全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
日本は原油輸入の9割近くを中東に依存しています。主要な国はサウジアラビア
などです。これは事実ですから、日本としての中東戦略はとても重要で す。石
油調達に関するリスクの分散を図るためにはどうすればいいでしょうか。例えば
インドネシアやロシアなどに原油の調達先を広げる方法がありそ うです。いず
れにしても努力が必要です。また、太陽光や風力など石油に代わる再生可能エネ
ルギー開発を、国全体で進める戦略も考えられると思いま す。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心〜VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
報道ニッポン

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

一昨年の年末、2009年12月31日を最後に、日本から撤退をしたウェンディー
ズですが、

日本に再上陸が決定しました。



都内に再上陸1号店を今年の後半にオープンをさせ、その後、数年をかけて全国に出
店をするのだそう。

再出店をするぐらいならば、前回撤退する時、もう少し吟味しても良かったのではな
いでしょうか?



たしかに、前回と今回の提携会社が違うので、そうは上手くはいかなったかもしれま
せんが、

これから一からやり直して、果たしてどこまで盛り上げていかれるのか・・・高みの
見物を行きますかね!


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

画家の岡本太郎さんといえば、かなり有名な人ではないでしょうか。
高島屋大阪店で約40年前まで飾られていた岡本太郎さんのモザイクタイル画
「ダンス」の修復が終ったそうです。そして、3月1日に7階レストランフロアの
ロビーで除幕式が行われたということです。
作品は常設展示して一般に公開されるそうです。
この様子はテレビでも放送されていました。
私はテレビ画面を通じてしか見たことがないのですが、「迫力がある」というのが
まず最初の感想でした。
大阪には「太陽の塔」という有名な塔がありますが、いつになっても残っている
作品を作っておられたんですね。これからも残り続ける作品になることでしょう。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道通信社

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

朝早い時間からテレビでも取り上げられていたのですが、2月18日の午前2時
すぎに、兵庫県尼崎市塚口町の「塚口中央市場」から出火し、木造2階建ての建物
のべ約2000平方メートルを全焼して、約6時間後に消し止められたそうです。
これが原因で阪急電車が一時運転を見合わせたそうです。
この日の午前中のニュースでは、原因を調査している段階だということでしたが、
今年は「乾燥」がひどい季節になっています。よく消防車のサイレンを耳にする
のですが、乾燥状態もあって火災が起きやすいのでしょうか。
火の確認はきちんとしなければなりませんね。
今回の火災でけが人は出なかったようです。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

最近は菅直人首相と自民党の谷垣禎一総裁らによる党首討論も行われています
が、刻に民目線でいろいろと聞いてみたいこともあります。日本を取り巻 く状
況を、この二人はどう認識しているのでしょうか。そして、日本が抱える難題を
解決していく方向性をどのようにみつけていくのでしょうか。民主 党のマニ
フェストの行き詰まりと、小沢一郎元代表に近い衆院議員16人の会派離脱騒動
が民主党の争点となっていますが、もっともっと重要な部分で の話を聞きたい
と思います。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事