続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
    2014年9月30日(火)

  今、新潟県湯沢町の湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」にいます。場所は上越新幹線越後湯沢駅の北約400メートルです。

  籾つき臼です(写真①)・籾を入れて竪杵(たてきね)でついて現在にします。玄米を精米するときも使われます。
  玄米2斗(30キロ)を精米するのに2000回ついたそうです。今のコイン精米機の有り難みが分かります。現代の運動不足の人には竪杵の方がいいかもしれません。
イメージ 1

  箱火鉢です(写真②)。箱の左端に灰ならし、右端に火箸があります。中央に五徳があり鉄瓶が乗っています。
イメージ 2

 これは木羽(こば)です。板葺き屋根を葺くのに使いました(写真③)。
イメージ 3

  左は爪が着いたかんじき、右は金かんじきです(写真④)。
イメージ 4

  炭俵です(写真⑤)。
イメージ 5

  
炭小屋で焼いた炭を俵に詰めているところです(写真⑥)。
イメージ 6

  杓子を作っているところです(写真⑦⑧⑨)。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

  大正時代の集落の写真です。板葺き屋根の方が多いでしょうか(写真⑩⑪)。
イメージ 10

イメージ 11

  「ヒロロ簑」です(写真⑫)。ヒロロと呼ばれるミヤマカンスゲが材料で、ワラより軽くて水はけがよく、雨具に最適だったようです。
イメージ 12

  これは「スゲ帽子」と言います(写真⑬、⑬の2)。
イメージ 13

イメージ 14

  つっかぶりを着た子供達です(写真⑭⑮⑯)。こういう格好をした可愛い妖怪がいませんでしたか。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

  
  続く

   2014年9月30日(火)

  今、新潟県湯沢町の湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」にいます。場所は上越新幹線越後湯沢駅の北約400メートルです。

  「はっぱき」と呼ばれるすね当てです。脛(すね)はものが当たりやすいので現在も作業の時は装着します。解説では編み方が珍しいとありますが、素人目ではどこが珍しいのか分かりませんでした(写真①)。
イメージ 1

  足のつま先にかける「つまかけ」です。綿時を履くときにむき出しになるつま先を保護するために使ったそうです(写真②)。
イメージ 2

  左は「しびがらみ」、右は足半です。しびがらみはワラジのかかと部分に付けるもの、足半はかかと部分のないワラジです。つま先に重心をかけて行う仕事の時に使われたようです。
  かかとはヒトの体の部分でも一番摩擦に強いところですからこの方が歩いたり走ったりするのに便利だったのでしょう(写真③④)。
イメージ 3


イメージ 4

  雪下駄です(写真⑤⑥)。一本歯、それも後ろ歯しかない雪下駄があるそうです。確かに行くところが全部雪道なら合理的です。
イメージ 5


イメージ 6

  山そりです(写真⑦⑧)。夏は運べない重量物も冬なら雪の滑りで運べたということです。
イメージ 7


イメージ 8

  これは一組に連結していない山そりです(写真⑧の2)。解説にあった日本一組で使うとは写真⑦の通りです。
イメージ 9

  木鋤(こすき)です。除雪作業に使うものです。小さいのは子供用です(写真⑨)。
イメージ 10

  ソリも進化します。これは大正か昭和初期に出回った「キカイそり」です(写真⑩⑪)。
イメージ 11


イメージ 12

  引いている人の大半は女性と思われます(写真⑫)。少なくとも背負うよりは少し楽ではなかったかと思います。
イメージ 13
 
  小供用のソリです(写真⑬⑭)。
イメージ 14


イメージ 15

  こういうのもいいですね(写真⑮)。雪国に住みたいとは思いませんが、こういうのを見ていると羨ましくなります。
イメージ 16

  「しみわたり」という写真がありました。解説を読むと1月や2月は雪が降り積もっているので子供が動くのは危険ですが、3月も終わりになると溶け始めた雪が固く凍るということでしょうか。
  こうして田んぼや畑が凍ると確かにいい遊び場ができそうです(写真⑯⑰)。
イメージ 17


イメージ 18


  続く


  あけましておめでとうございます。
  今年は比較的穏やかな正月だったでしょうか。

  この時期、花壇で咲いている花はごくわずかです。ボケの花もその一つです(写真①)。  
  ボケは漢字で書くと「木瓜」です。字を見れば「もけ」又は「ぼっか」から現在の「ぼけ」に訛ったものと大体見当がつきます。日本語では「ボケ」は人を口汚くののしる言葉の代表で、美しい「木瓜」の花にはいささか気の毒です。
イメージ 1

  さて、過日、植え替えを忘れていたキキョウを植え替えます。集めてみると全部で9鉢ありました(写真②)。
イメージ 2

  インターネット情報によるとキキョウは酸性の土を好む数少ない園芸植物です。そこで鹿沼土を買ってきました(写真③)。今は赤玉土を使っており、鹿沼土を使う機会はまずありません。
イメージ 3

  鉢をひっくり返しました。丈夫そうな根もあればが貧弱なのもあります(写真④)。
イメージ 4

  結局、5鉢になりました。今年の春には種を播こうと思います(写真⑤)。
イメージ 5

  このミニバラ、満5年経って大分大きくなりました。本来、ミニバラは鉢で小さく作るものなのでしょう。しかし、大きな株も魅力的なので植え替えることにしました(写真⑥)。
イメージ 6

