全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

長丁場になりますので ご支援おねがいいたします。

「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展 入場者に対して チベットを悟ってもらう運動

日本人として 中国共産党がチベットで行ってきた 非人道的な数々の悪行を非難すると共に、 チベット文明、文化を根絶やしにするべく、チベット社会や 仏教寺院から盗んだものを 「至宝」として我々に見せる恥知らずな行動を糾弾しなければなりません。 

我々 「パルデンの会」 は名前の由来である、パルデン・ギャツオ師が33年間、獄に繋がれて受けた数々の拷問を思い出し、今回日本に持ち込まれた 仏像 とそれを守って、死んで行った 僧や尼僧そしてチベット市民の精霊に対して、弔いを行う予定であります。 

期間中 上野の森美術館入り口にある 上野・天台宗寛永寺の開祖である天海僧正の毛髪塔前をお借りして、仏像とチベットの精霊にたいして 弔いのチベット経の「般若心経」を供え、「至宝展」入場者・関係者に展示物が抱えている大きなチベットの叫びを伝えたいと思います。 


抗議運動開催日: 2009年9月18日(金)(開園レセプション)から 20010年1月11日(月)までの 
         開催期間中 毎週 土曜、祝日、日曜、 の終日(9:00-18:00) 
         (平日対応できる方がおられたらご支援おねがいしたい) 
         
                特に 9/18 ,9/19 は大勢の報道各社が来るので、大勢の皆さんの参集を希望します。 

抗議  場所: 上野の森美術館 正門 天海僧正毛髪塔前 

抗議  方法: 至宝展に来館された方、関係者に すばらしい展示物 
         の展示の裏には、それを守ろうとして沢山のチベットの僧、尼僧、 
         一般人が犠牲になって来た事を悟ってもらうとともに それらの 
         宝とともにチベットから訪れた精霊を弔うために、チベット経の般若心経を 
         毎日108回お供えいたします。 

抗議への参加: チベット経の般若心経は繰り返し108回C Dプレーヤーで流されます。 
           ご賛同の方は自分の気持ちの済む限り、お好きな場所で 
           お祈りください。お祈りの気持ちが 関係者、来館者に届くことを 
           念じてみてください。 「祈る」 という行為は宗派を問わず 
           人間がほかの生物と違うところだと思っております。 

留意点    :  チベット経の般若心経はFPMT(大乗仏教保存財団―米国)の物を使用して 
            おりますが、この運動はいかなる宗教団体、政治団体に属して 
            はおりません。あらゆる国籍、あらゆる宗教の方が集い思いを 
            念じていただくだけです。 抗議の叫び等はありません。 
            地べたに シートを張っているだけなので 座布団、簡易椅子など 
            各自お持ちください。抗議のプラカードは現場に置きますが、 

主催者:     チベット支援「パルデンの会」 
       
        http://blogs.yahoo.co.jp/yoshi2_99/20703639.html 
        HP:http://www14.ocn.ne.jp/~palden1/  
        を参照してください。 
         palden_org@yahoo.co.jp 
          090-3807-7288 (オサダ) 

チラシ、パンフレット など置くことができます。 
皆さんの ご参加お待ちしています。 

それと お手伝いできる方募集します。 こちらまでご連絡ください。 
          palden_org@yahoo.co.jp 
          090-3807-7288 
          「パルデンの会」長田(おさだ)まで

閉じる コメント(11)

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。

2009/8/26(水) 午前 7:13 [ nanking_atrocities ]

顔アイコン

みなさん、念じると言う事は心から祈る、願う、と言う行為で誰でも出来ます。上野の空の下、カイラスの波動を集めてみましょう!、共に祈り、共に行動しましょう、私達の五感に備わった能力で御仏と交歓しましょう、チベットの美しい波動、話し、を語りましょう!何故、この展示の会に反対をするのかは解りますね、中国共産党の仏教がいずれ日本に乗り込んで来るからです、九州での展示に支持をした事の間違いは海外からも指摘されています。私がいろいろと批判をしました日本式仏教の問題、僧侶の逆祈祷の問題でしたが、これからは、反省に立って行動する時です。

2009/8/27(木) 午後 4:40 [ よしみ ]

