翼は南へ

【南の翼】管理人"Qかま"の戯言満載ブログです〜TB・コメントは受け付けておりません。。。

TOP画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
ふらっと買い物に出掛けて、買い物袋を提げて交差点を渡った時・・・
信号待ちをしているクルマに混じって、こんなのが並んで停まっていたら、思わず仰け反ってしまいますよね(笑)
ここは滋賀県の県庁所在地大津市(^^)b
鉄道好きなら誰もが知っている有名な風景♪

この京阪電鉄の京津線は、滋賀の浜大津から京都の山科を通り、途中で京都市営地下鉄に乗入れる形で京都市の中心部を東西に横断して太秦天神川に至る路線です。
京都市内は地下鉄として走り、山科からは逢坂峠を山岳鉄道のような急勾配と急カーブで越えて、大津市街地に入ると一転して路面電車のように併用軌道を走る(^^;
こんな変化に富んだ路線は、日本中でここだけと言ってもいいでしょう〜

日本の法律で、道路と鉄道が併用された線路では、全長が30mを超える鉄道車両は走られられないコトになっております。
しかし、この京津線を走る800系は4両編成で全長64mあり、完全にアウト・・・(汗)
そのため、特別な認可を受けて運行しているのでありました(^-^)
ちなみに。。。
併用軌道において、鉄道は原則として速度は40km/h以下、自動車用の信号に従う等の規制があり、一般車と一緒に走るが故に、事故を防止するための厳しい規則で縛られているのであります。
・・・とは言え、鹿児島市電なんかは平気で60km/hくらいで飛ばしてますし、その辺は色々と各地で特例が設けられているようでして(苦笑)

ただし近年は事故の危険性から、大型電車の走る京津線のような併用軌道は無くなる傾向にあります。
加えて京津線を含む京阪大津線の赤字も深刻化しており、先行きは楽観できません(-"-;
京都に行ったら、ちょっと足を延ばして、是非乗ってみて下さい♪
とても面白い体験ができますよん(^^)v

■撮影メモ
 京阪電気鉄道 800系 浜大津-上栄町  撮影日:29.6.10
【南の翼】〜South Wings
管理人:Qかま

この記事に

夕焼けを求めて・・・

イメージ 1
青空なのに、どうもガスっててスッキリしない・・・
そんな空模様の日は、夕焼けが綺麗になる可能性が高いです(笑)
この日もそんな天気でありました・・・そう、佐賀空港に到着するまでは(^^;

福岡からクルマを走らせて、わざわざ佐賀まで来たんです。
オイラは美しい夕焼け小焼けを求めて来たんです(笑)
太陽が西に傾いてきた頃、西の空から爆買い中国人の如くモクモクと雲の集団が現れ、アレよアレよと言う間に太陽を覆い隠してしまいました(T_T*

このショットは、太陽が雲に覆われてしまう直前に撮った一枚。。。
トラフィックの少ない佐賀空港にあって、この後の離陸便が日没時に重なる予定だったんですけどね(悲)
オイラの「日頃の行いが悪いだけ」と言われれば、その通りなんですけど(^^;ゞ

写真撮りの人間なら、こんな不運に遭うのはよくあるコト・・・
イヤむしろ、こんなハズレの連続だから、最高の瞬間を捕らえた時の喜びが大きいんですよねぇ(苦笑)

のどかな空港脇の水門の上に立ち、平野を駈ける少し冷たい風に目を細めながら、諦めて帰るか、それとも日没まで待ってみるか、しばらく悩んでいたこの時のオイラなのでした(-公-;
・・・結局、この後「井手ちゃんぽん」を食べて帰りましたけどね(爆)

■撮影メモ
 春秋航空日本 B737-800 佐賀空港  撮影日:H29.4.16
【南の翼】〜South Wings
管理人:Qかま

この記事に

転勤族

イメージ 1
平成29年3月4日のダイヤ改正で、JR北海道は札幌と旭川を結ぶ特急列車に789系0番台で「ライラック」を復活♪
これまで同区間を走行していた「スーパーカムイ」は、特急「カムイ」として789系1000番台で残っており、同区間で使用車両の違いにより2つの特急列車が共存するコトになりました(^^)b

789系0番台と言えば、北海道新幹線開業前まで「スーパー白鳥」として八戸〜函館でデビューし、青函トンネルを駆け抜けていたワケなんですが。。。
その後、2016年春に北海道新幹線が新函館北斗まで開業すると、持ち場を追われて、保安設備等の改造を施されて、札幌〜旭川へと流されて来たワケであります(´д`;
言わば、彼も"転勤族"でして、職場での利用価値が無くなったら「はい、次っ!」と、辞令を突き付けられて大移動する、サラリーマンの悲哀を感じるのであります。。。

