過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日、あるテレビ番組で「自転車大会」が行われたと放送されていました。
自転車については以前、雑誌「現代画報」でも紹介されていたように思います。

今回、テレビで放送された自転車大会は、65歳以上が対象となっていました。
大会が実施された理由は、自転車による事故数が毎年増えてきているようなのです。
2008年では、約700件。そのうち、65パーセント以上が高齢者だというのです。
私が住んでいる地域でも高齢者だろうと思う人が自転車に乗っている姿をよく見かけます。
かなりフラフラしながら乗っていて、車が後ろから近づいてきているのに何も確認せずに平気で
道路を渡ろうとするのです。道路といっても大きくはない道路ですが、見ているだけでこちらが
ヒヤヒヤしてしまいます。
また、道端で転んでいる人も見かけるのです。自転車もひっくり返っていて、転んだ高齢者は
なかなか身動きが取れない状態になっているのです。
「高齢者」と呼ぶにはまだまだ・・・という人も同じような自転車の乗り方をしているのも
見かけます。

テレビで放送された自転車大会ですが、幅30センチのところを直進したり、またS字運転をしたり
と項目が決まっていたようです。障害物を避けるような項目もあったように思います。

「家で練習してきた」と自信を持って参加していた男性も、思うようにいかなかったようで、
フラフラしながら、幅30センチを大幅に超えてしまっていました。

「自転車だから」という安易な考えでは、事故に遭ってしまいます。もしくは、自転車で人を怪我
させてしまうこともあるでしょう。車よりは簡単な乗り物かもしれませんが、周りの確認や交通
ルールを守るなどということは、車と同じだと私は思うのです。
自転車は便利な乗り物です。だからこそ、常に安全確認をして快適に乗りたいものです。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事