全体表示

[ リスト ]

日本においてもブロードバンドの普及は大変進んでい ると思いますが、
ADSLから光回線への切替促し、光回線の利用を2015年までに全世帯に広
めるという、「光の道」構想が面白いと感じてい ます。この構想についてはぜ
ひとも実現して欲しいところです。問題となりそうなのは通信料金の引き下げか
もしれません。前日も、ソフトバンク の意見広告によって、税金をかけずに料
金を安くする方法が各新聞に出ていました。ポイントとしては、光回線の7割を
占めるNTTのあり方が、 やはり焦点になるのではないかと思います。国際
ジャーナルでも、これからの日本の光回線の普及について、詳細な分析を行って
欲しいと思いま す。総務省でも、このテーマについては様々な検討が進んでい
るのではないかと思います。光回線の普及によって、日本の経済も恩恵を受ける
こと は間違いないと思います。より高速なインターネット回線を使うことに
よって、国民の生活にもプラスが生じてくる可能性が大きいと言えるのでは な
いでしょうか。日本は光回線が9割の世帯をカバーしているが、実際に使ってい
る世帯は3割となっています。やはり料金を下げる政策が必要で す。官民一体
となって、この構想を実現して欲しいと思います。






「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事