ここから本文です
ブログ始めました!
今回の地震で らぽーる枚方のガラスなどが割れたため補修工事を行っていたため閉鎖されておりましたが 明日から再開だそうです やれやれ
人生いつどうなるかなんてわかりませんよね 私たちの家族の突然のまさかの自死で私たちはまさかを充分に味あわせていただけましたので 今更のおもいはありますが

先日書きましたが 自死 自殺の原因というか理由と言うのかは様々個別だと言うことを改めておもいました 自殺とか自死とか言う表現も適切ではないともおもいます
いじめや過労パワハラなどで追い詰められた死 うつ病などの心の病での死 自らの最後を選んだとおもわれる死 やけくそになり自分が死にたくて死ねなくて他者にむかう無差別殺人の死 

私たち自死遺族の会に集ってこられた方々のご家族の死は 大地の死も含めてですが 世間様に後ろ指を刺されるような死ではない 大地も私たち家族も精一杯生きようとして頑張ったけどかなわなかったのです 胸を張りましょうとは言いませんが 世間に恥じることはありませんと わたしは言いたい

今度越した団地は以前の団地より古く そのためかわかりませんが 敷地が広いのです くちなしが2日まえからいっせいに花開きくちなしの香りがただよっております
少しいただいて家にも香っております

この記事に

らぽーるひらかたが閉館しているそうです 明日確かめますが
皆様お変わりありませんか 震度6弱の直下がたはきつかったです 高槻方面がよりきつかったようです 

今日 ゆずり葉という映画をみにいきました コロッケの滝川ひろし?とか言うタレントが主演でした テーマは重いものですが かるいたっちで出演者も素人ぽくって そのせいかなんとなく深刻でなく なんとなく癒され気分でおわりました 葬儀社の見習い若者と 5歳の弟の交通事故死を目撃してしまった10歳ぐらいの姉との対話が印象に残りました 私も大地が山田池に飛び込みあがいていたと推定される頃に0時頃でした大地の帰りを居眠りしながらまっていたとき ふと母ちゃんと言う声が心に聞こえて目覚めました それが苦しみのはじまりでした
空とぶタイヤ とか 万引き家族とか 話題作が上映中です

28歳の看護士の女性をネットで知り合いでもなく殺害した主犯らしい男が自殺してみつかったとのこと 大地の自死が汚された気持ちがします とてもいやな気分です

この記事に

生きにくさを抱えていても生きることを追い詰められない追い詰めない社会になって欲しいと言うか そうしていかなければこのようなことはいつでも起こりうるとおもいます 加害者も被害者も家族も不幸です 皆が犠牲者ではありませんか このような事件は今までも時々おこっていましたよね 私は大地がしんどくなってから特に気になって佐賀のバスジャック事件とかに関する本など読んだりしました 大地が社会を恨んだりしないように願っておりました 至らぬ親のために馬鹿なことをして人生をだいなしにしないように そうだから大地のヒリヒリしていた心 加害者のひりひりしているこころが伝わってくるような気がしておちつきません 私自身も大地を失ってひりひりしておりますから。。 周りの幸せ家族に殺意をいだいたこともありました 自死遺族の方の多くが殺意まではおぼえなくても1時期は周りがみな幸せ家族に見えていたたまれないといいます 私たちの抱えきれる以上の苦しみに出会ったとき私たちは無差別に世の中をうらむ気持ちがお解かりになると思います ほとんどはブレーキをかけて行動にはでないのだとおもいます 思うのは自由ですから 思想信条は自由ですから。。。。
ホームレスのひとたちに発達障害を抱えている人が多いのではないかと言う話しも最近聞きました 統計も研究もされてはおりませんけれども 引きこもる若者たちの中にも発達障害やら心の病やらなんらかの私たちにみえにくい何らかの生きにくさをかかえているとおもいます でなければひきこなどしないとおもいますけど 情報が少なすぎます わたしも大地のことを理解できませんでした そうして死なせてしまいました もう悔やむことしかできません

この記事に

新幹線殺傷事件加害者はもしかして何らかの生きつらさを抱えて生まれたのでは 大地がそうであったかもしれないように 知能的には問題なく人よりすぐれているかもしれないけれど 知能と生きる力とは別のようにおもいます 経歴を断片的ですけど聞いた限りではそのようにおもわれました 人とのかかわりが苦手 自分の複雑な思いを言葉で表現し 相手の心を思いやることが苦手 できない でも知的には問題はない でもなんだか生きにくいとても生きにくい 家族もどう接していいかわからない 生きにくさを抱えた人とどう向き合うのかあまりにも情報が少なすぎる あなたの身近にも多いのでしょう 勇敢な男性の方の突然の死 
自暴自棄になったとき人は何をするかわからない 多くの人はどこかでブレーキを踏むのでしょうが ブレーキを踏みそこなう人もいる 踏みそこなう場合もある 
加害者を加害者の家族を弁護するつもりはありません けれども大地を失ってわたしは自暴自棄の心をあじわいました たまたまブレーキがきいてこうやって生きておりますが けれども これからもブレーキがどうなるかはわかりません 


昨日団地の掃除が終わってから 山田池公園の探鳥会に参加しました 雨予報のせいでしょうか 参加者がとても少なかったです オオヨシキリの声と姿をはじめてみました 姿はとてもじみです すずめとかわりません 鳴き声がとてもにぎやかなのでです 
小さな体で赤色のくちばしを精一杯開けてアッピール 
からすの話 先日山田池公園に夕方6時ごろでかけました その頃はちょうど人出が途切れる時刻のようでなんとなくさみしくしーんとした時間帯なのです からすのつがいのデート場面に出くわしてしまいました 人の気配のない森の草地でデートしているんです えーっ 人間並みではないかこのカップルからすの雰囲気は
昨日野鳥の会に参加しながら この話をしてみましたら もっと面白いというのか感動する情景を目撃したんだそうです カラスのカップルのおすがめすにたんぽぽの花をささげメスは受け取って食べていたんだそうです からすって憎たらしいことが多いけどとてもロマンチックな生き物なんですねー

山田池公園は大地が最後の場として選んだ場所です 山田池を見下ろすなだらかな丘に寝転びながら何をおもっていたのでしょうか 自分は生きる価値がないと 生きる意味などないとつぶやいていたのでしょう

2005年10月末  2018年6月11日 歴史はつくられていきます 死にいった人たちと共に歩みながら
 

この記事に

悲しみの意味

グリーフケアーなどでよく言われていることではありますが
南直哉さんの恐れさんあれこれ日記に書かれている 悲しみの意味 とてもよかったです

私は大地を失った悲しみ苦しみを充分に語り吐き出しました 語り吐き出せる状況にあったので 今生きていることを納得しているわけではありませんけれども 悲しみを悲しみとして充分に悲しめた私は幸運だったのかなーとおもいます

それぞれの立場で 生きようで 悲しみを悲しめるときも異なるのでしょう


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事