樽、右は角樽です(写真③)。蓋があって密閉できるのが樽です。恐らく酒を入れたと思います。こういう樽詰めの酒、おいしかったことでしょう。
イメージ 3

 楕円形をした蓋と足のついた桶です。両側に付いている耳に紐を通して持ち運んだと思います(写真④)。
イメージ 4

 箱膳と思われます(写真⑤)。
イメージ 5

 こういうお櫃は今も旅館などで現役です(写真⑥)。
イメージ 6

 この白木の箱は何を入れるものだったでしょう(写真⑦)。右は重箱の一種でしょう。
イメージ 7

 曲げ物細工の容器です。フルイだったかメンパのような弁当箱だったか、横から見ただけでは分かりません(写真⑧)。
イメージ 8

 黒塗りのお櫃だと思うのですが違うかもしれません(写真⑨)。
イメージ 9

 左は菓子鉢でしょうか(写真⑩)。右は豆腐箱という名札が付いていました。
イメージ 10

 右は今で言う小さい整理タンスです(写真⑪)。
イメージ 11

 これも整理タンスです(写真⑫)。もう少し大きいと百味タンスになるでしょう。
イメージ 12

 左端は赤鍋というから銅鍋です。それ以外のものは鍋のように見えますが、注ぎ口が付いているためどれも「片口」と呼ばれるようです。
 これがあるとこの容器から直接注ぐときに便利です。しかし、どこかにぶつけてすぐに壊す可能性も大きいでしょう(写真⑬)。
イメージ 13

 色々な什器で一番変わっていないのがこのすり鉢です。残念ながらこのくらい大きなものはもう一般家庭に居場所はないと思います(写真⑭)。
イメージ 14

 すりこ木、柄杓入れ、今川焼きか何かのお菓子を焼く道具です(写真⑮)。
イメージ 15

 手提げ箱です(写真⑯)。同様のものは現在も新品が手に入ります。遊山箱と呼ばれることもあります。
イメージ 16

 岡持ちです(写真⑰)。元々は遊山用ですが、飲食店が発達すると出前用にも使われました。
イメージ 17

 続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事