全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
雇用の問題は、日本にとって大きな問題となっていま す。経済状況の悪化によ
る失業者の増加や、若年層の就職が困難など、問題は山積しています。そのよう
な状況の中で厚生労働省が求職者の正社員 化を支援するジョブカードの見直し
に入っています。これはどのような背景があるのでしょうか。行政刷新会議によ
る昨年の事業仕分けで制度は いったん廃止と判定されています。その後、連合
などの要望を受けて、政府が新年度も存続させることを決めたという経緯があり
ます。国際ジャー ナルでも、このジョブカードをめぐる動きを分析して欲しい
と思います。いまや働く人の3人に1人が非正規労働者というデータを見たこと
があり ます。ジョブカード制度についても、その問題点を徹底的に洗い出し
て、正社員への転換促進に役立つような施策に改善して欲しいと思います。
ジョブカードとはどんな制度なのでしょうか。これは、フリーターなど正社員経
験の乏しい若者らを対象に、職業訓練歴や資格の有無、職務経歴な どをまとめ
て記載するというものです。そして就職活動やキャリア形成に生かす事を目的と
しています。いろいろと問題もあるかもしれませんが、 雇用状況の改善に向け
て政府も頑張って欲しいと感じます。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

日本の経済発展を支えてきた産業といえば、やはり製造業だと思います。特に、
トヨタ、ホンダなどの自動車産業については、その中でも代表的な産業ではない
かと思います。これからの日本経済において、この自動車産業の行方はどうなっ
ていくのでしょうか。最近はインドなどでも、低価格の車を地元の自動車メー
カーであるタタが発売するなど、日本勢も安心している状況ではなくなってきま
した。インドのニューデリーでは、年明けにモーターショーが開催されていま
す。トヨタ、ホンダなど日本メーカーを含めた、世界中からのメーカーが集ま
り、大盛況となったそうです。自動車のメイン市場は、中国やインドにシフトし
ていることを現す象徴的な出来事なのかもしれません。国際ジャーナルなどで
も、インドの自動車産業に対する分析については、もっと報道してもらいたいと
思います。インドの自動車市場では、スズキの現地法人「マルチ・スズキ・イン
ディア」がシェアの50%を占めていいます。そのスズキは独フォルクスワーゲ
ンとの統合を発表したのは記憶に新しいところです。アメリカGMなど、世界の
大手メーカーも、インドに対する低価格戦略車を今回のショーでは出品していま
す。インドはまさにホットな戦場になっている様です。








国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心〜VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
報道通信社

開く コメント(0)

普段は捨ててしまうフリーペーパーをじっくり読んでみた。
なかなか充実していて面白かったです。
中に、木村太郎さんの「ニュースの真髄」というコラムがあり、
政治資金について、こんな風に書かれていました。

小沢民主党幹事長の政治資金疑惑についてはいろいろ取り沙汰されているが、
自分が気になるのは、資金のやりとりに現金が使われていることだ。と。

人により供述内容もちがっていることから、木村氏は、
問題は現金には印がついてないことだ。誰がいつ渡したか金かをたどることが出来ない

。と。
また、筋の悪い金なら出所をごまかせるし、自分のお金でも証明が出来ない。と。

米国では100ドル以上を越える政治献金は小切手でなければならない。
(誰がいつ支払ったかが追跡できる)日本なら、口座振込でも同じ効果があるだろう。

と。

こんなコラムでした。
昔から袖の下が横行している世界。
キレイな政治を提言するなら、身から離して論ずるのは、もっともな気がします。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
国際通信社

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

大相撲の八百長疑惑・・・



何度となく取り沙汰されてきた問題ですが、捜査当局が押収した現役力士の

携帯電話のメールのやりとりから、疑惑が明るみに出たそうで、もう逃れる

ことはできないでしょうね。



八百長とはインチキのこと。

真剣に争っているようにみせながら、じつは事前に示し合わせた通りに勝負を

つけることです。

由来は、八百屋の長兵衛、通称「八百長(やおちょう)」が大相撲の年寄であった伊
勢ノ海五太夫と、

囲碁の勝負をする際、実力が上のはずの長兵衛でしたが、八百屋の商品を買ってもら
う商売上の打算から、

囲碁の勝負にわざと負け、伊勢ノ海五太夫の機嫌をとっていたことが由来、なんと
も、「八百長」の語源は

相撲界ということですね。



相撲界はすべてゼロにして、心機一転しないと、国技なんて言わせたくないです!




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

開く コメント(0)

寒い日が続いています。そのような日は暖房器具を使用する家庭が多いと
思うのですが、その中でも灯油を使った暖房器具を利用している人もいるでしょう。
石油情報センターが2月2日に発表した灯油の店頭価格の全国平均は、1缶当たり
1529円という値段がついていたようです。
10週連続の値上がりだということで、2年2か月ぶりの高値水準となっています。
原油価格の上昇に加えて、気温が低めに推移して需要が増えたことが要因だそうです。
これは、新聞記事に載っていた内容でした。値上げというのは、本当につらい話
ですね。食べ物でも消耗品でも値上げされるというのは、生活に影響が出てしまいます。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事