続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 こういう展示になりました(写真①)。例によって詳しく紹介しましょう。高いところにあるものもあって、名称不明のものもあります。
イメージ 1

 まずは手桶です。  左の黒い箱は名札が向こうを向いています(写真②)。
イメージ 2

 樽、右は角樽です(写真③)。蓋があって密閉できるのが樽です。恐らく酒を入れたと思います。こういう樽詰めの酒、おいしかったことでしょう。
イメージ 3

 楕円形をした蓋と足のついた桶です。両側に付いている耳に紐を通して持ち運んだと思います(写真④)。
イメージ 4

 箱膳と思われます(写真⑤)。
イメージ 5

 こういうお櫃は今も旅館などで現役です(写真⑥)。
イメージ 6

 この白木の箱は何を入れるものだったでしょう(写真⑦)。右は重箱の一種でしょう。
イメージ 7

 曲げ物細工の容器です。フルイだったかメンパのような弁当箱だったか、横から見ただけでは分かりません(写真⑧)。
イメージ 8

 黒塗りのお櫃だと思うのですが違うかもしれません(写真⑨)。
イメージ 9

 左は菓子鉢でしょうか(写真⑩)。右は豆腐箱という名札が付いていました。
イメージ 10

 右は今で言う小さい整理タンスです(写真⑪)。
イメージ 11

 これも整理タンスです(写真⑫)。もう少し大きいと百味タンスになるでしょう。
イメージ 12

 左端は赤鍋というから銅鍋です。それ以外のものは鍋のように見えますが、注ぎ口が付いているためどれも「片口」と呼ばれるようです。
 これがあるとこの容器から直接注ぐときに便利です。しかし、どこかにぶつけてすぐに壊す可能性も大きいでしょう(写真⑬)。
イメージ 13

 色々な什器で一番変わっていないのがこのすり鉢です。残念ながらこのくらい大きなものはもう一般家庭に居場所はないと思います(写真⑭)。
イメージ 14

 すりこ木、柄杓入れ、今川焼きか何かのお菓子を焼く道具です(写真⑮)。
イメージ 15

 手提げ箱です(写真⑯)。同様のものは現在も新品が手に入ります。遊山箱と呼ばれることもあります。
イメージ 16

 岡持ちです(写真⑰)。元々は遊山用ですが、飲食店が発達すると出前用にも使われました。
イメージ 17

 続く

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 囲炉裏のある部屋にいます。羽釜がありました(写真①)。テレビではこういうかまどで焼いたご飯が特においしいとか、我が社の電気炊飯器はかまどに負けないなどと喧伝されています。
 まあ、素人では判断がつかないでしょう。それにしても電気炊飯器が高くなりすぎましたね。今のが壊れたときは安いのを試してみようと思います。
イメージ 1

 鉄瓶と柄杓です(写真②)。
イメージ 2

 右は付け木、左は木を薄く削って付け木を作るカンナのような道具です(写真③)。
イメージ 3

 付け木の解説です(写真④)。明治以降はマッチが普及していくのですが、田舎では戦前までこういう付け木も併行して使われたようです。
イメージ 4

 棚の上には提灯箱、横木を付けて紐と木の枝で色々なものを吊せるようにしてあります。今だと百均店で売っていそうですが、往時はこういう鈎を自然の木の枝で作りました(写真⑤)。
イメージ 5


 柴がありました。左の黒いのは自在鉤です(写真⑥)。
イメージ 6

 燭台とハエ叩きです(写真⑦)。今は普通ではハエを見かけることはありませんが、鶏糞などを庭に放置するとすぐにハエが寄ってきます。今でもどこかにいることはいるのです。 
 鶏糞の一部を地上に露出したままにしておいたところ、ウジがたくさんわいてびっくりしたこともあります。
イメージ 7

 見たことがないという人も多いでしょう。裁縫の道具でくけ台といいます(写真⑧)。
イメージ 8

 優雅な感じの鉄瓶です(写真⑨)。
イメージ 9

 これが何であるか分からなくなりました。餅箱かな。上の甕には何を入れたのでしょう(写真⑩)。
イメージ 10

 「袖無し」です。半纏のような大きな筒袖がないので動くのにとても便利でした。今でも同型のものが普通にありますが、多くはベスト、チョッキなどと呼ばれ、袖無しと呼ばれることは稀のようです(写真⑪)。
イメージ 11

