続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 簑、番傘です(写真①)。
イメージ 1

 簑やスゲ笠を身につけるとこうなります。モデルが西洋人のようで雰囲気を壊しています。(写真②③)。
イメージ 2

イメージ 3

 これも簑です(写真④)。
イメージ 4

 中央の木製スコップは雪かき用の「こすき」です(写真⑤)。写真右の黒いのは草鞋編み機です。
イメージ 5

 手動のワラ打ち機です(写真⑥)。木槌で打つよりはるかに楽に均一にワラを柔らかくすることができました。製麺機に似たところがあります。
イメージ 6

 こちらにもスゲ笠簑姿の人形がいました。わら靴ではなくゴム長を履いています(写真⑦)。
イメージ 7

 これは土臼です(写真⑧⑨)。籾摺り機です。
イメージ 8

イメージ 9

 土臼の前の時代に使われた木臼です(写真⑩)。前の時代と言っても併用された時代が長く続いたようです。土臼が日本に伝わったのは元禄時代でした。
 籾摺りで米を痛めないという点では木臼の方が勝っていたかもしれません。木臼を作るには太い木が必要ですが、土臼は竹で編んだ籠に土を入れて比較的簡単にできました。
イメージ 10

 石臼は紀元前7世紀頃から使われたようです。初期の形状は2枚の砥石という感じだったようです。堅いものを物理的に粉砕するので栄養分を損なわず、粉にして水にさらしたりするとたいていのものは人が食べることができるようになりました(写真⑪)。
イメージ 11

 おや、何かがこちらを見ています(写真⑫)。
イメージ 12

 剥製が置いてあったのは巨大な車長持ちでした(写真⑬)。江戸初期の大火の時にこういうものがあちこちの家から持ち出されて道をふさぎ、多くの人の退避を妨げました。以来、火事の時に車長持ちを持ち出すのは禁止されました。 
 その事情は今も変わりません。災害時は車を動かさないこと、逃げるときの荷物は最小限にすることが肝要です。
イメージ 13

 外部の発動機にベルトで連結して動く脱穀機です(写真⑭)。写真を見れば分かるように足踏み式脱穀機をベルト駆動にしただけの機械という感じです。
イメージ 14

 これがその足踏み式脱穀機です(写真⑮⑯)。
イメージ 15

イメージ 16

 足踏み式脱穀機の絵もありました(写真⑰)。
イメージ 17

 この写真の右側にあるのは千歯扱きです(写真⑱)。元禄期に日本で発明されたもので現在でも現役です。
イメージ 18

 千歯扱きの図解です(写真⑲)。
イメージ 19

 続く

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です

 これは背負子を背負うとき、背中に着た緩衝材です(写真①)。
イメージ 1

 脚絆です(写真②)。
イメージ 2

 簑の一種です(写真③)。名札に「ばっとり」とありますが、一般には「ばんどり」、つまりムササビのことです。形がムササビの飛ぶ姿に似ているのでしょう。
イメージ 3

 幼児用のソリということです。恐らく、冬期の乳母車のようなものだったのでしょう(写真④)。
イメージ 4

 子供用のわら製雪沓です(写真⑤)。
イメージ 5

 手前左は下駄、右は、雪沓を作るときの型です。奥左は草鞋、右は雪沓です(写真⑥)。
イメージ 6

 よく見ると、雪沓を作る型はかなり使い込んだもので角が丸くなっています(写真⑦)。
イメージ 7

 脚絆と踵(かかと)掛け、つま先掛けを装着したところです(写真⑧)。昭和の初めまでこういう格好をしていたと思います。
イメージ 8

 今でも新品がありそうな長い靴です(写真⑨)。わら製よりは保温性、耐水性に優れていたでしょう。
イメージ 9

 すす竹か何かを並べて作ったスキーです(写真⑩)。速さを問題にしなければちゃんと滑ることができたでしょう。
イメージ 10

 木槌です(写真⑪)。ワラ細工をするときにあらかじめワラを柔らかくするためにたたく道具で、左端の石はその際の台です。
イメージ 11

 左はつま先に覆いのついた雪下駄で、歯に滑り止め用の釘が打ってあります。右はつま先を覆った草履です(写真⑫⑬)。
イメージ 12

イメージ 13

 これは上等な草履で、花嫁草履という名がついています(写真⑭)。
イメージ 14

 雪国の必需品の一つがかんじきです(写真⑮⑯)。
イメージ 15


イメージ 16


 続く

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。

 馬の鞍です(写真①)。
イメージ 1

 色々な道具が並んでいます。多くは馬具ですが、そもそも生きた馬を見る機会もほとんど無い現在では道具の用途も分からなくなりました(写真②③)。
イメージ 2

イメージ 3

 山ソリです(写真④⑤)。山野で運搬に使うソリです。
イメージ 4

イメージ 5

 山ソリの解説もありました(写真⑥)、運ぶものに合わせて大きさもいろいろあります。
イメージ 6

 これも山ソリです(写真⑦)。
イメージ 7

 「ぼい」と呼ばれる薪(たきぎ)です(写真⑧)。
イメージ 8

 鋸がありました(写真⑨)。左の細身は伐採用の横挽き鋸、右の太いのは製材用の縦挽き鋸です。明治になって丸鋸が普及するまで、板はこの大きな太身の鋸で切り出されていたのです。浮世絵にもよく登場します。
イメージ 9