顔アイコン

旧日本軍による行為について考えているのなら、同じような行為が行われていることに対して、どうして何も言えないなどと言えるのか。nanking_atrocities さんは歴史から何を学んでいるんだ!!。

2009/8/28(金) 午後 10:32 [ 甲斐駒 ]

顔アイコン

天海僧正の毛髪塔には、毎朝、お掃除をして下さるお爺さんがいらっしゃいます。
そのお爺さんにもご挨拶はなさった方が宜しいかと思います。

2009/8/30(日) 午前 6:21 [ デグ ]

顔アイコン

>デグさんへ
お心使いありがとうございます。 ハイお会いしてきました、
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshi2_99/21171122.html をよんでください。 毎朝5:00前に上野の公園に来られております。雨の日以外毎日 毛髪塔のお世話をされています。我々の戦いにも賛同していただいて、いろいろアドバイスいただきました。昨日行こうと思いましたが起きれたのは朝8:30 【すでに遅し】
この運動の中で 6:00−7:30の 毛髪塔のお世話も入れますか?????? でも 上野着5:00前は手段がないんです。
しかし、9月にハイって お会いしてみたいと思っております。
お名前も伺っております。 非常にありがたいことを何十年やられておられます。

2009/8/30(日) 午前 9:07 [ オンマニペメホン ]

顔アイコン

それは失礼致しました。
あのお爺さんのお話、凄いですよね。
自身の戦争の話。宗教の話。天海僧正の話。

活動頑張ってください。

2009/8/30(日) 午後 0:17 [ デグ ]

顔アイコン

>デグさん
上野の森の行動は、9/18金から来年1/11までの 土曜、日曜、
祝日に動く予定です。 最初の9/18からが約1週間続きます。
お時間あれば ご参集ください。

2009/8/30(日) 午後 0:52 [ FREE TIBET PALDEN ]

顔アイコン

天海僧正のお世話係りは大変素晴しいと思います。私達は京都の天台宗の上の先生、傳教大師の筋にごも挨拶を入れました、笑う?楽しく、無事にリンカが出来ます様にお願いしましたが念、には念、の祈りです、上野から正しいチベットの姿を広めましょうね、

2009/8/30(日) 午後 3:37 [ よしみ ]

顔アイコン

昨年の北京五輪聖火リレーが善光寺出発とされていた頃に、善光寺が聖火リレーを辞退されるようにと、毎朝晩と出来る限り毛髪塔へお祈りをしておりました。
私如きのお祈りが通じたかは分りませんが、天海大僧正は力を貸してくださると思います。

機会がありましたら参加させて頂きます。

2009/8/30(日) 午後 7:35 [ デグ ]

顔アイコン

デグ様
東京には不思議な聖跡があります、私の家では 子供の受験で 湯島にある 春日野局のお寺麒祥院の穴の開いた墓石に 高校、大学をお世話してもらいました、ここは「東洋大学の発祥の地」最後はそこにお世話になってしまいました。麒祥院には関東大震災の台湾の人たちの碑もあります。
ここ天海僧正様の毛髪塔も 嫁がその娘を連れて来た事もあり、小生が見えない糸に引かれた感じがします。 チベットの見えない糸もあり、我々はその見えない糸を感じたら すぐに 行動しようと思っています。 天海様にお力添えをお願いいたします。

2009/8/31(月) 午後 3:08 [ オンマニペメホン ]

顔アイコン

比叡山坂本の明智光秀にまつわる史跡ハナシなど、比叡山の焼き討ち51回の天台宗の抗争のピリオド、が、ここ、江戸繁栄300年の礎の天海僧正毛髪堂の前に引き寄せられたサポ−タ−によって、再生の時代となりますね。私達には目に見えない糸、赤、なら最高のチベットカラ−ですね。輪廻転生の絡みの中で、自分の今世のボディの為に求め合い、引き合う出会いも用意されています、この教えが解ると天海僧正が明智光秀にヘンゲされて次のミッションに向かわれた説も理解できます。人間光秀として生きた話し、怪僧として『山王一実神』の信仰を貫いた点でも新しい明治期の見直し論にも導いて下さった方です、お力添えをお願い出来る方です、感謝の出会いです、、、

2009/8/31(月) 午後 5:31 [ よしみ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事