全体表示

[ リスト ]

元映画館だったところに行きたい。90年代を知る友と西四駅B口で待ち合わせ。西四駅(交差点)からすぐ東にあった映画館を通過(グレーの建物。今は営業していない)。友が言う。「ここが胜利电影院で、あっちに红楼电影院がある」。え?そんな近くに二つあるんだ?私はここしかわからないな。
イメージ 1

かつての「胜利电影院」。
イメージ 16

私が語学留学していた1991年頃、この映画館の向かいに魚屋があった。北京で魚だけを売る店は珍しいと思っていた。中に入ったことはなかったけど。それを話すと、友は「魚屋は覚えてないけど、そこら辺がいつも水浸しだったのは記憶にある」。私は水浸しは覚えていない。でもこんな風に昔のことを知ってる人がいるのとても嬉しい。

イメージ 18
ネットから拾ってきた「西四魚店」。私が覚えている90年代はこんな感じじゃなかった。これはもっともっと古い時代だろう。

早在500年以前西四牌楼是杀人场的时候,西四牌楼东南角就是一家卖鱼的店铺,具体鱼店老板姓什么,大家都记不得了,都知道1956年公私合营成为西单西四大街最大的水产品经营商店,但老街坊们仍然习惯称它――西四鱼店。

まずは腹ごしらえ。あづい。目的の食べ物まで1キロ以上。自転車に乗るか迷ったが、歩くことにした。昼ご飯の場所、顺天府超市に到着。
イメージ 2

6席しかない喫茶処。肘掛けが立てられる椅子。壁に張り付いてます感、強し。これ、スーパーの入口(通路)だからね。
イメージ 3

フードコートがあり、その中に「西四包子铺(西城区总店)」がある。
イメージ 4

並んでいる人は少ないのだが、番号札を持って、椅子に座っている人がたくさんいる。座っている女性が「私は1時間半待っている」と言った。え?

1時20分だった。正午は一番混むだろう。中で包子を渡している人はいるが、中のレジのところに人がいない。「売り切れ」とも書いていないが、どう考えても無理だ。諦める。

フードコートなのでいろいろあるのだが、biangbiang面にした。20元。
イメージ 5

本日一番の目的地へ。途中、西什库天主教堂を通過。
イメージ 6

この南側に赤い星の建物あり。何に使っているか不明。
イメージ 7

バス通りを西へ行くと、上の教会の配楼。現在の「1901」(カフェ)。教会もカフェも過去に行っている。記事は忍者ブログでここ
イメージ 8

私が行きたいのは元映画館。かつての姿。
イメージ 17

胜利电影院の一本南の通りを東へ歩いていると、友が見つける。「映画館ならここのはず。ほら、红楼って書いてある」。でも開いてない。ネットの地図ではもっと南になっている。
イメージ 9

バス通りに出て南下すると入口があった。上の建物と中でつながっているようだ。红楼公共藏书楼。
イメージ 10

入ってすぐは飲み物を買った人でないと座れない喫茶スペース。
イメージ 11

中は広々とした図書館。誰でも無料で入れる。本を借りるには手続きをしてデポジットを払う必要がある(身分証が要るか、料金は書いていない)。
イメージ 12

まあまあ静か。おばあちゃんが孫に本を読み聞かせていた。一応小さい声は心がけていたが、日本の図書館ではありえない。
イメージ 13
映画館だったのがよくわかる造りだ。

日本の小説もあった。東野圭吾とか。
イメージ 15

敷地内の喫茶スペースは本を読んでいる人もいて、おしゃべりできる感じじゃないので、出る。私がここらへんで行きたいと思っていたカフェへ行くため、ちょっと南にあるバス停「西四路口南」で105に乗る。

先日行ったばかりの「万松老人塔」が見えた。バスに乗って撮ったので、これ以上動けず。塔が木で覆われ、見えないな。場所は红楼公共藏书楼の真向かい。前回行った時は気づかなかった。

イメージ 14

コーヒー編に続く。


閉じる コメント(5)

顔アイコン

上海にもbiangbiang面の店が時々開店するのですが長続きしない店がほとんどです。
家の近くに出来た店も今は店をたたんでしまいました。
「一反木綿」のようなbiangbiang面は大好きなんだけどな〜。
ここに紹介した記事はこちら。↓
https://blogs.yahoo.co.jp/hn2043/69585905.html
https://blogs.yahoo.co.jp/hn2043/69493991.html
この他にも「ビアンビアン麺」で検索すると他の店の記事が出てきます。

2019/5/29(水) 午前 10:43 hn2043

顔アイコン

ビャンビャン麺はいつから登場したんでしょう?前からあったんでそしょうか?面皮と一緒でしょうか?と質問攻め
包子が食べたいです。

2019/5/29(水) 午後 0:31 [ woa***** ]

顔アイコン

何時頃から有るのかは定かではありませんが陕西では相当昔から食べていたようですよ。
陕西の面皮も始皇帝の頃から有るようですから面皮の傍系かも知れませんね。まあ、面の幅は大分違うようですが・・・

2019/5/29(水) 午後 10:22 hn2043

顔アイコン

魚屋さんがあったなんて、意外です。

映画館がリノベーションされて、図書館
になるなんて面白いですね。
しかし天井が高い!

ビャンビャン麺、ちょうどダンナと
ビャンの字は携帯では出ない、
字数が多すぎて字が潰れて見えない
からかな?と話題にしていました。

あの麺、食べごたえありますね!

2019/5/30(木) 午前 7:58 [ sumari ]

> hn2043さん
北京だと「biangbiang面の店」ということでなく、「陝西の麺」屋になります。

> woaichimianさん
10年前はあったかな。20年前は北京にはSなかったと思います。面皮の定義がわからないけど、biangbiang面はものすごーく宽。

> hn2043さん
副ブログ主に昇格?

> sumariさん

映画館はどんどんつぶれちゃって、でも新しいのはどんどんできていて(ショッピングモールに)、今時の最新型のほうに勝てないのかな。

字が潰れて見えない。確かに。今アトリエにいるけど、快適な自宅に戻ったら、筆で書いて記事に画像を足します。

2019/5/31(金) 午前 9:27 みどり


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事