続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 カンテラがありました(写真①)。手提げ用の灯火具です。光源はロウソクでした。
イメージ 1

 六角形の手提げ提灯です(写真②)。一般の折りたたみ提灯よりは使いやすかったでしょう。行灯というのは動かせる灯火と言うことでしょうから、このまま取っ手の付いた行灯と言った方がいいかもしれません。
イメージ 2

 炭火アイロンがありました。見た格好が蒸気船かラッセル車に似ていてお母さんが使わないときは子供のおもちゃになりました(写真③)。
イメージ 3

 炭火アイロンが普及するまで使われた火のしです(写真④)。先端のさらに炭火を直接入れてアイロンがけをするというものでした。
イメージ 4

 火のしよりも歴史の古い火ごてです(写真⑤)。先端が尖っているため使い勝手がいい場合があり、熱源が電気になった今でも同型が使われています。
イメージ 5

 燭台がありました。先端に釘のような突起物があり、ロウソクを刺しました。ロウソクをできるだけ高いところに置くと部屋が明るくなるからなのですが、転倒の危険も高くなります。おまけにロウソクが無いときは目を突く危険もありそうです(写真⑥)。
イメージ 6

 さて、これは何でしょう。精巧に加工された石です。男根信仰のご神体、すりこぎ棒、ただの飾り・・・、見当も付きません(写真⑦)。
イメージ 7

 こういう展示になりました(写真⑧)。
イメージ 8

 裃(かみしも)と呼ばれる服です(写真⑨⑩)。江戸時代は武家の正装にもなりました。写真のものは上と下が違う生地で作られていますが、こういうものを継ぎ裃と言うそうです。
イメージ 9

イメージ 10

 美しい色の小袖です(写真⑪)。和色の呼び方は様々で、この色が何と呼ばれるか言い当てるのは困難です。
イメージ 11

 洗濯板と盥(たらい)です(写真⑫)。電気洗濯機が登場すると出番が無くなりました。昨今、その洗濯機も持っていない人が増えているそうです。そういう人は洗濯をしないわけではなくコインランドリーを使っているそうです。
 確かに洗濯機は重いし大きいしうるさいしで、独身ならそれも合理的かもしれません。
イメージ 12

 同じ盥でも、これは味噌桶です(写真⑬)。味噌を仕込むとき、煮た大豆をつぶしたものをこの中に入れて塩を入れながらかき混ぜたのです。中にある木の杓文字はその際に使うものです。
イメージ 13

 「味噌カイギ」という名がついた手桶です。味噌を汲むときに使ったとあります。大きな桶から小分けするときに使ったものでしょうか(写真⑭)。
イメージ 14

 面取り機がありました。一般に面取りとは木材などの角を丸面に加工することを言いますが、この道具の上の金属部のどこが刃になっているのでしょう。素人目には分かりません(写真⑮)。
イメージ 15

 往時の火鉢です(写真⑯⑰)。陶器製の染め付け文様の火鉢もありますが、こちらの方が衝撃に強くて丈夫です。見栄えという点では陶器製の方が勝るでしょうか。
イメージ 16

イメージ 17

 鍛冶屋が使っている鞴(吹き子、ふいご)です(写真⑱)。今でも一部で現役のようです。
イメージ 18

 では次に行きましょう。

 続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事