続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全693ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 カンテラがありました(写真①)。手提げ用の灯火具です。光源はロウソクでした。
イメージ 1

 六角形の手提げ提灯です(写真②)。一般の折りたたみ提灯よりは使いやすかったでしょう。行灯というのは動かせる灯火と言うことでしょうから、このまま取っ手の付いた行灯と言った方がいいかもしれません。
イメージ 2

 炭火アイロンがありました。見た格好が蒸気船かラッセル車に似ていてお母さんが使わないときは子供のおもちゃになりました(写真③)。
イメージ 3

 炭火アイロンが普及するまで使われた火のしです(写真④)。先端のさらに炭火を直接入れてアイロンがけをするというものでした。
イメージ 4

 火のしよりも歴史の古い火ごてです(写真⑤)。先端が尖っているため使い勝手がいい場合があり、熱源が電気になった今でも同型が使われています。
イメージ 5

 燭台がありました。先端に釘のような突起物があり、ロウソクを刺しました。ロウソクをできるだけ高いところに置くと部屋が明るくなるからなのですが、転倒の危険も高くなります。おまけにロウソクが無いときは目を突く危険もありそうです(写真⑥)。
イメージ 6

 さて、これは何でしょう。精巧に加工された石です。男根信仰のご神体、すりこぎ棒、ただの飾り・・・、見当も付きません(写真⑦)。
イメージ 7

 こういう展示になりました(写真⑧)。
イメージ 8

 裃(かみしも)と呼ばれる服です(写真⑨⑩)。江戸時代は武家の正装にもなりました。写真のものは上と下が違う生地で作られていますが、こういうものを継ぎ裃と言うそうです。
イメージ 9

イメージ 10

 美しい色の小袖です(写真⑪)。和色の呼び方は様々で、この色が何と呼ばれるか言い当てるのは困難です。
イメージ 11

 洗濯板と盥(たらい)です(写真⑫)。電気洗濯機が登場すると出番が無くなりました。昨今、その洗濯機も持っていない人が増えているそうです。そういう人は洗濯をしないわけではなくコインランドリーを使っているそうです。
 確かに洗濯機は重いし大きいしうるさいしで、独身ならそれも合理的かもしれません。
イメージ 12

 同じ盥でも、これは味噌桶です(写真⑬)。味噌を仕込むとき、煮た大豆をつぶしたものをこの中に入れて塩を入れながらかき混ぜたのです。中にある木の杓文字はその際に使うものです。
イメージ 13

 「味噌カイギ」という名がついた手桶です。味噌を汲むときに使ったとあります。大きな桶から小分けするときに使ったものでしょうか(写真⑭)。
イメージ 14

 面取り機がありました。一般に面取りとは木材などの角を丸面に加工することを言いますが、この道具の上の金属部のどこが刃になっているのでしょう。素人目には分かりません(写真⑮)。
イメージ 15

 往時の火鉢です(写真⑯⑰)。陶器製の染め付け文様の火鉢もありますが、こちらの方が衝撃に強くて丈夫です。見栄えという点では陶器製の方が勝るでしょうか。
イメージ 16

イメージ 17

 鍛冶屋が使っている鞴(吹き子、ふいご)です(写真⑱)。今でも一部で現役のようです。
イメージ 18

 では次に行きましょう。

 続く


 朝晩は寒いと感じる日も終わり、一年で一番いい季節になりました。今年は種まきで苦戦し、キュウリに連作障害が出て大変です。

 春の花たちのうち、ストックとアネモネがぼつぼつ終わりを迎えています(写真①)。
イメージ 1

 マーガレットは満開です。追いかけるように右下でシャクヤクが頑張っています(写真②)。
イメージ 2

 中央のアルストロメリアが盛り上がってきました。左端のヒペリカムはやっと葉が出そろいました(写真③)。
イメージ 3


 フリージアはとてもいい花です。花期は長く、甘く香しい匂いがします。 道を通るだけでそれと気がつきます。
 今年の6月の植え替え時には他のアヤメ類を減らしてフリージアを増やすことにしました(写真④)。
イメージ 4

 いつもより咲くのが遅くて気を揉んでいたアグロステンマがやっと咲き始めました(写真⑤)。
イメージ 5

 牡丹ももうすぐ咲きそうです(写真⑥)。
イメージ 6

 さて、2週間前にキュウリの苗を植え、1週間前に早々と支柱を立てネットを張った畑ですが、今年は激しい連作障害が出て苗は育ちませんでした。連作障害対策はそれなりにしたつもりなのですが。
 写真が白黒なのはカメラを撮影途中でいじっている内に誤ってモノクロに設定変更したようです。もう二度と同じ写真は撮れませんのでそのまま掲載します(写真⑦)。
イメージ 7