かく言うオイラも、平成28年度は2回の転勤と1回の担当替えを喰らい、仕事を満足にやり遂げる間もなく、紙切れ一枚で移動させられる憂き目に遭っており、とても他人事に思えないのであります(泣)
慣れない場所で仕事をする苦労はオイラもよく知っており、文句一つ言わずに黙々と仕事をこなす彼には、そこはかとないシンパシーを感じるのであります(^^;ゞ

話を戻します(笑)
個人的には、特急「ライラック」は好きなネーミングなので、復活は嬉しいです〜
それもJR北海道のコーポレートカラーを身に纏った由緒ある789系電車での運行♪

お互い「良い転勤」であったと思いたいですね(^^)v

■撮影メモ
 北海道旅客鉄道 789系 白石  撮影日:29.3.11
【南の翼】〜South Wings
管理人:Qかま

この記事に

青緑赤黄

イメージ 1
用事があって、福岡市内からクルマで二丈浜玉道路(今は"かもめロード"と呼ぶらしい(笑))を西進していると、福吉の辺りの高架の下に鮮やかな菜の花畑を見つけました(^^)
休日のこの日はとても天気が良くて、カメラを積んで「あわよくば撮影!」と意気込んでいたオイラは、早速帰り道に菜の花畑に寄り道するコトにしたのです♪

現場に着いてビックリ(笑)
ここは「福ふくの里」という物産館で、なんとご丁寧に菜の花畑にせり出すように、工事足場で組み上げられた簡易の展望台まで設置してあり、いかにも『筑肥線と一緒に撮ってください』と言わんばかりのお膳立て(^^;
それならば、お言葉に甘えて〜

それにしても、空は快晴で気温も暖かくて、実に気持ちいい〜
ここは海も近いので、松林の向こうから爽やかな海風がやってきて、菜の花を揺らすのであります。
カメラを広角レンズに交換して、菜の花の香りを含んだ風を存分に深呼吸しながら、列車の通過を待つ幸せ♪
鉄道撮影の醍醐味って、本当はここにあるようにすら思えます(*^-^*)

目を閉じて春の柔らかい風に吹かれていたら、不意に踏切が鳴動・・・
我に返ったオイラは、一瞬で撮影モードへ!
「3両の103系かな?」なんて思っていたオイラの予想は見事にハズレ(笑)
やって来たのは堂々6両編成の303系でありました(^^)b

空の青、松林の緑、列車の赤、菜の花の黄・・・
春らしい一枚が撮れました(^^)v

■撮影メモ
 九州旅客鉄道 303系 福吉-大入  撮影日:29.3.4
【南の翼】〜South Wings
管理人:Qかま

この記事に

新時代到来

イメージ 1
この年始、ハワイでのんびりと過ごしたあと、帰国便の搭乗前にホノルル空港のラウンジでコーヒーブレイクを楽しんでいたオイラσ(^^;
暖かく穏やかなハワイの気候にすっかり身体が慣れてダラけきったオイラは、これから極寒の日本に戻らなければならないジレンマと戦っていたのでありました(笑)

そんな、微睡むオイラの視線の先に・・・
見慣れたカラーリングの1機の飛行機が降りてきました。
オイラの住む福岡でもお馴染み、韓国のLCCの草分け的存在である「ジンエアー」であります(・ω・*
しかし、誘導路をこっちに向かってくるコヤツは、明らかに福岡で見かける図体よりも大きいぞ(汗)
・・・というワケで。
韓国LCCで初めて投入されたワイドボディ機、ジンエアーのB777-200ERなのでありました(^^)
日本には、たしか新千歳、関西、那覇空港くらいしか飛来実績が無かったハズなので、オイラにとってはなかなかのレア機材というワケでして♪

それにしても、ついにLCCにもワイドボディー機が当たり前の時代がやって来ました(汗)
旧来のイメージでは、B737やA320クラスのナローボディー機を思い出す人が多いと思います。
それは、機材を統一してコストを抑えるコトと、キャパを絞って搭乗率を上げるための、主に2つの理由が挙げられますが、最近は必ずしもそれが正解では無いようで(^^;
多少コストが嵩んでも、高需要路線で集客力を高めれば、大型機材を運用できるというコト。
それだけLCCが認知されてきた証拠ですかねぇ・・・

まぁ〜写真を撮る方としては、バラエティに富んだデザインの飛行機が増えるコトは、単純に歓迎ですけどね(笑)

■撮影メモ
 Jin Air B777-200ER アメリカ ハワイ・ホノルル空港  撮影日:H29.1.11
【南の翼】〜South Wings
管理人:Qかま

この記事に

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事