続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

    2014年9月30日(火)
 
  今、新潟県湯沢町の湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」にいます。場所は上越新幹線越後湯沢駅の北約400メートルです。
 
  真綿を木綿の一種と思っている人がいるかもしれません。真綿は蚕の繭そのものを綿状に引き延ばしたものです(写真①)。
イメージ 1
 
  これが真綿です(写真②)。
イメージ 2
 
  さて、これは滅多に見られない道具です。まずは蚕種付け用具です(写真③)。種紙を台紙で上下からはさんで台紙の上だけ丸くくり抜きそこに黒い紙の輪を差し込みます。その中に蚕の成虫を入れて産卵させます。
イメージ 3
 
  産卵後の蚕はその後潰して伝染病の検査に回されます。その検査用の箱です(写真④)。この一連の作業は一般の民家でやるのは困難なため、専門の業者が行います。農家はそこから種紙を買うのです。
  この工程はとても重要で、怠ると伝染病が蔓延して蚕が全滅することがあります。1854年頃にフランスで現実に起こったことです。このときは日本からフランスに大量の蚕種を輸出したのです。
イメージ 4

  さて、養蚕の話はこれで終わりです。
  油搾り器が登場しました(写真⑤⑥)。テレビのダッシュ島では椿油を取るときに潰した椿を布にくるんで手で絞っていましたが、その程度では全部は絞れません。テコの原理を応用するかネジを使って圧搾するとよく搾れます。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
  往時の食品加工機です。粉挽きをしたりミンチを作ったりで結構な汎用機だったようです。肉を挽いた道具でコーヒー豆を挽きたいとは思わないかもしれません(写真⑦)。
イメージ 7
 
  「いざりばた」という名札が付いた織機です(写真⑧)。「腰機(こしばた)」の一種で、手元付近にある取っ手に着いた帯に腰を通して経糸の張り具合を調整します。
  普通に見かけるような高機と違い小振りで簡単に動かせるため現在も世界各地で使われています。
イメージ 8
 
  筬(おさ)です。綜絖(そうこう)と並んで経糸を制御する重要な部品です(写真⑨⑩)。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
  糸車や座繰りです(写真⑪)。
イメージ 11
 
  中央は桑切機です(写真⑫、⑫の2)。養蚕が小規模な頃は桑切包丁でも間に合うのですが、製糸工場ができて大量に繭が必要となるとこういう機械が必要です。右端から桑を押し込み、押し切りで切って右の箱に溜めます。
イメージ 12
 
イメージ 13
 
  この写真は切った桑を蚕に与えているところです(写真⑬)。
イメージ 14
 
  自動式の座桑機なるものも発明されたようです(写真⑭)。いつ頃のものでしょうか。大量生産となると必要に迫られて機械化、省力化が飛躍的に進みのはいつの時代も同じです。
イメージ 15
 
  残念ながら現在の日本の養蚕は壊滅状態です。もう一度産業として復活できたら日本中が元気になると思うのですが。
 
  では次に行きましょう。
 
  続く
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事