全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
毎日毎日、ニュース、そしてワイドショーのトップを飾っている、

市川海老蔵さんの殴打事件。



次々と新たな情報が、テレビの中で飛び交っています。



真相はどこかに、必ずあるんでしょうが・・・



しかし、事件直後からマスコミが、騒ぎすぎてしまってませんか?

マスコミが騒ぎすぎて、被害者も加害者も、その上、第三者の人も

知らなくてもいい情報が、飛び交ってしまっている。



そのせいで、いろいろな思惑がでてしまう、ということもありますよね!



ワイドショーは、海老蔵さんの殴打事件だけでなく、

市川海老さん自身の特集、みたいなものまで放送している。



今回の事件、マスコミが騒ぎすぎだと思います。



そうそう、1日に何度も放送されるあの血痕の残っているビルですが、

当初は自動販売機があったのが、今日の映像では撤収されていました。

自動販売機会社の人も、こんな形で自動販売機が映されるのが、

嫌だったのでしょうかね。



海老蔵さんを殴ったとされる男性は、まだ見つかっていませんけど、

はやく警察に出頭して、自身で真実を語ることが大事では?



今回の事件、なんだか子ども同士の喧嘩を大人がすると

こんな惨劇になってしまう・・・そんな気がしました。



もう成人して何年もたっているのですから、もっと大人になって欲しいですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社
いい訳は、いくらでもできますよね〜(笑)

そして、民主党、政権を取ってから、何かと色々と問題がでてくる。

どこの党でも、変わりないということでしょうか・・・



今回の件、先日開催された、議会開設120年記念式典で、
民主党の中井洽前国家公安委員長が、秋篠宮ご夫妻に対し非礼な発言をした。



その発言した声は聞いてはいませんが、誰も座っていないのに、中井氏だけが一度着
席し、

すぐに立ってのを見る限り、よほど座りたかったんでしょうね。



「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」

と言った問題発言は、秋篠宮ご夫妻ではなく、副議長の方々に向けて言ったそうです
が、

それでもやはり、問題発言ではないでしょうか?



誰に対して言ったから問題発言なのではなく、問題になるようなことを発言したか
ら、

問題になってしまった、と考えるべきです。



いい大人が、ましてや国を代表するような方が、言葉を考えずに発言する。



国会中継をみていると、野次を飛ばすためだけに参加しているのでは?、と思ってし
まうほど

中身のない中継が多すぎです。

そんなことばかりやっているから、とっさの時、本音をポロっと出してしまうのでは
ないでしょうか。



今回の件は、誰に言ったではなく発言に対して、きちんと謝罪して欲しいですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン
新聞に載っていた記事ですが、日本自動車販売協会連合会が12月1日に発表した
11月の軽自動車を除いた新車販売台数は、前年の同じ月と比べて30.7パーセント
減の20万3246台にとどまったということです。
3か月連続の減少で、下げ幅は10月の26.7パーセントよりも拡大されました。
11月としては1968年の統計開始以来最大となってしまったのです。
やはり、9月の「エコカー補助金終了」に伴う反動が販売に深刻な影を落としている
ようです。

補助金の恩恵を受けたメーカーほど反動減も厳しいようです。ハイブリッド車の販売を
大幅に伸ばしたメーカーが34.3パーセント減、別のメーカーが37.6パーセント減、
また別のメーカーは40パーセント減となったのです。
落ち込んだ需要が戻るには数ヶ月かかるとみられているようで、当面は厳しい状況が
続く見通しだそうです。ですが、補助金効果による8月までの上積みがあるために、
「12月が前年と比べて3割減となっても、2010年の販売台数はリーマン・ショック
があった2008年を上回る」という話もあるようです。

まだまだこの国は「不景気」が続いています。「不景気」に関する内容の記事が
国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように記憶していますが、
このエコカー補助金は、多くの人が喜んだシステムだと思います。
「今が買い時」と判断した人が多かったのでしょう。あっという間に予算がなくなって
しまったようですね。非常に残念な話でした。
ちなみに家電製品のエコポイントも半減されるという話です。
今後、自動車関連、家電製品関連はどのような状況になるのでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
報道通信社
このところ、エコカー補助やエコポイントの終了とい う話題が、日本の景気に
ついてどれくらい影響を与えるかがポイントになっていますが、この7〜9月期
の実質国内総生産(GDP)は、前期比 0.9%増となっています。これは、
4四半期連続でプラスという結果です。年間では3・9%の成長率を実現するこ
とができました。この数字か らはどのような判断をすればいいのでしょうか。
日本の経済は、ある程度の回復状況にあるのでしょうか。エコカー補助について
は、政府の財源も 心配なところです。補助による景気回復では、一時的に終わ
る可能性があるかもしれません。この点については、国際ジャーナルでも分析を
してほ しいところです。今年は夏が暑かったので、エアコンが売れたという追
い風もありました。これが今後も続くかは、正直なところ微妙ではないかと 思
います。これからの日本としては、少子高齢化という環境で、どのように持続的
な成長をしていくのかという事が話題になっています。円高やデ フレなど、経
済の基本的な面の問題は解消されていません。雇用問題についても、若者の就職
難を始めとして、これからの景気回復に悪影響が予想 されますから、これから
も景気の動向には楽観視は禁物かもしれません。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社
現代画報
インターネットやパソコンの動向については、アメリ カを中心としてスピード
感がありますが、ベンチャー企業の動向についても大きな影響があります。最近
聞いたニュースですが、アメリカにおける ベンチャー企業とマイクロソフトの
連携についての報道に興味があります。これはスプラッシュトップというアメリ
カのベンチャー企業が、マイク ロソフトのOSに高速起動できる仕組みを組み
込んだというものです。これによってどのような影響があるのでしょうか。この
ソフトによって、今 まで起動が遅いと言われていた、マイクロソフトのウイン
ドウズの立ち上がり速度が、改善されるそうです。そうなると一般のパソコン
ユーザーに とっても恩恵がありそうです。このようなベンチャーと大手のコラ
ボレーションについては、国際ジャーナルでも同じ様な事例を紹介してほしいと
思います。この高速起動ソフトはビングという名前です。このソフトの利用者
は、スプラッシュ社のサイトで新OSを無料で取り込んで使う事にな りそうで
す。その後、パソコンの電源ボタンを押して数秒で起動することができますか
ら、これは楽しみなソフトではないかと思います。実際に 使ってみて、その効
果を試してみたいと思います。





「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事