 このままで今年は太くておいしい木なりの完熟キュウリが食べられません。思い切って支柱や網を全部撤去し、改めて土壌改良をすることにしました。
 底まで深く耕し、苦土石灰、再生材、堆肥、鶏糞を混ぜました。思いつくたびに土を日に何度も耕し、土を日に当て風にさらします。2週間もすれば連作障害が防げるかもしれません(写真⑧)。
 この後、ホームセンターに行って連作障害を防ぐ土壌改良材を探すことにしました。
イメージ 8

 萩の根元から新芽が出ました(写真⑨)。
イメージ 9

 
ジャーマンアイリスもつぼみが割れました(写真⑩)。
イメージ 10

 去年、山から取ってきて植え付けたウラシマソウですが、無事に育ちました(写真⑪)。
イメージ 11

 その横にあるのがこのユキモチソウです(写真⑫)。去年、高知に遊びに行ったときに買ってきたものです。咲くかどうか心配だったのですが、まずは一安心です。
イメージ 12

 種まきは苦戦が続きます。例年よりも、芽の出が遅いのです(写真⑬)。しびれを切らして2番手を蒔くとどちらも育って始末に困ったこともあるのでしばらく待つことにします。
イメージ 13

 3月に植え替えたギンギアナムですが、何と花芽が出てきました。何年かぶりにあの美しい花が見られるかもしれません(写真⑭)。ギンギアナムはランのデンドロビウムの仲間です。
イメージ 14

 
アマドコロがひっそりと咲きました。ナルコユリと呼ばれることもあるようです(写真⑮)。静かで控えめでいいですね。
イメージ 15

 あちこちで朱色のクンシランの花を見かけるようになりました。我が家のクンシランもちゃんと咲きました(写真⑯)。日陰の花と言うにしては派手な趣ですね。
イメージ 16

 

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 蠅取り器がありました(写真①)。くみ取り式の便所が当たり前だった頃、蝿は身の回りにたくさんいました。今は一見、どこにもいないように見えますが、試しに賞味期限の過ぎた肉を外に放置するとたちまち蝿が集まってきます。昔ほどではありませんが、蝿もちゃんと命を繋いでいるのです。
イメージ 1

 中央は徳利、両側は銚子です(写真②)。
イメージ 2

 これは何だったでしょう。鰹節削りでしょうか(写真③)。
イメージ 3

 再び櫓付きの行火です(写真④)。
イメージ 4

 ダルマ様がこちらを見ています(写真⑤)。
イメージ 5

 ダルマ様の後ろに回るとこうなっていました。火鉢だったのです(写真⑥)。
イメージ 6

 火鉢とも行火(あんか)とも言えそうな感じです。名札は行火となっています(写真⑦)。上に覆いがあるのはすべて行火と言うことかもしれません。
イメージ 7

 典型的な行火です(写真⑧)。
イメージ 8

 これは覆いがかなり進化した行火のように見えます(写真⑨)。
イメージ 9

 これは何でしょう。名札が横を向いていて読めません。小さめの鋳物製コンロだと思います(写真⑩)。
イメージ 10

 灯油ランプです(写真⑪)。
イメージ 11

 これもよく分かりません。魚焼き器でしょうか(写真⑫)。
イメージ 12

 「穀用18リットル」という焼き印がある円筒形の枡です(写真⑬)。いわゆる一斗枡です。
イメージ 13

 中央は純良氷醋酸20リットル入りの甕です。工業的に作られたもののようですが、用途は何だったでしょう。調味料ではなさそうです(写真⑭)。奥には甕があります。
イメージ 14

 焼酎を入れる甕です(写真⑮)。焼酎、おいしいですね。
イメージ 15

 「月花催茶席」と彫られていて、茶釜で湯を沸かす火鉢だと思われます(写真⑯)。
イメージ 16

 続く

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。
 中央は蒸し器です(写真①)。
イメージ 1

 こね鉢です(写真②)。そば、うどん、団子などをこねるのに使われました。
イメージ 2

 大小のこね鉢です。大きいほど使いやすいですが、ものや量によっては小さい方が便利なときもあります(写真③)。
イメージ 3

 各種ザル、うどん上げなどです(写真④)。
イメージ 4

 羽釜と釜敷きです(写真⑤)。
イメージ 5

 羽釜の中に入っていたのは大きな杓文字でした(写真⑥)。こういう大きな釜で炊きあげたご飯、おいしかったでしょうね。
 今の電気釜もとても性能が向上しましたが、その分、これが炊飯器かと思われるくらい高価なものになりました。一時期、中国人に大変な人気があったようです。
イメージ 6

 これは移動式の鋳物製かまどです。コンロと言った方がいいでしょうか(写真⑦)。こういうものも災害等に備えて備えておくといいでしょう。石油コンロの方が使いやすいかもしれません。
イメージ 7

 これは手桶の底です。桶の部分は無くなり、何か書かれている底だけ残ったようです(写真⑧)。
イメージ 8

 わざわざ、書かれていた詩の解説までありました(写真⑨)。どうも俳句が3句書かれているようです。
 江戸時代は俳諧がとても盛んでした。今、テレビのプレバトの夏井先生が人気ですが、これで多くの人が古い俳句も鑑賞できる教養を身につけることができれば素晴らしいことと思います。
イメージ 9

