全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最近の話題ですが、労働契約法の改正案が参議院本会議で可決されています。こ
れは、契約社員など雇用期間に限りのある人の雇用の安定を図るため、 5年を
超えて働いた非正規労働者が希望すれば、企業は期限のない雇用契約に切り替え
なければならないとする内容です。この背景には何があるので しょうか。契約
社員などの人数は、厚生労働省の推計でおよそ1200万人となっています。こ
の改正法の影響について注目してみたいところです。



勿論、知人は、最初はとても苦労していましたが、インターネットのお陰で簡単に情報を集める事が出来て、なんとか今の職場に就くことが出来ました。
雑誌には色々な情報が書かれており、リニューアル仲介というものからフラット35と書かれたページまでありました。
近頃、犬を飼おうと思っているので、ダニの壷などのペット用品を探すために近くのホームセンターを訪れているといったような話も聞きました。
建物のデザインとしては新築一戸建てが、一押しで、なんでも開放的な空間でゆとりがあり生活が豊かに感じられそうだと話していました。
細やかに健康に気を遣う知人は、そういったコスメや食品についての情報を集めることがとても上手です。
また、健康に気を使う年になったので健康日記を付け始めた事などが多くなってきました。
リフォームを考えている人向けに外壁塗装 八尾を行っている、 地域密着で経験を積んでいるベテランの職人が評判の専門店のおすすめも見かけたそうです。
友人はシアル酸見つけたりとネットサーフィンを頻繁にしています。
将来的に一戸建ての購入を考えている友人は、いつかこの物件の様なマイホームを建てるのが夢だと話していました。
友人は学生時代にスーパー来夢を扱うような会社でも様々なアルバイトを経験しているそうです。

開く コメント(0)

非常に驚いたニュースがありました。
それは2月22日の日本時間午前9時前に、ニュージーランドでマグニチュード6.3
の強い地震が起きたというのです。
この自身で、多くの死傷者が出ているということです。
この日のテレビを見ていると、ニュースではない番組でもニュース速報で地震に関する
報道がされていました。
ニュース番組では、がれきの下敷きになってしまった人が救助されている様子や頭から
血を流している人の姿などが報道されていました。
以前、雑誌「現代画報」にも「震災」に関する記事が載っていましたが、本当に地震
というものは恐ろしいです。この日のお昼には日本の専門学生が生き埋めになっている
という情報も入ってきたのです。今後、どのような被害が見えてくるのでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル

開く コメント(21)

愛知県の豊橋総合動植物公園にいるホッキョクグマのキャンディが、3月の頭から札幌市円山動物園に繁殖のために貸し出されることが決まったそうです。いわゆる、キャンディのお嫁入りとなったわけです。日本国内ではホッキョクグマ飼育頭数は減少をたどっているそうで、日本動物園水族館協会というところが進めている全国規模の繁殖プロジェクトの一つとしてお嫁入りとなったそうです。ちなみに浜松市動物園や釧路市動物園など日本国内の8つの動物園や水族館の間で、5頭を「貸し出し」の形で移動するそうで、キャンディは2年間の貸出予定だとか。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心〜VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

開く コメント(0)

菅政権が農業改革についてどのような検討をしているか気になるところですが、
その素案が明らかになっています。民主党が政権をとる上でのマニフェ ストの
目玉である戸別所得補償制度はどうなったのでしょうか。現在の一律支給につい
ては、大幅な見直しが行われそうです。今後の行方については注 目したいと思
います。今後の日本では、大規模な農業についての補償をメインとして政策が検
討されるのかもしれません。今後の農業政策について注目 したいと思います。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
国際ジャーナル

開く コメント(0)

日本は石油を中東に依存していますが、そのサウジアラビアでは、石油輸出国機
構加盟国であるリビアの原油輸出停滞が見込まれる状況に対応して、新 しい動
きを見せています。これは日本にとっても重要な動きではないかと思います。サ
ウジアラビアでは原油を増産していく方針の様です。中東全体で みれば、石油
が安定的に供給される事になるかもしれませんが、今後の政治情勢によっては、
新たな展開もありそうです。これからも注目したいと思い ます。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事