続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 炭窯を作っているところです(写真①②)。
イメージ 1

イメージ 2

 炭焼きのために集めた原木です(写真③④)。解説文の「堅炭」とは、堅くて火力の強い炭のことで、カシ類が使われました。
イメージ 3

イメージ 4

 一方、普通の炭は里山にあるクヌギなどが使われました(写真⑤⑥)。
イメージ 5

イメージ 6

 焼き上がった切りそろえて俵に詰めています(写真⑦⑧)。
イメージ 7

イメージ 8

 炭焼きの解説です(写真⑨)。
イメージ 9

 軟炭の解説もありました(写真⑩)。軟炭は一般に石炭の一種ですが、ここでは釜を使わずに野焼きのような感じで蒸し焼きにしたものを軟炭と呼んでいるようです。
イメージ 10

 炭を俵に詰めています(写真⑪)。
イメージ 11

 炭を詰めた俵の目方を量っています。俵一個の重さは4貫目(15キログラム)だったそうです(写真⑫)。
イメージ 12

 出荷です(写真⑬)。炭焼きは原木に近いところで行われるのでかなり歩かないといけない場合もあったでしょう。15キロの俵を3つで約45キロ、持ち上がらない重さではありませんが歩くとなると大変だったでしょう。
イメージ 13

 さて、展示が変わりました。「いなだき」という元日の朝食の前に行う行事です。1年の健康をお祈りします。まずは解説です(写真⑭)。
イメージ 14

 これがその「いなだき」の様子です(写真⑮)。
イメージ 15

 これはどうも稲穂を作っているようです(写真⑯、⑯の2)。
イメージ 16

 
イメージ 18

 解説がありました(写真⑰)。
イメージ 17

 稲穂飾りもありました(写真⑱⑲)。要するに小正月の行事で、各地に残っています。
イメージ 19

イメージ 20

 続く
    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 前回で稲を収穫して稲架(はざ)で乾燥させるところまで話しました。乾燥が終わると脱穀です。これは千歯扱きで脱穀しているところです。
 千歯扱きは江戸時代の元禄期に発明され、明治末に足踏み式脱穀機が発明されるまで広く使われました(写真①②)。
イメージ 1

イメージ 2

 これがその足踏み式脱穀機です(写真③④)。
イメージ 3

イメージ 4

 脱穀後に箕を使ってゴミを取り除いています。簡単なように見えますが、意外に難しい作業です(写真⑤)。箕は運搬具としても使えますので今も健在です。
イメージ 5

 箕を機械化したのが唐箕です(写真⑥⑦)。元禄期に中国から入り、現在でも現役というところもあるようです。
 写真⑥では家の中の土間で作業をしていますが、唐箕からは細かいゴミが大量に出ます。繊維に食い込むとなかなか取れなかったという記憶も残っています。何かの折りに撮られた再現写真なのかもしれません。
イメージ 6

イメージ 7

 脱穀の際に茎がついたままちぎれる穂もあります。そういうものを集めて昔ながらの竪杵と臼を使って脱穀しているところです(写真8)。
イメージ 8

 唐箕を使った後でさらに選別するため万石にかけています(写真⑨⑩)。
イメージ 9

イメージ 10

 脱穀の後は土臼を使って籾摺りです。これで籾殻がむけて玄米ができます(写真⑪⑫)。
イメージ 11

イメージ 12

 玄米を精米します。これも重労働でした。コイン精米器や家庭用精米器が普及して米つきという言葉も死語になったような気がします(写真⑬⑭)。
イメージ 13

イメージ 14

 続く

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 大正天皇のご成婚の際、白紬を2反献上したときにいただいた「感謝状」です(写真①)。
イメージ 1

 これは「家庭染色一人学び」という本のⅠ頁です(写真②)。上品な日本語だと感じます。テレビのバラエティ番組で芸人たちの稚拙な日本語が幅をきかせる現状では美しい日本語を身につけるのは難しいでしょう。
イメージ 2

 これは日本家庭染色普及会というところが発行した家庭絞り図案です(写真③)。
イメージ 3

 大正8年にご当地の女学生が作ったというミシン刺繍です(写真④⑤)。
イメージ 4

イメージ 5

 十八史略です(写真⑥)。有名な漢籍ですが、本家の中国では子供向けの簡略本とされました。
 日本では多くの人に愛読され、戦前までは知識人共通の素養でした。今はもう日本でも読む人はいなくなっているでしょうか。春秋戦国時代の記述は特に面白いと思うのですが。
イメージ 6

 この後は教科書などの展示が続きますが省略します。田植えの話になりました。まずは解説です(写真⑦)。
イメージ 7

 解説にあった枠転がしです(写真⑧⑨)。
イメージ 8

イメージ 9

 これは田植えに備えて苗代で苗を束ねているところです(写真⑩)。
イメージ 10

 田植えの様子です(写真⑪)。この中腰の姿勢、想像以上の重労働です。後方の山に雪で白い模様や黒い模様ができているのが分かりますが、これを雪形と言います。雪形からその山の名がついたということもよくあります。
イメージ 11

