過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

お金を儲けようとしている出版社の意図と、印税で少しでも家計の足しにしたい人の事情がちょっと垣間見れちゃうのが、有名人の自伝本ですよね。去年、覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けて、現在は執行猶予中の元女優である酒井法子さんが、12月3日に自叙伝『贖罪』を出版することがわかったのだそう。本の中には、酒井さんの薬物使用へと至った経緯などについても、赤裸々に告白しているのだそう。今年の6月には旦那さんと離婚し、今は息子さんと一緒に大学生をやりながらの日々を送っているそうですが、彼女の生い立ちから、タレント活動、そして薬物事件や家族のことなどについてふれ、覚せい剤関連の話題では、2章分を費やして、所持や使用を後悔していること、何故、止められなかったのかに触れているのだそうです。一応今の酒井さんは、創造学園大学の通信課程に在籍しており、介護について、自宅学習を続けているのだとか。また、数週間に1度はスクーリングのために、創造学園大学へ通っているそうで、受講態度も「非常に真面目」だそうですよ。判決から1年が経過し、実は中国の食品関連企業からCMのオファーなどが届いているようですが、現時点ではまだ執行猶予中の身ということで、断っているのだとか
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事