 草履の一種だと思われます(写真⑫)。ワラ製だと降雪時の防寒用には間に合ったでしょう。
イメージ 12

 こういうわら靴、魅力的です。時々雪国の行事の中継でこれを履いた女の子が登場しますが、そのときだけは寒いところだというのを忘れて、こういうものも履きたいなと思います(写真⑬)。
イメージ 13


 煤(すす)で真っ黒になった神棚です(写真⑭)。
イメージ 14

 須原村と書かれた提灯箱です。高張りとは長い柄の先に付ける提灯のことです(写真⑮)。どうも消防の装備品だったようです。
イメージ 15

 囲炉裏の部屋の紹介はこれで終わりです。次に行きましょう。

 続く

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 オリンパス製のレンジファインダーカメラです(写真①)。かなり大きいのでいわゆる大判カメラだったかもしれません。
イメージ 1

 こういう計算機、見たことがあるでしょう。昭和30年代から40年代にかけて使われました。昭和40年代後半になると電卓が急速に普及したため、一気に姿を消しました。
 若い頃に倉庫の奥から見つけ出して動かしたことがありますが、機械なので使い方が分からないとただの金属の塊です(写真②)。
イメージ 2

 各種秤です(写真③)。
イメージ 3

 こういうバネ秤、見たことがありますか(写真④)。
イメージ 4

 取っ手がついている枡です。量り売り用に使われたと思います(写真⑤)。
イメージ 5

 さて、こういう展示になりました(写真⑥)。農家の囲炉裏の部屋です。時代は大正から昭和の初め頃というところでしょうか。例によって詳しく紹介しましょう。
イメージ 6

 8角形の柱時計です(写真⑦)。
イメージ 7

 「まみの」という名札がついています。簑と言えば作業用や旅行用の雨具、防寒具ですが、これは上等なもので和服の上に着たそうです。
 と言っても使われたのは明治初期までだそうです(写真⑧)。右はシュロ製の防寒帽です。
イメージ 8

 つぐらです(写真⑨)。昔の保育器です。子供が少し大きくなると転がる危険がありました。あの野口英世がやけどをしたのもこれが原因でした。
イメージ 9

 普通の竹籠のようです(写真⑩)。
イメージ 10

 肘掛けもありました(写真⑪)。
イメージ 11

 横から見た囲炉裏の自在鉤です(写真⑫)。
イメージ 12

 これは火棚とか火格子と呼ばれます。本来は火の粉が上に上がるのを防止するためのものですが、ものを乾かしたり燻製にしたりするのによく使われました(写真⑬)。
イメージ 13

 自在鉤の機能の中枢部となる横木です。左側の紐をてこの原理で締め付け、鍋と火の間隔を調整するのです。
 横木は文字通り木片の場合もありますが、こういう魚の格好をしているものも多いです。装飾としても見栄えするし、魚は水に住むので防火に役立つという縁起担ぎなのでしょう(写真⑭)。
イメージ 14

 囲炉裏です。金属の覆いがあるのはなぜでしょうか。それこそ、子供の転落防止のためでしょうか。こういうのは初めて見ました(写真⑮)。
イメージ 15

 次回は囲炉裏の周りにあるものを紹介しましょう。

 続く

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 ゼンマイ採りの様子です(写真①)。
イメージ 1

 撮ったゼンマイを揉んでいるところです(写真②)。
イメージ 2

 よくは分からないのですが、これは煮たゼンマイを天日干しにしているところと思われます(写真③)。
イメージ 3

 往時の結婚式です。花嫁が実家を出発するところと思われます。こうやって見送っていると菓子の袋がもらえたりしました(写真④)。時代は昭和30年代中頃でしょうか。
イメージ 4

 瞽女(ごぜ)だと思われます(写真⑤)。
イメージ 5

 猟師です(写真⑥)。
イメージ 6

 ここに来る前に見学してきた佐藤家住宅です(写真⑦)。資料館から車で3分ですし、重要文化財ですから先にここに来た人は是非立ち寄ってください。
イメージ 7

 魚沼市指定文化財の守門神楽です(写真⑧)。これは獅子舞のようです。
イメージ 8

 同じ守門神楽ですが、踊っているのは天狗です(写真⑨⑩)。
イメージ 9

イメージ 10

 おかめ人形のような感じの踊り手です(写真⑪)。
イメージ 11

 何かの雑誌の1頁です(写真⑫)。手前の刀を持った武士に襲われた高貴な武士が反撃しているという場面のようですが、どういう人物なのか分かりません。
イメージ 12

 右端は藤原義孝です(写真⑬)。そんな人知らないという人でも小倉百人一首に入っている次の歌の作者と聞けば見当がつくでしょう。

 君がため 惜しからざりし 命さえ 長くもがなと 思ひけるかな
イメージ 13

 さて、5珠2つ算盤が登場しました(写真⑭)。現在の算盤に近いものは2世紀に中国で発明され、15世紀までには日本でも使われるようになったそうです。
 その頃の算盤がこの天2、地5の算盤で、明治になると天の1個が省略され、さらに昭和10年から地も一つ減って現在に至っています。
イメージ 14

