全体表示

[ リスト ]

友:ここ『大地西餐厅』。昔からあるよ。
イメージ 1
私はまったく知らなかった。洋食ってどんな料理かと思ったら、「俄罗斯大列巴」と書いてある。ロシア料理だった。「洋食=ロシア料理」って80年代?

护国寺街。護国寺賓館
イメージ 2

友:ここ、外国人がよく泊まってるよ。
私:へえ。白人、平屋が多い一帯好きだもんね。前門のほうも、白人が多いよ。あのあたりに泊まってるイメージ 3


人民剧场。こんなところに劇場があるとは。っていうか、この道、通るの初めてかも。
イメージ 4

目的のカフェ「CoffeeTags(护国新天地店)」。グレーの五階建ての一番東へ。
イメージ 9

ホテルの入口のすぐ隣り。
イメージ 5

入口。
イメージ 6

狭い店内。お客さんいっぱい。私たちの後に来たお客さんがこの白と黒の椅子に座った。

イメージ 8

美式珈琲。30元。「バカの一つ覚えのようにいつも美式珈琲頼むのを止めよう」というのを止めてみる。高い手沖もあったが、これで十分美味しかった。もしかして私の要求が低いのか?珈琲わかる女でもなし。
イメージ 7

珈琲飲んでいろいろしゃべって、店を出る。友が「ここまっすぐ行ったら梅兰芳纪念馆だよ」。そうなのか。このあたりは地理を把握していなかった。じゃあこの通りは来たことあったな。東へ。

友:ここ、新川面馆。新街口のほうが美味しいよ。いつか食べに行こうよ。
イメージ 10
新川面馆といったら、窦唯(著名な歌手)がたびたび出現するとネットで見たことある。

東へ。
イメージ 11

友が「伊斯兰?」と目ざとく見つける。
イメージ 12

梅兰芳纪念馆。官网すでに閉館していた。一回行ったことある。
イメージ 13

梅兰芳纪念馆のある交差点。前が東。帰途へ。この交差点を右へ進めば、6号線の「北海北」駅まで行くことも可能だが、6号線はすごく混む。西へ戻る。
イメージ 14

コーヒーを飲んだ店の前を再び通ったのだが、そこは飲食店がいろいろ入っているビルだ。かつてお姉様に「梅兰芳纪念馆を見終わって、富华斋饽饽铺て宮廷菓子を買うのがいい」と聞いた。それを友に話すと、「だったら、护国寺小吃でいいんじゃないの?总店なんだから」。なるほど。护国寺小吃はいろんなところに支店があるが、ここが本店だもんね。でも私はどっちでも買わなかった。子ども帰ってこないし。

地下鉄「平安里」駅に戻る。その近くの「柳泉居饭庄」はレストランで、横に持ち帰り窓口があり、包子などが売っている。

あ、「聚华天」増えたな。どんどん買収?急成長中。
イメージ 15

日本で売っている大きさのにくまんとあんまんって、なかなかないよ。買ったのは、猪肉大葱包子4元,自制豆包(レシートでは农家豆包)4元,艾窝窝3元共11元。一番人気の「牛肉大葱包子」がすでに売り切れ。
イメージ 16

柳泉居は別に「柳泉居豆沙包(平安里店) 」があるほど、豆包が目玉商品。種類があって、各種豆包より「自制豆包」の方が高かった。どこが違うのか聞いたら「自制豆包是帯皮的」と。私の勝手な憶測は「帯皮」はつぶあんで、帯皮」はこしあんなんじゃないか。

友とさらば。地下鉄に乗ってまっすぐ帰らない私。夜、子どもも帰ってこないし、お腹も空いてないし、寄り道するべく(目的は写真撮ること)、ずっと行きたいところへ行った。ネタ的に弱い。もっと別のところも行って写真集めたら、シリーズで公表する。乞うご期待。

追:友より「护国寺ってあるのか調べた护国寺,金刚殿还在。おお!谢谢まぶだち。また行かないとな。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

北京の梅兰芳纪念馆には行きませんでしたが、彼は北京生まれですが祖籍のある江蘇省泰州に紀念館があるので、そちらには行きました。

梅蘭芳に会いに泰州へ
https://blogs.yahoo.co.jp/hn2043/65279465.html

2019/5/31(金) 午前 8:56 hn2043

> hn2043さん
有名人の○○故居っていうのは、一つじゃなかったりする。北京にあっても、出身地の方が大きいものが多くて、地方も行ってみたいと思います(思うだけで終わりそうな)。

2019/5/31(金) 午前 9:29 みどり


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事