続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

    2014年9月30日(火)
 
  今、新潟県湯沢町の湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」にいます。場所は上越新幹線越後湯沢駅の北約400メートルです。
 
  背負子です(写真①)。左の方はかなり細長い感じです。
イメージ 1
 
  「背中いち」という名札が付いています。背当てのことで背負子と体の間に挟んで背中を保護します。あるとないとでは大分違ったでしょう(写真②、②の2)。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
  「たす」と呼ばれる小籠です(写真③)。ワラ製で農作物や山菜を入れました。
イメージ 4
 
  ワラ製の宝船です。米俵を積み、松竹梅で飾り立てています(写真④⑤)。目を凝らしましたが七福神は乗っていなかった様な気がします。
  舷側に亀がいるのが分かるでしょうか。鶴はどこでしょう。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
  では、次に行きましょう。こういう展示になりました(写真⑥)。例によって詳しく紹介しましょう。
イメージ 7
 
  手鉤(てかぎ)です(写真⑦)。荷役現場で広く使われている現役です。
イメージ 8
 
  名札は扇風機ですが、農業用の手回し式送風機です(写真⑧⑨)。取っ手と羽は歯車で連結されているのでとても円滑に動かせたでしょう。この風で脱穀した籾とゴミなどとを選別したのです。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 一斗枡と枡かき棒です(写真⑩)。米一斗は約15キロ、重いので斜めに持ち手が付いています。取引の公正を期すためにすり切り用の棒も使われました。
イメージ 11
 
  土臼です(写真⑪⑫)。江戸時代に発明され、戦前まで普通に使われた籾摺り器です。
イメージ 12
 
イメージ 13
 
  同じ籾摺り用の臼ですがこちらは木臼です(写真⑬⑭)。木臼を作るには大きな木が必要だったとか、土臼の方が重量があって使いやすかったというような理由から土臼の方がよく使われたようです。
イメージ 14
 
イメージ 15
 
  土臼を使っているところです(写真⑮)。
イメージ 16
 
  続く
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事