全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
新聞に載っていた記事なのですが、秘湯として地元住民や露天風呂の愛好家などに
人気がある青森県むつ市大畑町の露天風呂があるそうです。通称「隠れかっぱの湯」
と呼ばれているそうなのですが、この「隠れかっぱの湯」が撤去されることに
なったそうです。
管理者がいないために公衆浴場法に抵触するとして、県からの指摘を受けたことで
撤去を決めたそうです。2月17日には解体工事が始まるそうですが、全国的に
有名だった秘湯だったということで、多くの人から惜しむ声があがっているそうです。
私は「隠れかっぱの湯」の存在を知らなかったのですが、非常に残念な話だと思います。
多くの人に知られているようで、多くの人に愛されているようです。
そういった有名な場所がなくなるというのは、寂しいですね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

新聞業界は読者離れで苦戦を強いられているようですね。

理由は、パソコンや携帯電話などインターネットの普及。



収益の二本柱である購読者数・広告費はともに減少傾向傾向で、全国紙・地方紙を問わず、

売上は下がり、夕刊の廃止や休刊も相次いでいるみたいです。



という、わが家も新聞を辞めて半年以上が経ちます。



朝刊のみの購読でしたが、新聞がポストから取られずすう日分が溜まる事もありました。


しかし、広告とテレビ欄は見たいなぁ。。という気持ちと、

勧誘の押しに負け、ダラダラと契約が続いていたのですが、家計の見直しをした時、

やはり一番に必要のない物として「新聞」が・・・



考えてみたら、チラシを見たからと買い物に行く訳でもなし、特売があるからと飛び込んで買いにも行かない。

毎週、電化製品や車、家のチラシが入りますが、まず、買う事もなし(笑)

結局、新聞は廃品回収のお役に少し立っている程度なのが現実。



勧誘は一度、お金がないからと断ると、あとは楽です(笑)

どこの新聞会社の勧誘が来ても、



「家計の見直しの結果、新聞は取らなくていいと家族会議で決まりました」



この、言葉を言えば無理押しはしません。

ただ、そこで一回でも、数ヶ月でも契約すると、後が大変かもしれません。

たぶん、業界内で各家庭の契約状況が出回っているみたいだから・・・

だって、契約終了直前になると、数社が契約したくて来るんだから、知らないと言っても現実は・・・

知ってるでしょう!と思いますよね。



そうそう!

子どもの学校で新聞持参時、クラスの8人に一人は新聞取っていない統計がわかりましたよ♪

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル

開く コメント(0)

国際通信社から発行されている雑誌には、世間が賑わう様々なイベント
の内容が様々な角度から取り上げられていると思います。
2月に入ると世間で賑わうのが「バレンタインデー」ではないでしょうか。
今年のバレンタインデーは月曜日です。昨年は日曜日、一昨年は土曜日
でした。3年ぶりの平日となります。
仕事をされている女性は、同僚や上司の方などの「義理チョコ」を渡す
という機会が増えるのではないでしょうか。
最近では「友チョコ」といって、男性にチョコレートをプレゼントする
だけではなく、女性の友人にチョコレートをプレゼントするケースも
増えてきているようですね。
みなさんは今年、どのような意味を込めてチョコレートを渡しますか?


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道ニッポン

開く コメント(0)

新聞に載っていた記事なのですが、愛媛県四国中央市中之庄町にある医療センターで
昨年の12月の夜間、2次救急当番だったにもかかわらずに、救急隊の急患受け入れを
要請する電話に出なかったことが分かったのだそうです。

急患の70歳代女性は市内の別の病院に運ばれたということなのですが、亡くなったの
です。この医療センターは「警備員が警備員室から、事務員が詰めている事務当直室に
電話の受信を切り替えないまま巡回に出たのが原因」として、警備員室と事務当直室の
両方で電話を受けられるようなシステムに変更したと話しているようです。

「もし、電話に出ていてくれたら・・・」身内の人たちは思っているかもしれません。
人の命を救う場である医療の現場でそのような事が起きていたというのが残念でなり
ません。
国際通信社から発行されている雑誌にも「医療」に関する記事が様々な内容で載って
いたように思います。
急患というのは、いつ出るか分かりません。緊急の場でありながらたったひとつの作業
をしなかったために、時間が経ってしまった・・・。非常につらい話ですね。
「起きてしまったから今後の対策を」ではなく、起きる前から徹底した作業をすべき
なのではないでしょうか。
今回、愛媛県の医療センターの内容が新聞に載っていましたが、ひょっとしたら
全国で同じようなことが起きている可能性もあるのでは・・・と思いました。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
国際通信社

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

最近は農業の再生という言葉を良く目にしますが、農 家と農地という農業生産
の基盤が危機的な状況になっているのは間違いないと思います。農業が盛んな地
域にとっては、深刻な問題です。国際 ジャーナルでも、農業の再生についての
提言を行って欲しいと思います。日本の農業のデータを調べると、耕作放棄地は
10年前の倍近くなってい ます。農業従事者の平均年齢も65歳を超えてお
り、今後、高齢化と後継者不足は加速度的に進行するのは間違いないところで
しょう。これに対す る対策をどうすればよいのでしょうか。政府は農業の大規
模化を提言していますが、単純な問題ではないと思います。今後、離農が増え続
けても、 個々の農家に、農地を増やす余力はほとんど残っていないという意見
も聞いたことがあります。実際の農業の現状に合った新しい政策作りがもっと
も重要です。農村の過疎化も大きな問題になっています。農村の生活機能が維持
できなくなっている状況が増えています。農業以外の分野から人材 を呼び込む
担い手育成を、これからどのように進めていくのか、それが政策立案にとっても
重要です。日本の農業の再生に向けて、抜本的な政策が 求められています。そ
の点をこれからも注目してみたいと思います。






大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事