全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
国会では与野党の議論が続いていますが、お互いに語気強く対決するだけでは、
新たな展開も望めないと思います。参院の野党多数というねじれ状況が 続いて
いますが、今こそ日本の将来を見据えた、長期的な政策立案が必要な時期だと思
います。政治家についてはその点を理解して欲しいと思います。 外交・安保問
題についても、新たな日本の戦略が求められている時です。 単なる野次の飛ば
しあいでは何も前進がありません。その点を議員の皆さんにも理解して欲しいと
思います。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心〜VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

開く コメント(0)

先日から、京都大学などの入試問題が試験時間中にインターネットの質問サイトに
投稿された問題が大きく取り上げられています。
これはテレビや新聞で取り上げられていた内容なのですが、京都府警が投稿に
関与したのは東京の男子高校生2人とほぼ特定したということが分かったそうです。
本当かどうかは分かりませんが・・・。
この男子高校生が本当にそのようなことをしたかどうかは分からないにしても、
誰かが操作しなければ、インターネットサイトには掲載されないはずなので、誰か
が行った行為だと思いますが、何を目的として何を考えて行っていたのでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社

開く コメント(0)

東京スカイツリー、今朝の時点では594メートル、午前11時15分に596メー
トル、

午後1時7分に600メートル、そして2011年3月1日の午後1時29分、

高さ601メートルに達しました。

これで、中国広東省の600メートルの広州タワーを抜きましたので、自立式電波塔
として

世界最高に君臨です。

2008年7月の着工から約2年半の月日が流れ、ついに目標としていた世界一の座


東京スカイツリーはやっと就いたのですね。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
報道ニッポン

開く コメント(0)

リーマンショック以降立ち直りを見せている日本経済ですが、石油価格が1バレ
ル当たり10ドル上昇すると実質国内総生産(GDP)を0・1%押し 下げる
という話を聞いたことがあります。最近の石油価格の上昇において、ちょっと気
になるところです。政府の対応はどうなるのでしょうか。中東情 勢に関する緊
急の関係閣僚会議が続いていますので、早急な政策立案を期待したいと思いま
す。日本の景気の先行きは依然不透明です。企業収益の悪化 をなんとしても食
い止めてもらいたいところですね。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
報道通信社

開く コメント(0)

民主化を求めるデモによって混乱が続くリビアですが、一部の報道機関からは国
内に備蓄されているマスタードガスが使用されるのではないかという報 道が起
きています。これはどうなのでしょうか。ちょっと不安にさせるニュースです。
マスタードガスはどのような武器かというと、皮膚をただれさせ る化学兵器の
一種です。マスタードガスの保管体制の安全性のほか、カダフィ大佐が国民に対
して、自らの保身のために使用することもあるのでしょう か。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心〜VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事