 背負子です(写真⑩)。今でも山間部など使われますが、慣れていないと30分もしないうちに首が回らなくなります。
イメージ 10

 上は比較的小型の伐採用鋸、左は斧、右は茅葺き屋根を葺くときに使う屋根はさみです(写真⑪)。
イメージ 11

 白炭と黒炭の違い、ご存じでしたか(写真⑫)。単純に言えば燃えている途中で釜から出して素灰をかけて冷やしたものが白炭、釜の中でじっくり冷やしたのが黒炭です。
イメージ 12

 炭俵と炭俵編み機です(写真⑬)。
イメージ 13

 こういう展示になりました(写真⑭)。例によって詳しく紹介しましょう。
イメージ 14

 右は普通のわらじ、左はかかとのないわらじのように見えます(写真⑮)。
イメージ 15

 冬用のわらじで、つま先やかかとまで覆われています(写真⑯)。
イメージ 16

 今で言う袋です(写真⑰)。
イメージ 17

 名札には「めんこ・・・」と書かれていますが、写真では判読不能です(写真⑱)。紐で口を絞れる籠だったと思います。
イメージ 18

  続く

 今年は祝日の春分の日が3月21日の木曜日、和尚さんの来る日や彼岸の墓参りという点ではいささか不便という感じでした。

 アグロステンマはやる気十分、もうすぐ開花です(写真①)。
イメージ 1

 直植えのシャクヤクも周囲に負けじと葉をたくさん出しました(写真②)。
イメージ 2

 こちらは鉢植えのシャクヤクです(写真③)。シャクヤクの花が咲く頃は雨が降りやすいように感じます。シャクヤクの花は雨に当たると重くなって茎が曲がります。鉢植えの方が雨を簡単に防ぐことができて便利です。
イメージ 3

 テッセンが伸びてきました。行灯のような支柱を取り付けました(写真④)。いわゆるツルものは得意ではありません。
イメージ 4

 ボタンも葉をたくさん出しました(写真⑤)。今年も巨大な花が咲くでしょう。
イメージ 5

 新テッポウユリの苗、2回目の定植です(写真⑥)。
イメージ 6

 去年作ったハコネウツギの挿し芽苗、順調に育っています(写真⑦)。
イメージ 7

 去年、久しぶりに種をまいたタチアオイですが、元気そうです(写真⑧)。
イメージ 8

 一旦直植えにしたギボウシを鉢植えにやり直したのですが芽が出ません。大丈夫でしょうか(写真⑨)。
イメージ 9

 さて、去年、茨城県鹿島市に住んでいる妻の妹が送ってきたカタクリです。たくさんの葉が出てきました。花が咲くといいのですが(写真⑩)。
イメージ 10

 これは去年の夏に裏山から採ってきたウラシマソウです(写真⑪)。見覚えのある葉が出ました。
イメージ 11

 今年は全体に開花が遅いと感じます。もうすぐ4月、ミニトマトやキュウリの植え付けをしないといけません、畑を整理することにしましょう。

  完

 2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財を館見学中です。

 往時の整理タンスです(写真①)。
イメージ 1

 このあたりは2004年の合併で魚沼市となりましたが、それまでは守門村、さらにさかのぼると1956年に須原村と上条村が合併して守門村になっています。
 そこで、この「須原村」と書かれた消防の纏があるというわけです(写真②)。
イメージ 2

 雪国らしいソリ仕様の消防ポンプ車です(写真③)。
イメージ 3

 これは珍しいです。往時の消防用のサイレンです(写真④)。
イメージ 4

 これは消防用の法被です(写真⑤)。刺子になっています。
イメージ 5

 妖怪にでもなったような旧守門村役場の提灯です(写真⑥)。よく残っていましたね。
イメージ 6

 消防用の半鐘です(写真⑦⑧)。写真⑧の文中の合図は表になったものが各家庭に配られていました。
イメージ 7

イメージ 8

 消防用の拍子木です(写真⑨)。地域によっては現在も地元の消防団などがこれを打ち鳴らして「火の用心」と触れ歩いているところがあるでしょう。
イメージ 9

 俵です(写真⑩)。右側の大きなものは60キロ入ったと思います。現在流通しているのは30キロ入りの紙袋です。
イメージ 10

 俵詰めの様子です(写真⑪)。ここでは男二人が締めていますが、俵締め機を使うこともありました。
イメージ 11

 漁労具になりました(写真⑫)。ご当地は内陸部ですから道具も川魚用です。
イメージ 12

 マスを捕るヤスです(写真⑬)。手で握って使うもので柄はごく短いです。
イメージ 13

 左下の5本、中央の長い1本はマスカギと呼ばれる道具です。鱒を引っかけて取る道具です(写真⑭)。中央の長い柄がついたのはヤスです。
イメージ 14

 魚籠(びく)です(写真⑮)。
イメージ 15

 続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事