全体表示

[ リスト ]


中国で相次ぐUFO事件 何かの兆し??


中国国内で最近UFOが 過度に出現して問題となっている。
しかしながら 日本では一切報道されない。
一説によると 宇宙の存在は 一神教ではなく 多神教である 仏教の国では存在が理解され
その過程で UFOがやってくるとの説もある。

特に今年は仏教の地域での災害が多く それを監視するがごとくUFO が見られている。

また一説では 善なる宇宙の使者とアメリカが同盟し、 邪なる宇宙の徒と中国が契りを結んだという説もある。
邪なるものとの契りが、大自然をいのままに大災害に変化させる力であり、邪なるものを留めるがために
チベット仏教を根絶やしにするという唯物論者の考えがあるようである。

とにかく 何か起こっているようである。

チベットの秘められた力、邪なるものをなくする善なる力、 唯物論者の中国共産党には不必要なもの
であり、邪なる力にも必要がない。

スピリチュアルな説明が

綾小路有則先生の HPで見つけてほしい。
http://www.h2.dion.ne.jp/~ayan/
ー同ー宇宙人について
http://www.h2.dion.ne.jp/~ayan/Ucyuzin.html

なお 綾小路有則氏の HPの表紙の「成功と調和の光」 をごらんになって何か感じた方は、もうすこし 先生のHPを ネットサーフィンされると面白いですよ。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

2007年の11月、仏教遺跡、東南アジアにも存在する土着信仰、タントラ系のカンボジアの遺跡で私は不思議な存在に遭遇いたしました、三人の宇宙人か過去の神々かのお姿をデジカメで撮りました。この出現から、私のオーブ写真が撮れ始めたのです、今ではビデオモードでも撮れます。チベットの曼荼羅の世界、密教行者には知られている世界がオーブの出現と見ます。仏教、密教の神仏の世界から地球、仏陀意識の国々へ出現するのです、イスラム寺院やヒンズ−寺院、キリスト教会のオーブも撮りましたが、今の、中国共産党国の上空に姿を肉眼で捕らえられるものや、写真としてオーブの形で映るものは、曼荼羅界からの啓示、菩薩、如来がチベットのシャンバラに加勢して下さると信じます。学研の雑誌には何回かに渡り、チベットのシャンバラ、邪教との世界最終戦の事が取上げられ、中国共産党の毛沢東のチベットの力に対する執着も書かれていました。 削除

2010/9/6(月) 午後 0:24 [ よしみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事