続・よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

    2014年9月30日(火)

 今、新潟県魚沼市須原の須原公園にいます。場所は只見線の須原駅のすぐ北西のところにあります。公園の中にある守門民俗文化財館を見学中です。
 中央は蒸し器です(写真①)。
イメージ 1

 こね鉢です(写真②)。そば、うどん、団子などをこねるのに使われました。
イメージ 2

 大小のこね鉢です。大きいほど使いやすいですが、ものや量によっては小さい方が便利なときもあります(写真③)。
イメージ 3

 各種ザル、うどん上げなどです(写真④)。
イメージ 4

 羽釜と釜敷きです(写真⑤)。
イメージ 5

 羽釜の中に入っていたのは大きな杓文字でした(写真⑥)。こういう大きな釜で炊きあげたご飯、おいしかったでしょうね。
 今の電気釜もとても性能が向上しましたが、その分、これが炊飯器かと思われるくらい高価なものになりました。一時期、中国人に大変な人気があったようです。
イメージ 6

 これは移動式の鋳物製かまどです。コンロと言った方がいいでしょうか(写真⑦)。こういうものも災害等に備えて備えておくといいでしょう。石油コンロの方が使いやすいかもしれません。
イメージ 7

 これは手桶の底です。桶の部分は無くなり、何か書かれている底だけ残ったようです(写真⑧)。
イメージ 8

 わざわざ、書かれていた詩の解説までありました(写真⑨)。どうも俳句が3句書かれているようです。
 江戸時代は俳諧がとても盛んでした。今、テレビのプレバトの夏井先生が人気ですが、これで多くの人が古い俳句も鑑賞できる教養を身につけることができれば素晴らしいことと思います。
イメージ 9

 飾り気の無い昔のラジオです(写真⑩)。
イメージ 10

 一種のザルです(写真⑪)。
イメージ 11

 これは箕のような格好をしていますが、使い勝手がいいので台所まで進出したと言うことでしょう(写真⑫)。
イメージ 12

 湯たんぽです(写真⑬)。
イメージ 13

 一斗枡です(写真⑭)。俵には4斗入り、現在通用している紙袋には2斗入ります。米の一斗は約15キロ、昔の人にもさすがに重かったので取っ手が付いています。
イメージ 14

 行火もありました(写真⑮)。行火は移動式なので櫓炬燵の中に入れたり、就寝の時に布団の中に入れたりしました。今だと身の危険を感じそうです。
イメージ 15

 右の行火は小さい櫓に入っています(写真⑯)。これだと安全という感じがします。電気が登場すると、この行火、熱源を電気に変えて昭和40年代まで使われることになりました。豆炭行火の方が小さくて使いやすかったと思います。
イメージ 16

 続く

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事