 飾り気の無い昔のラジオです(写真⑩)。
イメージ 10

 一種のザルです(写真⑪)。
イメージ 11

 これは箕のような格好をしていますが、使い勝手がいいので台所まで進出したと言うことでしょう(写真⑫)。
イメージ 12

 湯たんぽです(写真⑬)。
イメージ 13

 一斗枡です(写真⑭)。俵には4斗入り、現在通用している紙袋には2斗入ります。米の一斗は約15キロ、昔の人にもさすがに重かったので取っ手が付いています。
イメージ 14

 行火もありました(写真⑮)。行火は移動式なので櫓炬燵の中に入れたり、就寝の時に布団の中に入れたりしました。今だと身の危険を感じそうです。
イメージ 15

 右の行火は小さい櫓に入っています(写真⑯)。これだと安全という感じがします。電気が登場すると、この行火、熱源を電気に変えて昭和40年代まで使われることになりました。豆炭行火の方が小さくて使いやすかったと思います。
イメージ 16

 続く


 あの失言大魔神の桜田大臣がとうとう首になりました。この人はこうやるとどうなるという予測ができない人なのでしょう。物言わぬ政治家では意味をなしませんから更迭はやむを得ません。
 ところで、憲法審査会を難癖付けてサボっている辻元清美もどうしようも無い頭でっかちの原理主義者です。よくこんな人が国会議員が務まると思います。自治会長でももう少しは仕事をします。

 さて、世上の騒乱を横目で見ながら、花壇ではスパラキシスが咲きました。咲くのは1週間ほど、後は細長い葉が茂っているか、枯れて球根だけになってしまうかの愛想の無い花です。しかし、こうやって見ると、アヤメ類の中では見事な赤、やはり魅力的です(写真①)。
イメージ 1

 
駐車場正面、マーガレットの大株が花を付けました。近寄ると松ヤニのようなにおいがします(写真②)。下の赤い花はカランコエです。
イメージ 2

 カタクリの花も満開です。普通は紫の花が咲くのので、この株は園芸種なのでしょう。
 球根を買った次の年は花が咲くのですが、難しいのは次の年だとされます。葉が出ている間にどれだけ球根が太るか、それで決まります。
 置く場所は雑木林のような柔らかい木漏れ日が漏れるようなところだということです。毎日、あちこち場所を変えて試しています(写真③)。
イメージ 3

 これはウラシマソウです(写真④)。去年の春に山取りしたものですが、花芽が出てきました。花の先が伸びて浦島太郎の釣り糸に見えるところが特徴です。
イメージ 4

 
これは去年、高知県に遊びに行ったときに買ってきたユキモチソウです。段々と茎が伸びてきました(写真⑤)。
イメージ 5

 去年作った3本作ったカシワバアジサイの挿し芽ですが、2本は既に定植し、残った1本も本日定植しました。やや育ちが遅いですが、若葉が元気よく出ているので大丈夫でしょう(写真⑥)。
 ここには元々スイセンが植えてありました。それを抜いて植えたのですが、その際、スイセンの茎の液に手首が触れました。水洗いしたのですが夕方になると赤くかぶれてきました。フルコートで治るのですが、スイセンの茎の液には十分注意しましょう。
イメージ 6

 ムギワラギク(ヘリクリサム)が咲き始めました(写真⑦)。
イメージ 7

 
16年前に地植えした後、4,5年に一度しか花を咲かせないストレリチアですが、今年は時期はずれに2本目の花が咲きました(写真⑧)。切り花にすると長いことこの状態が続きます。
イメージ 8


 ダッチアイリスも咲きました(写真⑨)。
イメージ 9

 ケマンソウ(タイツリソウ)の花も咲きました(写真⑩⑪)。鯛が二匹、向かい合っているように見えますが、何だか亀が池に飛び込むようにも見えます。
 ケマンソウと言うのが本来の名です・華鬘(けまん)とは仏堂を飾る荘厳具のことですが、段々と華鬘を知らない人も増え、花の人気も下がったそうです。
 そこで、知恵者がタイツリソウという名を付けたところよく売れるようになったと言うことのようです。
イメージ 10

イメージ 11

 去年植え替えて芽が出るかどうか心配していたギボウシですが、勢いよく芽が出てきました。ギボウシは日陰でも成長しますし、大きな葉も花瓶に飾ることができます。ちょうど今時分、ホームセンターに小苗が出回りますからお勧めです(写真⑫)。
イメージ 12

 
さて、種まきはあまり得意では無いのですが、今年も苦戦しています。ダリア、キュウリ、ジニア、クレオメ、久留米ケイトウ、サルビアを蒔いて10日になるのですが、置いた場所が悪かったのか、ほとんど芽が出ていません。もう少し待って出ないようならまき直しです(写真⑬)。
イメージ 13

 


全693ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事