 5珠2つ算盤の教則本がありました(写真⑮⑯⑰)。これを見ると計算途中はすべて珠を動かしていて、暗算部分がないので却って分かりやすかったかもしれません。ただし、計算時間は多くかかったでしょう。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 続く


 新しい元号が令和と決まりました。一部メディアはいつものようにけちを付けていますが、大方の国民にはとても響きがよく雅やかで、今までのような儒教臭さもなく、世界で一つだけの花を咲かせる国にふさわしい元号だと受け止められたようです。

 さて、過日、最後まで残っていた新テッポウユリの苗を定植しました(写真①)。8月頃には小さめの花が咲くと思います。
イメージ 1

 ふと本宅南側の花壇を見ると、ギンギアナムの株が埋もれているのを見つけました。以前、プランターや鉢を大整理したときに置き場に困ってここに仮植えしたのを思いまだしました(写真②)。
 右にボケの木、手前にはガクアジサイの株があるので半年もすると藪の中で枯れそうです。
イメージ 2

 掘り起こすとこの通りでした。まだ何とかなりそうでした(写真③)。
イメージ 3

 ギンギアナムはラン科でデンドロビウムの仲間で、とても美しい花を咲かせます。前からあった鉢植えも一緒に植え替えることにしました。時期はあまり適切ではありませんし、大体、ランの仲間は気むずかしくて扱いにくいのです。
 水苔などはないので、赤玉土とバーク堆肥を詰めて鶏糞を少し混ぜた鉢に植え替えました(写真④)。
イメージ 4

 4日後の今日、改めてよく見ると4日前にはなかった花芽が出ていました。これは幸運、うまくいけば数年ぶりにギンギアナムの花を見られそうです(写真⑤)。
イメージ 5

 妻がまたカラーの芋を買ってきました。妻はなぜか色つきのカラーの花が大好きなのです。花が白でないカラーは育てるのが難しく、2年目の花を見たことは一度もありません。
 今度こそはと挑戦です。カラーの芋は茎の横から根が出ます。この写真で茎を切った跡がある方を上にして植え付けないといけません(写真⑥)。
イメージ 6

 さて、春の種まきの2回目です。今回は定番のダリアとホウセンカです(写真⑦)。ダリアはサカタで買ったハーレクイン、それにホームセンターで買ったアーリーバードです。ホウセンカは結局蒔きませんでした。
イメージ 7

 ダリアは芋を植える人が多いのですが、芋は高価です。たくさん咲かそうと思えば種から行くのがいいと思います。種から育てたダリアにも芋ができます。左端がダリアです。2袋だと結構な量の種が入っていて、トロ箱一杯になりました(写真⑧)。
イメージ 8

 今日は朝からキュウリとミニトマトの支柱を立てました(写真⑨)。去年は物干し竿を使って台風が来ても倒れない支柱を作ったのです。
 9月の台風21号のとき。支柱は倒れませんでしたがキュウリの葉茎は激しく傷みました。支柱が頑丈なだけでは意味をなさないので今年は簡素なものにしました。
イメージ 9

 アヤメの仲間のイキシア、トリトニア、スパラキシスはほぼ同じ時期に咲きます。これはスパラキシスです(写真⑩)。アヤメの仲間は1年の周期がほぼ同じ、球根も似たものが多く、毎年、植え替えの作業中に混じり合ってしまいます。
イメージ 10

 ケマンソウです(写真⑪)。
イメージ 11

 去年の4月、高知に遊びに行ったときに買ってきた雪餅草ですが、それらしい芽が出てきました(写真⑫)。
イメージ 12

 ギボウシの青い目がたくさん出ました(写真⑬)。今年も大きな株になりそうです。
イメージ 13

 カタクリの花が咲きました(写真⑭)。まあ、去年、球根を受け付けたので今年は咲くでしょう。
 問題は来年です。すぐに葉が枯れるので、枯れるまでの間にどれだけ日に当てて球根を太らせるかということのようです。午前中は多少光の当たるところに置くのがいいでしょうか。
イメージ 14

 暖かくなって雑草の勢いも強まってきました。草むしりの日は続きます。

 完


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事