  ちょうどユリを掘り返したところが空いていました。ここにユリを植えても外からは見えませんがミニバラなら見えます。
  根が大鉢一杯に回っていて難渋しましたが何とか植え替えました(写真⑦)。左隣はデュランタ、右隣はシコンノボタンなのでちょうどいいでしょう。
イメージ 7

  2017年11月に花壇の大整理をしたときに鉢から直植えにしたギボウシです。大きな斑入りの葉が美しく、日陰で育つということもあって移動可能な鉢に植え替えることにしました(写真⑧)。
イメージ 8

  ミニバラを植えていた鉢が空いたので土を詰めてギボウシを植え直しました(写真⑨)。今年はまた玄関先を飾ることになりそうです。
イメージ 9

  さて、今年の春に播く種の準備をしましょう。去年の12月、サカタのタネのHPが改修したため少し時期が遅れたり改修後もトラブルが発生し、おまけに仕様が変わって去年まで見られた画面の見方が分からないなどいささか難渋しました。
  何とかジニア各種、千日紅、サルビア、ケイトウ各種、クレオメの種を確保しました。特に上段の白い袋はジニア・プロヒュージョンの500粒入り大袋です。去年はジニア・プロヒュージョンの種まきに失敗したので今年は大枚はたき念を入れて挑戦します。
  サカタに註文したものの内、ダリアはまだ未着です。これにホウセンカをホームセンターで買いたせばいつもの花がそろいます(写真⑩)。
イメージ 10

  今年も頑張りましょう。


  完
    2014年9月30日(火)


  今、新潟県湯沢町の湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」にいます。場所は上越新幹線越後湯沢駅の北約400メートルです。


  田んぼを作ると大量のワラができます。今は捨てるのに難渋するゴミ、燃やせば煙害と呼ばれる厄介者ですが、昔は貴重なワラ細工の資源でした。
  ワラはとても固いのでワラ細工の時はあらかじめワラを叩いて柔らかくします(写真①)。
イメージ 1


  これがワラ叩きに使う木槌です(写真②)。
イメージ 2


  これはワラ打ち機です。量が増えると木槌で叩いていては間に合わなくなります。そこで作られたのがワラ打ち機です。手回し式でワラを機械的につぶします。今でも注連縄や草履を作るときに使われます(写真③)。
イメージ 3


  草履を作っているところです(写真④)。
イメージ 4


  縄をなっているところです(写真⑤)。
イメージ 5


  これは足踏み式縄ない機です(写真⑥⑦)。明治末に発明され、昭和40年代まで使われました。
イメージ 6


イメージ 7


  こうやって見ると意外に複雑な仕組みであることが分かります(写真⑧)。
イメージ 8


  雪の中をかんじきを使って歩いています(写真⑨)。これに似た妖怪がいましたね。
イメージ 9


  学校に行く子供達のために道の雪を踏み固めているところです(写真⑩)。右の人は「ほんにまあ、音も立てずに こんなに 降ったもんだ」と歌っているようです。左の人は「すかり」と呼ばれる履き物の先端に着いている紐を引っ張りながら前進します。
イメージ 10


  これがその「すかり」です(写真⑪)。
イメージ 11


  これは牛のワラジです(写真⑫⑬)。牛の蹄鉄もあることはあったのですが日本では普及せず、特に必要なときだけ江戸時代以来のワラジを履かせていました。
イメージ 12


イメージ 13


  これは「ふっこみ」と呼ばれる雪沓です(写真⑭)。
イメージ 14


  「すっぺ」なるものがありました(写真⑮⑯)。
イメージ 15


イメージ 16


  続く

    2014年9月30日(火)
 
  今、新潟県湯沢町の湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」にいます。場所は上越新幹線越後湯沢駅の北約400メートルです。
 
  箕です(写真①)。箕は汎用性が高く、運搬具として現在も使われています。往時は穀物の選別にも使いました。
イメージ 1
 
  籾とゴミを選別するようなときはこのように使いました(写真②)。重さの違いで選別できるのですが、慣れも必要です。
イメージ 2
 
  万石です(写真③④)。唐箕と同じ頃の元禄年間に日本で発明されています。千石と呼ばれることが多いでしょう。ちなみに植物の千両と万両は科の違う木です。  
  玄米に混じっている籾を取り除く装置ですがくず米や砕け米の除去にも使われます。現代のコイン精米機の内部にも同じ機能を持つ装置があるそうです。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
  この先はワラ製品の話です。まずはワラスグリが登場しました。漢字で「藁選り」と書いた方が分かりやすいでしょう。
  解説は少し読みにくいです。稲わらの葉の部分を取り払い、残ったきれいな茎の部分だけを使うという意味です。千歯扱きを使うこともあったようです(写真⑤)。
イメージ 5
 
  ワラは叩いて柔らかくしてから細工に使います(写真⑥)。
イメージ 6
 
  ワラジ作りの様子です(写真⑦⑧)。
イメージ 7
 
イメージ 8
 
  これはムシロを織っているところです(写真⑨)。
イメージ 9
 
  これは俵編み機です(写真⑩⑪)。
イメージ 10
 
イメージ 11
 
  俵を編んでいるところです(写真⑫)。
イメージ 12
 
  ムシロ織り機がありました(写真⑬)。
イメージ 13
 
  蚕が繭を作る場所を蔟(まぶし)といいますが、それを編む道具です(写真⑭)。養蚕の道具は大量生産に入った明治以降急速に道具の改良が進みました。これもまぶしの進化型です。
イメージ 14

  島田まぶし折り機というものがありました(写真⑮⑯)。
イメージ 15
 
イメージ 16
 
  続く
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事