 稲刈りです(写真⑫)。
イメージ 12

 刈った稲を乾燥させる稲架(はざ)を準備しているところです。トネリコという木を利用することが多かったようです(写真⑬)。
イメージ 13

 稲架ができ稲刈りが済むと、刈った稲を束ねて稲架にかけて天日干しをします(写真⑭⑮)。
イメージ 14

イメージ 15

 自動化が進んだ現在でも天日干しにこだわる人がいるでしょう。さて、味はどちらの方がおいしいでしょうか。

 米作の話は続きます。

 続く


 太陽が出ている間は暖かく感じるのですが、朝晩はとても冷たく感じます。

 数日前、ホームセンターでキュウリの種を買ってきました。たった15粒入りで520円ほどします。野菜の種としては高いという印象です(写真①)。なお、このキュウリは2番手としての苗に育てるです。
イメージ 1

 
キュウリをまくついでに残っていたレタスの種も全部まきました(写真②)。
イメージ 2

 
ここを耕します(写真③)。ご承知のようにキュウリやトマトは連作障害が出ます。こういう狭いところではなおさらです。
 天地返しのように深く掘ってひっくり返して肥料と苦土石灰をまき、数日してまた同じことを数回すると連作障害を回避できるようです。
イメージ 3

 1週間ほどで畝を作りました。今日は朝からホームセンターに行って肥料、支柱、キュウリとミニトマトの苗を買ってきました。
 左はキュウリの節成と夏すずみ。右はミニトマトです。どれも1鉢税抜きで59円でした。各5個ずつです(写真④)。
イメージ 4

 
早速、作っておいた畝に定植しました(写真⑤)。
イメージ 5

 
春まきの花も忙しくなってきました。ジニア、クレオメ、久留米ケイトウ、サルビアをまきます(写真⑥)。 
イメージ 6

  
いつもながら大雑把な種まですが結果はどうでしょうか。特にサルビアには毎年のように手を焼いています。簡単に芽が出ないのです(写真⑦)。1週間後には次の種まきをします。
イメージ 7

 
アネモネとストックがきれいに咲きました(写真⑧)。
イメージ 8

 シャクヤクの花のつぼみが膨らんできました(写真⑨)。
イメージ 9

 ボタンもつぼみがはっきりしてきました。通常、ボタンの方がシャクヤクよりも2週間ほど早く咲きます(写真⑩)。
 インターネット情報ではボタンはたくさん咲かせると木が弱るとされています。しかし、折角できた花の芽を全部咲かせたいというのも人情です。
イメージ 10

 
ウラシマソウがそれらしくなってきました(写真⑪)。後方の鉢はキキョウですがまだ芽が出ません。
イメージ 11

 カタクリです(写真⑫)。もうすぐ花が咲きそうです。去年植えたものなので、今年は咲くのですが、来年咲かすのが難しいとされます。木漏れ日が当たるようなところに置くといいでしょうか。
イメージ 12

 
枯れ木のようだったシモツケにたくさんの葉が出ました(写真⑬)。
イメージ 13

 去年植え替えたギボウシの大株ですが、やっと濃い紫の芽が出てきました。一安心です。ギボウシは日陰でも咲く花で、大きな葉も見応えがあります。今年の秋にはこれを株分けしてみましょう(写真⑭)。
イメージ 14

 シャガの花が静かに咲きました(写真⑮)。
イメージ 15

 
ケマンソウも咲きました(写真⑯)。
イメージ 16

 
明日からは4月、新しい元号も発表されます。頑張りましょう。

 完

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です

 黒塗りの大きな唐箕が登場しました(写真①)。
イメージ 1

 こういう図解があると分かりやすいです(写真②)。
イメージ 2

 古代米という名札のついた米です(写真③)。古代米という言葉は時々耳にしますが、多くの場合大ざっぱな標榜、つまりイメージ優先の言った者勝ちということのようです。
イメージ 3

 左は刃が木でできた古い型の鍬、右は土に当たる部分だけが金属になった改良型の鍬です(写真④⑤)。
イメージ 4

イメージ 5

 餅つきの様子です(写真⑥)。手で餅をひっくり返す人がおらず、みんなでひたすら杵で搗いています。
イメージ 6

 和歌山のような雪の降らないところに住んでいると、こういうかまくらに一度入ってみたいと思いますね(写真⑦)。
イメージ 7

 見える範囲に子供が5人います(写真⑧)。
イメージ 8

 ほとんど雪に埋没しそうな民家の雪下ろしをしています(写真⑨)。このくらいになると滑って落ちてけがをする心配もなくなるという感じです。
イメージ 9

 「雪ほり」という解説です(写真⑩)。
イメージ 10

 雪沓や寒冷地仕様の履き物です(写真⑪⑫)。しかし、素材はワラ、現代のものに比べると防水性も保温性も劣っていたでしょう。
イメージ 11
イメージ 12

 屋根の雪下ろし作業です(写真⑬)。
イメージ 13

 木のスコップを持って除雪中です(写真⑭)。
イメージ 14

 往時の大工道具です(写真⑮⑯⑰)。民家の構造や工法も変わりました。この道具の中には出番がなくなったものがあるかもしれません。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事